2022年はイカ年!ゼニスの最新ロッド・グランシャリオでイカ無双時代の幕開けだ!

FISHING JAPAN 編集部

イカ釣りといえば、ティップランやエギング、ヤエン釣りやウキ釣りなど、いろいろな楽しみ方があり、釣り経験やシーズンを問わず楽しめることが特徴ですよね。

特に、産卵を迎えるイカが冬にかけて体力を蓄えるためにたくさん栄養を取り込んで大型化することや、春には卵を抱えたイカが接岸することを楽しみに待っているアングラーも多いのではないでしょうか?

今回は、2021年12月上旬にZENITH(以下ゼニス)より発売される、イカメタル・オモリグ専用モデルGrand Chariot(以下グランシャリオ)についてみていきたいと思います!

これからたっぷりと栄養を蓄えた大型のイカや子持ちのイカが狙える季節を目前に、イカ好きアングラーには欠かせないマストチェックアイテムになっています。

イカメタルとオモリグの違いは?

一般的にイカメタルがベイトタックルで船の真下を狙うのに対し、オモリグはスピニングタックルでキャストして船から遠くにいるターゲットを狙います。

イカメタルは、船下のタナに仕掛けを送り込み、型よりもむしろイカの数釣りを楽しむ釣り方ですが、オモリグはキャストして広範囲に探り大型のイカ狙いを楽しむ人が多い釣り方と捉えても良いでしょう。

オモリグは、イカメタルという釣り方が広まっていない頃から、北陸地方などで中オモリ式仕掛けとして行われていたイカの釣り方の仕掛けが進化し、現在のオモリグに由来したと言われています。

釣り方によって楽しめる幅も広いので、初心者から経験者まで、親しまれている人気ゲームになっていることにも納得ですね。

どちらの釣法にも共通して言えることは、繊細なイカのアタリを手で感じるだけではなく、自分の目でティップから分かるアタリを確認することが、とても重要になっています。

そのアタリを逃さないようにするためには、イカの引きについていくことのできる張りのある細い竿先のロッドが必要ですよね。

その点、グランシャリオは、従来品と比較してティップセクションを極端に繊細な設計としているので、感度の良さは抜群です。

イカメタルモデルのポイントはココ!

グランシャリオは、全機種ブランクスカラーを爽やかなパールホワイトに統一し、スレッドも爽やかなメタルブルーに仕上げたことにより視認性にこだわりをもたせた1本となります。

どれほど船上から確認しやすいかというと、釣っている本人だけではなく同船者から見ても、アタリがわかるくらい見やすいカラーになっているようです。

イカメタルモデルは、ベイトモデル・スピニングモデル共に2本継ぎを採用し、ティップはフルソリッドカーボンを使用しています。

フルソリッドカーボンは、チューブラーティップに比べると穂先がさらに細く、しなやかな操作性を感じられるものが多くあることが特徴です。

また、中身が詰まっていることから、穂先が深く曲がり込んでも破損することなく、粘り強くファイトを楽しむことができる一方で、高温・多湿が苦手な素材なので保存方法には注意しましょう。

ベイトロッドは、特有のねじれを解消するために工夫が不可欠であると言えます。

ラインが確実にロッドに沿うようにガイドの数を増やすか、螺旋状にセッティングする方法などが一般的です。

ガイド数を増やす難点としては、小さなアタリを感じ取ることが重要になっているイカがターゲットでは、ロッド自体の自重が増し、不利に働いてしまいます。

そのため、グランシャリオのベイトモデルにはガイドをロッドに対して螺旋状にセッティングするタイプのロッド、スパイラルガイドを採用し軽量化とねじれの解消の両方を実現しています。

ロッド自体が軽量化することにより、イカメタルゲームには欠かせない、感度アップした使いやすさも体感していただけるのではないでしょうか?

オモリグモデルのイチオシはココ!

オモリグモデルでは、バットジョイントを採用し、ティップには、オクマ社独自開発のUFR設計(Ultimate Flex Reinforcement)を採用しました。

バットジョイントとは、ブランクスをグリップの部分で継いであるロッドを指します。

一般的な2ピースロッドは、ロッドの真ん中で分割されるタイプが多いですが、バットジョイントを採用することで、「継ぎ目でもしかして・・・」という心配も軽減され、移動や保管が楽になり破損も防ぐことができます。

安心して持ち運び、ストレスなくターゲットとのファイトを楽しんでもらうための最良の設計と言えますね!

また、UFRとは、ロッドの強度・感度アップにおける画期的な技術を指します。

ロッドブランクの周りに縦方向のファイバーの外層を利用することで、従来のロッドの3倍の強度と持ち上げ力を備えています。

引きの強いターゲットでも十分戦うことのできる強度になっているので、瞬時のアワセも問題なく対応できそうです!

もちろん、オモリグモデルもかなり小さなアタリでさえも、すぐに感じ取ることができるほど感度良く設計されているので、晩春~初夏に孵化した子イカが成長して、数釣りが楽しめるようになる夏~秋頃にも大活躍してくれそうな完成度になっています。

グランシャリオの詳しいスペック表

グランシャリオの詳細スペックは以下の表をご覧ください。

イカメタル、オモリグそれぞれ合わせて8機種展開になっています。

スピニングリールとベイトリール両方の用意があるので、ベストな1本を確認してくださいね!

イカメタルモデル(ベイト)

型番全長(m)継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径/元径(mm)適合ルアーウエイト(g)適合ラインPE(号)適応ドラグ(kg)カーボン含有率(%)
GC-B6102M2.082208880.8/8.7Max20号Max#1291.2%/8.8%
GC-B682MH2.0322031030.8/8.7Max25号Max#1297%/3%
GC-B692H2.0322031020.9/8.6Max30号Max#1.52.597%/3%

イカメタルモデル(スピニング)

型番全長(m)継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径/元径(mm)適合ルアーウエイト(g)適合ラインPE(号)適応ドラグカーボン含有率(%)
GC-S6102M2.0822081091.0/9.4Max20号Max#1291.2%/8.8%

オモリグモデル(スピニング)

型番全長(m)継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径/元径(mm)適合ルアーウエイト(g)適合ラインPE(号)適応ドラグカーボン含有率(%)
GC-S67MH2.0011531121.4/11.2Max30号Max#1.22.597%/3%
GC-S67H2.0011531121.5/11.6Max40号Max#1.5395%/5%
GC-67MH-Gray2.0011531021.4/11.2Max30号Max#1.22.597%/3%
GC-S67H-Gray2.0011531141.5/11.6Max40号Max#1.5395%/5%

実際に使用した感想はどんな感じ?

ここで、実際にグランシャリオを使用した、フィールドテスターのプロトテストの感想をご紹介したいと思います!

2021年3月下旬の夜、福井県で行われたプロトテスト当日の天候は、大雨と暴風で大荒れ模様。

3月下旬とはいえ、かなり寒く条件は厳しかったようで、イカの活性も悪くなかなか思うように釣れなかったとのこと。

やはり乗船されていた皆さんも大苦戦されたようですね。

そのような中でも、ゼニスのロッドフィールドテスターの山田悠氏はエサ巻きスッテを使用し、オモリグのパターンを発見することで船中で一番釣れたそうですよ!

やはりグランシャリオのティップは悪天候のなかでもとても見やすい上に、ロッドのバランスとしゃくった時のバットパワーに、ティップのブレがないほど良いロッドに仕上がっているとか。

当日、使用されたロッドとリールはこちらです。

ロッド:プロトオモリグ用672H
リール:オクマITX2500H

プロトテストの詳細は公式Instagramからもチェックできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

グランシャリオでイカメタルシーズンに備えよう!

さて今回は、12月上旬に発売されるゼニスの最新イカメタル・オモリグ専用ロッド、グランシャリオについて紹介してみましたがいかがでしたか?

イカ釣りで最も重要になっている、視認性の高さと感度の良さ、突然のアタリにもスッと対応できる強度のすべてを兼ね備えている、間違いなしのこのモデル。

パールホワイトを基調にした清潔感のあるこの色味も、これからのシーズンにぴったりではないでしょうか?

ぜひその手にとって、たっぷりと栄養を蓄えた大型のイカや子持ちイカとのエキサイティングなゲームに備えていきましょう!

ゼニスの公式SNSも要チェック!

Facebook

#Repost @karen__matsumoto with @make_repost ・・・ 今回は夜焚きでイカ釣りに行ってきましたー!! #zenith...

ZENITHさんの投稿 2021年8月13日金曜日

Instagram

ゼニスの気になる過去記事はコチラ

イカメタル」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ゼニス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング