ロッドのアップ写真

ルアーニスト モバイルでショアからのキャスティングゲームを楽しみたい!2022年新ロッド

FISHING JAPAN 編集部

ルアーのキャスティングゲームは、淡水・ソルトどちらも盛んにおこなわれています。

そのエントリーロッドとして人気の高いダイワのルアーニストシリーズに、2022年4ピース仕様のモバイルタイプが新しく追加されることになりました。

その名は、ルアーニスト モバイル。

いったいどんなスペックになっているのか、詳しくご紹介しましょう。

ルアーニスト モバイルとは

ルアーニスト モバイルとは、2022年にダイワからリリースされる、ルアーキャスティングゲーム用のロッドのことです。

設定機種は、全部で7種類用意されています。

全て4ピースに分かれて仕舞えるので、持ち運びがとてもカンタン。

最長でも78cmまでに収まるコンパクトな仕舞寸法ですから、さまざまな釣り場へ持ち込めるでしょう。

それでは、ルアーニスト モバイルの詳細スペックについて、ピックアップしてみます。

まずは、グリップ周りから。

ホールド性能の良いオリジナルのリールシートを採用しています。

最も短い56UL-4から68L-4までは、細かなロッドワークによるアクションを加えるのに向いた、ライトゲームタイプのリールシートに。

76ML-4から96MH-4までは、しっかりと手のひらで握り込みやすい、パワータイプのリールシートになっています。

ロッドの使い方を想定してリールシートの形状を変えているのは、とても扱いやすくありがたいです。

次に注目したいのは、ガイド部分。

富士工業製のステンレスフレームに、Oリングが組み込まれています。

トップガイドには、糸絡みしにくいようにLタイプのガイドを装着。

これなら細いPEラインにショックリーダーラインを結んだ状態で、連続キャストを繰り出しやすいでしょう。

軽めのリグをキャストする場合でも、ラインの抜けが良好ならトラブルは未然に防げます。

細部に渡って工夫が盛り込まれているルアーニスト モバイル、初心者アングラーにもおすすめしたいロッドといえそうです。

ルアーニスト モバイルの豊富なラインナップからおすすめの機種をピックアップ!

ルアーニスト モバイルのラインナップから、おすすめの機種を取り上げてみましょう。

●ルアーニスト モバイル・56UL-4

シリーズの中で最も短いレングスのスピニングロッドです。

適合するルアーウエイトが、0.8gから7gまでなので、エリアトラウトゲームや漁港内でのアジングゲームなどに活用できるでしょう。

ウエイトが95gしかありませんから、長い時間振り続けても、さほど手首の負担にはならないはずですから、女性や子供にもおすすめです。

●ルアーニスト モバイル・68L-S-4

しっかりと飛距離を伸ばして、広範囲からアジやメバルを釣り上げたいときには、このロッドが役立つでしょう。

流行りのフロートリグによるロングキャストを駆使して、未だ見ぬ大物サイズを狙ってみてください。

エギングやライトショアジギングも実践可能!

●ルアーニスト モバイル・86ML-4

シーバスゲームやエギングゲームを積極的に実践したいなら、このロッドが適しています。

扱いやすいレングスなので、防波堤から磯場まで、さまざまなシチュエーションで活躍してくれるはずです。

●ルアーニスト モバイル・96MH-4

ライトショアジギングゲームを楽しみたい人におすすめなのが、このロッドです。

最大40gのメタルジグまでキャスト可能なので、サーフや防波堤からロングキャストしてみましょう。

青物はもちろん、ヒラメやマゴチなどもターゲットにできるでしょう。

ルアーニスト モバイルの全機種スペック表はこちら

ルアーニスト モバイルに装着して使ってみたいおすすめリールを選んでみた!

それではルアーニスト モバイルに装着してフィールドで使ってみたくなる、おすすめのスピニングリールをご紹介しましょう。

56UL-4などのショートレングスのロッドなら、2000番前後の小型タイプがマッチします。

細いPEラインを駆使することになるので、ショックリーダーラインをしっかり結べるように練習しておきましょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 月下美人X 2000S (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 月下美人X 2000S (2020モデル)

最安値価格
¥9,995(Yahoo!)

Amazonへ ¥10,495

楽天市場へ ¥10,465

Yahoo!へ ¥9,995

ダイワの月下美人Xシリーズなら、コスパ優秀で扱いやすいでしょう。

こちらは2000番モデルで、とてもコンパクトに仕上げられています。

ギア比は5.2対1で、ハンドル1回転につき68cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

自重は200gと軽めで、最大ドラグ力は5.0kgとじゅうぶんな値に。

ボールベアリングは5個搭載されていて、ラインキャパはPEラインなら0.4号を200m巻けます。

ハンドルの長さは、45mmと短めです。

実際に手に取ってみると、かなりコンパクトで小気味よく回転してくれる印象です。

ローターの回転もスムーズで滑らかですから、ただ巻きリトリーブでジグ単を泳がせるのに向いています。

フリーフォールやカーブフォール中のアタリを取り、巻きアワセを決めるのもカンタンにおこなえるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

月下美人Xシリーズは、アジングゲームやメバリングゲームなどのライトソルトウォーターゲームを楽しむように作られていますから、ルアーニスト モバイルと組み合わせれば、さまざまなシチュエーションで釣りをおこなえるはずです。

ラインローラー部分にPEラインのカスやゴミなどが溜まりやすいので、気が付いたら除去するようにしましょう。

放置しておくと糸ヨレの原因になってしまうケースがあります。

釣行後のメンテナンスも、ラインローラー周りを中心に丁寧に洗浄してください。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 ブラスト LT4000-CXH (2018モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 ブラスト LT4000-CXH (2018モデル)

最安値価格
¥19,712(楽天市場)

Amazonへ ¥19,730

楽天市場へ ¥19,712

Yahoo!へ ¥19,712

ブラストLTシリーズなら、ライトショアジギングゲームを存分に楽しむことができます。

こちらの番手は4000番で、エクストラハイギアを搭載したモデル。

ギア比が6.2対1になっていて、ハンドル1巻きにつき99cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

メタルジグをロングキャストしたら、素早く巻き取って次のキャストへ移ることが可能でしょう。

自重は270gとやや軽めで、最大ドラグ力は余裕の12kg。

ラインキャパは、PEラインの1.5号なら200m巻けます。

ボールベアリングは6個搭載していて、ハンドルの長さは60mmです。

実際に手に取ってみると、剛性感がしっかり伝わってくる印象です。

ハンドルは滑らかに回ってくれますし、ローターも力強く追従するので、青物などが掛かっても対応できるでしょう。

ドラグのレスポンスも良好ですから、この価格帯で販売されているスピニングリールの中で出色の出来映えではないでしょうか。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

PEラインの2号でキャストをすれば、ゴリ巻きで対応しても強引に魚を引き寄せられるパワーを備えています。

糸ヨレもしにくく、ドラグのダレもほとんど感じませんから、一日中メタルジグをキャストし続けられるのではないでしょうか。

ルアーニスト モバイルの気になる発売日はいつ?

ルアーニスト モバイルの気になる発売日は、2022年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、11,100円から13,000円です。

4ピース仕様だと、バッグやデイパックに差して持ち運びできるかもしれません。

ガイドを傷めないように注意しながら、小旅行へ行くときも一緒に持ち歩いてみたくなりそうです。

エサを用いたちょい投げ釣りなどにも転用可能なので、1本持っておけば釣りの幅が広がるのは間違いありません。

2022年モデルの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング