釣行の写真

【ブラックバス】ランカーを量産しまくった伝説のスイムジグが今ここに甦る

FISHING JAPAN 編集部

通常、ラバージグといえばアシ際やゴミだまりに落として、縦に小突くような使い方をイメージするルアー。

だが、ただ巻きに特化し、中層を水平にリトリーブするラバージグもある。

そういったラバージグをスイミングジグという。

そんなスイミングジグの中で、一目置かれる存在だったのが、スイミングショット(Gamakatsu)。

惜しまれつつも市場から姿を消していたが、今ここにブラッシュアップされた『スイミングショットNEO』が甦った。

あの名作をさらに使いやすくブラッシュアップ

釣行の写真

琵琶湖でガイド業を営むいそっちことラグゼプロスタッフの礒村雅俊が監修

琵琶湖の「スイムジグ」と言えば「スイミングショット」、そう言われた時代があった。

ウィード攻略に特化し、レンジキープ力を高めたスイミングショットは、琵琶湖の特に南湖エリアのウィードフラットの攻略には欠かせないアイテムだった。

「昔はカナダモがびっしりと生えていて、その中を引けるスイムジグはスイミングショットしかなかった。でも今の琵琶湖はウィードが減り、さらにはメインベイトまで変わってしまったので、スイミングショットを進化させる必要がありました」

今、琵琶湖で必要なのはコアユ、ハスなど水平移動するベイトを意識したバスに備えるルアーだ。

その水平アクションを得意とする名作「スイミングショット」を進化させたのが「スイミングショットNEO」である。

今回のスイミングショットNEOに対して特にこだわったのが「引き抵抗」である。

そのこだわりが見られるのがヘッドの形状で、前作に比べ、水を掴むためのくぼみが深くなっている。

これによって水を切り裂くのではなく、しっかりと掴みながら水平に引いてくることができるのだ。

狙うスポットやレンジが3.5m以内で、水色がクリアならスイミングジグは必携。

安定したスイミングと適度な引き抵抗で、レンジキープ力とカバーへのタッチ感をアップ。

ブラシガードを増量し、回避能力をアップすることで、さらに幅広く使えるジグに進化した。

ウィードエリアを攻める横と縦の戦略

ウィードエリアで、バスがコアユやハスを意識している場合、スナッグレス&ナチュラルに誘えるスイミングショットNEOで横に広く探る。

前作から大きく変わった点はブラシガードの本数である。

線径0.8㎜の極太ブラシガードを3本としていた前作から、8本に増量した。

これはカナダモだけでなく、エビ藻などの硬いウィードの中を引いてくることが増えたからである。

また、ため池やリザーバーなどでもスイムジグの出番が増えたことから、さまざまなカバーへの対応力を向上させた。

もちろん、状況に合わせてブラシガードをカットし、本数を調整して使用することもできる。

狙うウィードが変化した背景には、メインベイトの移り変わりがある。

これまでメインベイトだったブルーギルが減少し、ワカサギやアユなどのベイトが多くなった。

これらのベイトは中層付近に浮くことが多く、それを狙うバスたちが背の高いエビ藻などにサスペンドすることが多いためである。

また、中層のベイトを意識するバスを狙うために、何もない中層エリアをレンジキープしながら引いてくるためにも、引き抵抗の向上は必要だった。

エビやブルーギルなど、縦の動きを意識している場合はキングコブラの出番だ。

ともにスナッグレス&ナチュラルな特性で横と縦の戦略の柱となる。

ロッドは中層がイフリートB70MH、ハングオンは同B70Hがベストだ。

がまかつ ラグゼ イフリート B70MH-F

がまかつ ラグゼ イフリート B70MH-F

最安値価格
¥49,550(Yahoo!)

Amazonへ ¥52,470

楽天市場へ ¥50,843

Yahoo!へ ¥49,550

がまかつ ラグゼ イフリート B70H-RF

がまかつ ラグゼ イフリート B70H-RF

最安値価格
¥51,322(楽天市場)

Amazonへ ¥52,965

楽天市場へ ¥51,322

スイムジグに適したリールのギア比

スイミングショットNEOの中層巻きでは、巻き速ムラを抑えるローギアがオススメ。

また、ハングオフで使う場合にはノーマルギアがいい。

ウィードタッチしたら3~4回の速巻きを入れて、ウィードを切りバイトを誘発する。

ハスのような泳ぎの早いベイトの場合は、あえて重いウエイトを使い速く巻くといい反応が出る。

ハスと比べると、アユやワカサギは比較的ゆっくりとした泳ぎなので、軽いウエイトで深いレンジをスローに巻く必要もある。

スイムジグの基本的な使い方は比較的にゆっくりと巻くことが多い。

そのため、他のルアーと比べてバスにルアーを長く見せることになり、見切られることもしばしばあるのだが、礒村はカラーを調節しその弱点を補っている。

ラバーの有無とウェイトの使い分けは

使用ワームによっても変わるが、スイミングショットNEOを1秒1回転ぐらいの標準的なリトリーブで引くと、7gが1m、10.5gでは2.5m、14gなら3.5mというのがレンジの目安だ。

もちろん10gの速巻きで1mを引く、7gを低速で3mを通すということもできる。

なお、ベイトがスリムな時は、ラバーレスでボリュームダウンするのも効果的。

ラバーがなくなると、同じ重さでも速く引けるようになることは覚えておきたい。

「スカートのカラーは水色に馴染むことを意識しています。スカートは見た目で存在感を出すよりも、水押しや、複雑な水流を生む役割としてあってほしいので、目立たす必要はあまりない。ただ、見えないのがよいわけではなくて、バスが見難いと感じることが大切です」

礒村がこだわったカラーラインナップはこの6色だ。

#1ウォーターメロン
ウォーターメロンとプロブルーの組み合わせは、南湖のようなウィードエリアでクリアアップした時に。
一番水に溶け込み存在感が消え、ナチュラルなアプローチに適している。

#2シルバーシャッド
ため池などに多い半透明な水質に溶け込むカラー。
一方で、雨などによる急な濁りで水中に濁りの層ができた時などに、シルバーラメのギラつきでアピールできる。

#3セクシーシャッド
白濁りが入った時に溶け込みやすい。
ただ、ヘッドのレッドカラーが濁りの中でも目立つことで、唯一無二の存在感となり、爆発的に効くことが多い礒村的シークレットカラー。

#4アユ
リザーバーなどで濁りが入った際、ゴールド色が強いアユカラーは溶け込みながらも適度なギラつきを放つ。
バスが下から見た時も、白く見える腹側のスカートで、光の中に溶け込む。

#5グリパンブルー
ボトムに合わせたカラーで、甲殻類や、ゴリなどのベイトを捕食するバスに対して効果を発揮する。
今回のカラーラインナップで唯一の濃いカラーで、強い濁りが入った時などでも使用ができる。

#6エレクトリックシャッド
唯一、水質よりもベイトに寄せたカラー。
このカラーだけはワカサギやハスなど、あらゆるベイトフィッシュにマッチする。
水質への適応力も高く、クリアアップした状況から、多少の濁りまでなじむことができる。
礒村が信頼する万能カラーだ。

がまかつ(Gamakatsu) スイミングショットNEO 10.5g #01 ウォーターメロン

がまかつ(Gamakatsu) スイミングショットNEO 10.5g #01 ウォーターメロン

最安値価格
¥874(amazon)

Amazonへ ¥874

Yahoo!へ 取扱なし

各ウェイトの得意なレンジを基本として使い分けつつ、ベイトの種類でラバーレスの投入もありだ

スイムジグがよいとされる低水温期になると、近年の琵琶湖はウィードが減り、パッチ状に残る程度になった。

その狭いスポットの中を、より丁寧にレンジをキープしながら巻いてくるには、ある程度の引き抵抗が必要だった。

「早春のバスはスポーニングを意識することから、威嚇的なクランクベイトなどのアクションを嫌い、よりベイトに近いスイムジグを好む傾向があります。なので、ウィードを強く押し退けるようなアクションではなく、優しくほぐすことができるスイミングショットNEOは欠かせません」と礒村は語る。

多彩さを究めたカバージグ、キングコブラという存在

ラグゼのラバージグは、スイミングショットNEOだけはない。

縦の動きに対応するキングコブラはカバー撃ちや、ボトムの変化を攻略するために礒村が求めたラバージグである。

カバー撃ちといえば、ため池やリザーバーを連想するが、琵琶湖でも出番は多い。

特にポストポーン~アーリーサマーパターン期など、バスが縦に動くアクションへ強い反応を示す際は、ラバージグのフォールアクションが有効になる。

しかし、フォールアクションとカバー撃ちの両方をこなせるラバージグは意外と少ない。

カバー撃ちを意識したジグは前方にウエイトの重心があることが多く、これでは早いフォールアクションはできるが、ゆっくりとスパイラルフォールさせることは難しい。

一方で、スパイラルフォールを意識すればカバーへの侵入力は落ちる。

これらは一見すれば相反する2つの性能だが、キングコブラはラバージグの基本となる重心位置を突き詰めることで、カバーのすり抜け性能と適度なフォールスピードを盛り込んでいる。

結果、シンプルながらも代えの利かないジグに仕上がっている。

縦で探るためのラバージグ、キングコブラの持ち味

スナッグレス性能とフッキング性能をハイバランスで融合したキングコブラは、使うワームによってフォールアクションを変化させることができる。

ガードはカバーの種類によって間引いてもいい。

「ラバージグで一番大切なのは、カバーに入っていく侵入力と、フォールアクション。特にフォールアクションはベイトに合わせる必要もあるし、バスに存在を気づかせる大切なギミックです」

フォールアクションを1つのジグで多彩に表現したいと礒村がこだわった重心位置は、ヘッドの中心よりも少し後ろにある。

この位置に設計することで、トレーラーワームの種類の違いで水の受け方を変化させることができる。

それによって多彩なフォールアクションを表現できるようになった。

ブルーギルのような扁平なワームではスパイラルフォールアクション。

クロー系のワームでは垂直なフォールアクション。

また、ラインテンション次第ではゆったりとしたカーブフォールも可能となっている。

ヘッド形状もカバーの中や、ロックエリアで横倒れを防ぐため、フラット面を大きくした。

これによって、ウィードを押し退けて隙間に入っていく潜入力と、岩の隙間に挟まりにくい回避能力につながっている。

ブラシガードは0.4mmの細いブラシを60本束ねることで、幅広い調節が可能。

これにより琵琶湖のようなウィードレイクだけでなく、ブッシュカバーが多くあるため池など、あらゆるフィールドと状況で使用が可能なジグになっている。

バスが、ボトムのエビを意識していれば「ストン!」と落とし、ベイトが絡めばスライドやスパイラルフォールの軌道を見せてやる。

もちろん、ラバージグの命とも言えるフックは当然がまかつ製。

カバーの中でもデカバスとファイトできるヘビーワイヤーフックが採用されている。

ヘビーワイヤーでも貫通力を高めるため、ナノアルファコーティングが施されており、驚きの貫通力を誇る。

#1ブラックブルー
ラバージグの絶対定番ブラックカラー。
マディウォーターやローライトコンディションで高い適性を示す。

#2スカッパノン
礒村的には一番ボトムの色となじむカラー。
ジグの存在を薄めたい時などによく使うカラー。
ザリガニなどの甲殻類を捕食している時にも有効。

#3モエビ
琵琶湖では早春に雪代特有の白濁りが入る。
この時にボトムを意識するバスに効くのが薄ピンク色だと礒村は言う。
また、ため池などで濁りがきつくない時でも、ナチュラルにアピールできるのがこのカラーの特徴。

#4ジュンバグ
礒村的なラバージグの定番色・ジュンバグ。
高水温期に起こる特有の濁りで真価を発揮するカラーだという。
真夏の強い陽射しもあり、濁ったボトムでも発色するパープルがこのカラーの決め手になる。

#5琵琶湖スペシャル
礒村が琵琶湖で多くの実績を残すカラー。
南湖の東岸エリアに多く点在するエビ藻パッチ。
そのエビ藻の色とマッチさせたナチュラルカラー。

#6グリパンスケール
礒村的にこのカラーは低水温期の枯れウィードがあるエリアで使用する。
枯れて茶色がかったウィードに馴染み、低水温のバスに警戒心を与えない。

がまかつ(Gamakatsu) キングコブラ 14g #01 ブラックブルー

がまかつ(Gamakatsu) キングコブラ 14g #01 ブラックブルー

最安値価格
¥515(楽天市場)

Amazonへ ¥874

楽天市場へ ¥515

Yahoo!へ ¥515

ルアー」カテゴリの人気記事

がまかつ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング