ロッドのアップ写真

22エクスプライドは2022年シマノからリリースされるコスパ優秀なバス釣り専用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

バス釣り専用に作られているロッドシリーズは、どのメーカーも豊富にラインナップしています。

その中で価格をしっかり抑えながら、基本性能を充実させているのが、シマノのエクスプライドシリーズ。

2022年にはフルモデルチェンジがおこなわれ、22エクスプライドとして生まれ変わります。

その特徴や注目の機種、マッチしそうなおすすめのリールを取り上げてみましょう。

22エクスプライドとは

22エクスプライドとは、2022年にシマノから新発売となる、バス釣り専用ロッドのことです。

全部でなんと、33種類も用意されています。

グリップジョイント方式で2ピースになっているベイトロッドが、11本。

同じくグリップジョイント方式で2ピースのスピニングロッドが、11本。

センターカットに近い位置で2ピースになっているベイトロッドが、6本。

同じくセンターカットの2ピース仕様スピニングロッドが、5本です。

これだけ多ければ、あなたの釣りスタイルにぴったり合うものを、見つけ出すことができるでしょう。

22エクスプライドのグリップエンドに注目してください。

シマノの上位機種に装着されているカーボンモノコックグリップが、搭載されるようになっています。

リアグリップ部分をカーボン一体成型にして、中空構造にすることで、高い情報伝達能力を持たせることが可能に。

中空+カーボンの恩恵は、ウエイトの軽さにも好影響を与えていて、全てが高感度を実現することに直結しています。

バス釣りではルアーやリグを操ってバスを誘いますから、操作性の優れたロッドが不可欠。

でもその操作性を高めるには、ラインの先で踊るルアーやリグの状態を、手元で感知できなければ何も始まりません。

ブランクスに高感度を求めるのは当然として、手のひらに直接触れるグリップも高感度化できれば、より一層バスをフッキングに持ち込めるでしょう。

22エクスプライドにカーボンモノコックグリップが加わることは、多くのアングラーが望んだ結論なのかもしれません。

ブランクスにはハイパワーXで補強が施されていて、ネジレに対する復元力がしっかり備わっています。

22エクスプライドのロッドティップに注目!

22エクスプライドには、ハイパワーXソリッドやエキサイトトップ・タフテックインフィニティが採用されています。

ロッドティップに張りを持たせたり、高い感度を持たせたりするもので、独特の曲がり・追従性・復元力などが期待できます。

シマノ既存モデルのソリッドティップロッドを使ったことがありますが、食い付いた魚の動きに瞬時に追従するしなやかさは、群を抜いたレスポンスでした。

手元感度も良好になっていて、フッキング後の粘りもあり、単にへし曲がってしまうような展開にはなりません。

魚をランディングするまで、必要なパワーを保持しつつ、バラシを軽減してくれる要素もきっちり持っている印象です。

22エクスプライドには、1610-M-SにハイパワーXソリッド、261SUL+・265UL+・267L+にエキサイトトップ、263L-S・263L-S/2・2610M-Sにタフテックインフィニティが装備されています。

22エクスプライド・264M+を深掘りチェック!

22エクスプライドシリーズの中から、注目の1本を取り上げてみましょう。

その機種名は、22エクスプライド・264M+。

ショートレングスのスピニングロッドで、M+パワーという硬めなブランクスに仕上げられています。

全長は1.93mでレギュラーテーパー、グリップジョイント方式なので仕舞寸法は164.3cm。

ウエイトは軽めの87gで、先径は1.7mmです。

適合するルアー・リグウエイトは5gから21gですから、やや重めのノーシンカーリグやジグスプーンなどを操るのに向いています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら5lbから10lbまで。

PEラインなら最大1.5号まで使えるようになっています。

グリップの長さは210mmと短めで、ブランクスのカーボン素材含有率は、99.5%です。

とにかく硬いので、ロッドワークがそのままラインを動かし、ルアーやリグに伝わります。

小刻みなシェイクよりも、大胆なロッドの振りで、ルアーやリグを大きく動かしてバスを誘えるでしょう。

例えば、高比重ワームのノーシンカーリグによるフリーフォールからのフッキング。

もしくは低水温期のジグスプーンによるリフト&フォールを、メリハリのあるアクションで展開できるはずです。

カバー周りで使うパワーフィネスアプローチにも、じゅうぶん対応できるのが嬉しいです。

22エクスプライドに装着して使ってみたいおすすめリールを選んでみた!

22エクスプライドに装着してキャストしてみたくなる、おすすめのリールを取り上げてみましょう。

まずは、ベイトリールから。

ビッグベイトを操るなら、22エクスプライドの166XH-SBや166XH-SB/2がマッチします。

それらに乗せるとなると、太いラインを豊富に巻けるベイトリールが求められるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 カルカッタコンクエスト 400 右 ビッグベイト シーバス

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 カルカッタコンクエスト 400 右 ビッグベイト シーバス

最安値価格
¥52,499(楽天市場)

Amazonへ ¥52,500

楽天市場へ ¥52,499

カルカッタコンクエストシリーズの中から、400番モデルを選んでみました。

ラインキャパが大き目なので、太いラインを大量に巻くことが可能です。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1巻きで84cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は7.0kgで、自重は340gとやや重め。

スプール寸法は、直径が43mmで幅が30.5mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら25lbを200m巻けます。

ハンドルの長さは48mmで、ボールベアリングの数は12個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても大きな丸型タイプのベイトリールで、ガッチリとした剛性感が伝わってくる印象です。

太いラインを大量に巻けますから、ロッドの振り方に慣れてくれば、飛距離を伸ばせるようになるでしょう。

元々ビッグベイトをロングキャストするにはコツが必要で、一朝一夕にマスターできるものではありません。

じっくりと腰を落ち着かせて、キャストフォームから煮詰めていくほうが、飛距離を伸ばせるでしょう。

カルカッタコンクエストならフッキングも決まりやすく、長く手元に置いて使い続ける楽しみが生まれてくるはず。

お気に入りのリールとなれば、より一層使い込んで、ロングキャストもフッキングも自在にこなせるようになりたいものです。

実売価格は4万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ヴァンキッシュ C2500SHG ライトソルト全般 渓流トラウト

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ヴァンキッシュ C2500SHG ライトソルト全般 渓流トラウト

最安値価格
¥50,600(amazon)

Amazonへ ¥50,600

楽天市場へ ¥53,680

ライトラインを主体にしてバス釣りを楽しむなら、ヴァンキッシュシリーズのC2500番が扱いやすいでしょう。

大きな負荷が掛かる展開になりそうなら、通常の2500番のほうが扱いやすいです。

ウエイトは155gと、とても軽く作られています。

実用ドラグ力は2.0kgで、最大ドラグ力は3.0kg。

スプール寸法は、直径が43mmでストロークが13.5mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら5lbを110m巻けます。

PEラインなら、0.8号を150m巻けます。

ギア比は6.0対1なので、ハンドル1巻きにつき81cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

ハンドルの長さは50mmで、ボールベアリングは11個搭載しています。

ULパワー程度のブランクスを持ったスピニングロッドに、ベストマッチなコンパクト感を備えています。

実売価格は4万円台と、ハイスペックに見合った価格帯になっています。

22エクスプライドの気になる発売日はいつ?

22エクスプライドの気になる発売日は、2022年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、26,500円から30,500円です。

比較的価格が低く抑えられているので、これからバス釣りを始めたい人も購入しやすくなっているのが、大きな強みでしょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

エクスプライド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング