バリスティックのアップ写真

バリスティックを使ってみた!2019年新作とFWモデルからおすすめ機種をピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから発売中のリールは豊富にラインナップされていますが、その中でも人気なのが、バリスティックシリーズです。

先に発売となったのが、バリスティックFWシリーズで、2019年の9月に釣具店に並んだのが、バリスティックシリーズ。

スペックにどんな違いがあるのか、また人気の番手はどれなのか、ユーザー評価も絡めながら詳しいインプレをしてみましょう。

バリスティックとは

バリスティックとは、人気釣具メーカー・ダイワからリリースされている、汎用タイプのスピニングリールです。

ダイワ独自のLTコンセプトによって軽量化され、メインギアにはマシンカットのタフデジギアを搭載。

これだけでも、ハンエンドスペックなイメージを受けますよね。

実際に手にしてハンドルを回してみると、シルキーで滑らかな巻き心地に驚かされます。

バリスティック・ソルト対応モデルの特徴

バリスティックには、ザイオン製のエアローターを搭載しているので、トータルウエイトも軽くなりますし、ローターの初動回転が軽やかにスタートしますよ。

2019年の9月に発売されたバリスティックは、ソルト対応なのでマグシールドを搭載。

その防水性能は、他のダイワリールを使っている人なら体感済みですよね。

こんなに多くの機能を搭載していながら、実売価格は2万円台と大変リーズナブルです。

コスパ優秀な機種は、アングラーが放っておきませんよ。

淡水専用モデル・バリスティックFWの特徴

先に発売されていたのが、バリスティックFWで、こちらは淡水エリア専用モデルです。

バス釣りや管釣りトラウト・渓流釣りなどで活躍していますよ。

全FWモデルは、浅溝スプール仕様になっているので、ライトラインを使う際にとても便利です。

軽さや耐久性は、バリスティックシリーズと変わらず。

マグシールド機能のみ搭載されていないので、注意して購入するようにしましょう。

ダイワの純正オプションパーツであるRCSハンドルやハンドルノブ(S)と交換可能で、18カルディアや18エメラルダスAIR、18タトゥーラとスプールの互換性がありますよ。

SLPWのType-αスプールも装着することができます。

バリスティックのおすすめ機種はこちら!

それでは、おすすめのバリスティックを取り上げてみましょう。

ソルト対応のバリスティックと、淡水専用モデルのバリスティックFW、どちらからも挙げてみますので、ぜひ購入時の参考してください。

ダイワ(DAIWA) リール 19 バリスティック LT2000SS-P

ダイワ(DAIWA) リール 19 バリスティック LT2000SS-P

参考価格:¥28,080

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ソルト対応モデルの2000番です。

Pが付いているのは、ギア比4.8対1とローギアでパワフルにリトリーブをおこなえる機種だからですね。

自重160グラムとかなり軽めで、ユーザー評価の通りヌルヌルした巻き心地。

これがアジングなどでジグヘッドリグをスイミングさせるときに重宝しますよ。

軽さは、多くのユーザーが評価していますね。

ロッドに軽いものを用意すると、余計にリールのウエイトが気になりますから当然でしょう。

0.3号のPEラインが200メートルも巻けますから、用途は広がるばかりです。

ダイワ(DAIWA) リール 19 バリスティック LT3000-XH

ダイワ(DAIWA) リール 19 バリスティック LT3000-XH

参考価格:¥27,490

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

この番手は、コンパクトなボディに3000番スプールが搭載されています。

ハンドル一回転で93センチもラインを巻き取れるので、手返しが早くなるのが魅力ですね。

ラインキャパは、0.8号のPEラインが200メートルも巻けるので、シーバスはもちろん、さまざまな対象魚を狙うことができるでしょう。

これで自重180グラムとは、本当にびっくりです。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 2000 バリスティック FW LT2000SS-XH 2019モデル

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 2000 バリスティック FW LT2000SS-XH 2019モデル

参考価格:¥24,310

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

こちらは以前からリリースされている淡水専用モデルです。

2000番なのでアジングにでも!と考えた人は多かったでしょう。

ただ、実際にソルトウォーターゲームで活用している人も見かけます。

「水洗いをしっかりしておけばだいじょうぶだよ。」

確かにその通り、自己判断に委ねられる部分ではありますが、この軽やかな巻き心地をジグ単などのアプローチで使いたくなるのはよく分かります。

トラウトゲームでスプーンやミノーをキャスト&リトリーブするのに活用してみてください。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 2500 バリスティック FW LT2500S-CXH 2019モデル

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 2500 バリスティック FW LT2500S-CXH 2019モデル

参考価格:¥22,440

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

2500番は、バス釣りに使いやすい番手です。

エキストラハイギアなので、ピンポイントを撃っては回収、すぐにまたキャストを繰り返すことができます。

バイトしてきたバスをフッキングして、手前まで寄せてくるのも楽にこなせますよ。

PEラインとフロロカーボンラインのどちらも試してみましたが、特にトラブルになることはありませんでした。

スムーズにキャストをしながら、しっかりフッキングしてバスを引き寄せるようにしましょう。

ユーザー評価に出ているように、ロッドの持ち方によってはベイルアームが接触するケースがあります。

指の関節部分なので、なかなかに痛いのですが、一度そういう思いをすると次は気を付けるので問題はありません。

この番手もソルトウォーターゲームで使いたいと、常々思っていましたが、2019年の9月にLT2500SS-CXHとLT2500S-XHがソルト対応で発売されたので、そちらを使うことにしましょう。

そもそもなぜ最初からソルト対応にしなかったのか、若干の疑問は残ります。

パーツ構成を少なくして、軽量化を図ったのかもしれませんし、他のダイワリールとの兼ね合いがあったのかもしれません。

ここまでバリスティックの人気が上がってきたら、もっと多くの機種も見てみたくなりますね。

バリスティックを駆使してさまざまな釣りを楽しもう!

バリスティックの特徴やおすすめ機種をご紹介しましたが、いかがでしたか?

バス釣りやソルトウォーターゲームを楽しみたい人なら、スピニングリールに軽さと耐久性を求めるのは当然のこと。

それが安い価格で手に入れられるのであれば、欲しいと手を挙げる人は後を絶たないでしょう。

バリスティックの存在価値は、これからもダイワのリールラインナップの中で輝き続けるに違いありません。

リールの関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング