本場アメリカ製のルアー回収機

ルアー回収機のおすすめアイテムを徹底チェック!根掛かりからルアーを救出しよう!

FISHING JAPAN 編集部

ルアーを使った釣りでは、いかにキャスト数を維持し続けるかで釣果が変わります。

キャスト数に比例して、釣れる魚の数が増えるといっても過言ではないでしょう。

でもそれだけルアーをさまざまなポイントへ放り込んでいると、根掛かりも発生しやすくなります。

大切なルアーが引っ掛かってロスト!なんて、あまりにも悔しいですよね。

そんなとき頼りになるのが、ルアー回収機です。

もう戻ってこないとあきらめかけていたルアーが、このアイテムを使えば再び手元に返ってきますよ。

各メーカーから、大きく分けて2種類のルアー回収機がリリースされているので、詳しくチェックしてみましょう。

ルアー回収機とは

ルアー回収機とは、障害物に引っ掛かったルアーを取り外して再び手元に回収するための便利アイテムです。

これさえ釣り場に携行しておけば、ルアーをロストしてしまうことは防げますよね。

特に目に見えない深い水中に引っ掛かってしまった場合に、とても重宝するアイテムといえるでしょう。

例えば、シンキングタイプのバイブレーションプラグや、深い層まで潜るクランクベイト・ラバージグなどが、いきなりスタックしてしまった経験はありませんか?

でも、ルアー回収機さえあれば、時間をかけて丁寧に作業をおこなうことで、全てを解消することができるかもしれません!

手っ取り早く作業を終わらせたい気持ちは分かりますが、目に見えないところでの作業ほど慎重に行って、異なる種類のルアー回収機を交互に試してみると、引っ掛かりが外れるきっかけを作れる場合もあるので、諦めないでくださいね。

ルアー回収機の選び方①ロープタイプ

ルアー回収機には、2つの種類が用意されています。

まず1つ目は、タコの足のように複数のチェーンが付いていて、それをロープにつないで操作する「ロープタイプ」です。

複数のチェーン部分をよく見ると、オモリのようなものとフックパーツが付いていますよね。

これをリールから伸びているラインにセットして、まるでロープウェーのように水中向かって滑らせていくのです。

その先には引っ掛かったルアーがあるはずですから、コツンと到達したらラインとロープを一緒に持って揺らしてみましょう。

タコ足チェーンがルアーをうまくとらえて、ロープを手繰り寄せれば回収完了となります。

チェーンの数を増やしたりロープの長さを変えたりと、自分でルアー回収機を改造している人もいますよ。

そのほうが回収率が高まるかもしれません。

ルアー回収機の選び方②スティックタイプ

もう1つのルアー回収機は、スティックタイプです。

これは振り出し式のロッドのような構造をしていて、先端に付いているフックパーツにリールから伸びているラインをセット、そのまま引っ掛かっているルアー目掛けてスティックを伸ばしていきます。

ルアーに接触したらしっかり揺らして、うまくとらえた後縮めて回収するのです。

水中に引っ掛かった見えないルアーに対してもアプローチできますが、スティックの長さが足りないと意味がありません。

出向く釣り場のシチュエーションに合わせて、ルアー回収機の種類を使い分けるようにすると回収率も上がります。

各メーカー別おすすめルアー回収機をピックアップ!

それではダイワなどの各メーカーからリリースされている、おすすめのルアー回収機をご紹介しましょう。

コンパクトに収納するために、ロープを巻き付けておく専用リールが標準装備されているものもあります。

釣り場へ持参するのですから、できるだけ持ち運び便利な形態をしているほうが、人気は高いでしょう。

実際に使ってみたインプレも含め、ユーザー評価の高いものをピックアップしてみました。

S&Nインターナショナル ルーバ(LUUBA) グリーン

S&Nインターナショナル ルーバ(LUUBA) グリーン

最安値価格
¥4,293(amazon)

Amazonへ ¥4,293

楽天市場へ ¥4,306

Yahoo!へ ¥4,330

S&Nインターナショナルからリリースされているルアー回収機・ルーバ ウノです。

ロープを巻いているリールのカラーが、複数種類用意されていますよ。

円柱のような形をした専用のオモリが付いていて、ここにのルアーからのラインを挟んで滑らせていきます。

蓄光素材が使われているので、水中に潜行してからも視認性は高く、ルアーに接触して手ごたえを感じたら、ロープを慎重に引っ張って回収してみましょう。

実際に使ってみると、複数回トライすれば無事ルアーを取り戻すことができました。

根気よく作業するのが秘訣といえるでしょうか。

タカ産業 A-0028 レスキューテポドン

タカ産業 A-0028 レスキューテポドン

最安値価格
¥1,915(楽天市場)

Amazonへ ¥2,496

楽天市場へ ¥1,915

Yahoo!へ ¥2,030

ルアーはもちろん、エギングで使うエギの回収にも使える便利アイテム・レスキューテポドンです。

オモリ部分とフックパーツが絶妙に一体化しているので、勢いよく滑らせてルアーにガツンと接触させるのが、回収時のコツ。

ダイワ プレッソ ルアーキャッチャーセット

ダイワ プレッソ ルアーキャッチャーセット

最安値価格
¥2,015(amazon)

Amazonへ ¥2,015

楽天市場へ ¥2,128

Yahoo!へ ¥2,060

ダイワ製のルアーキャッチャーです。

糸切れしたプラグはフローティングタイプのプラグルアーキャッチャーで、見える範囲に落としたスプーンなどはマグネットルアーキャッチャーで回収可能と、2種類のルアーキャッチャーがついていて使い分けが可能です。

サン・マジック レスキュー ロボ

サン・マジック レスキュー ロボ

最安値価格
¥1,025(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,900

楽天市場へ ¥1,252

Yahoo!へ ¥1,025

ロープは自分で用意しなければなりませんが、これがあれば引っ掛かったルアーを直撃できます。

実際に使ってみると、ボートやカヤックからなら角度が付くので、一気に滑ってくれるのですが、オカッパリで遠浅エリアだと、滑りに勢いがなくなるので回収効率が落ちてしまいます。

使い方に工夫が要るかもしれませんね。

海でエギの回収に使ってみましたが、ボートからだとかなり効率よくエギを取り戻すことができました。

ダイワ ルアーキャッチャー ヘビーウエイト

ダイワ ルアーキャッチャー ヘビーウエイト

最安値価格
¥2,800(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,826

楽天市場へ ¥2,970

Yahoo!へ ¥2,800

人気メーカーのダイワから発売されている、ロープタイプのルアー回収機です。

オモリが重くなっているので、引っ掛かったルアーまでの滑りがバツグン。

複数のタコ足チェーンが、確実にルアーをとらえて回収につなげてくれますよ。

実際に使ってみたインプレは、耐久性もあって長く使えるという印象で、ネット通販のユーザー評価を見ても支持率が高いのが特徴です。

ディープクランクベイトやスピナーベイト、シャッドプラグ・バイブレーションプラグなどを回収できました。

ビッグベイトが沈木に巻かれた際も、このルアー回収機がとても役立ちましたよ。

テイルウォーク(tailwalk) 玉の柄 CATCHBAR 改 LIMITED 550 16360

テイルウォーク(tailwalk) 玉の柄 CATCHBAR 改 LIMITED 550 16360

最安値価格
¥10,000(Yahoo!)

Amazonへ ¥11,155

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥10,000

こちらはスティックタイプのルアー回収機で、コスパ優秀なアイテムを多数リリースしている、テイルウォークの製品です。

長さを自由に変えられるので、岸際のカバーなどに引っ掛かったルアーをしっかり先端フックでとらえながら、引っ張ることができますよ。

先端フックのカラーはレッド、目立つので釣り場での視認性が高いのもプラス要素です。

エバーグリーン(EVERGREEN) ルアー回収器 B-TRUE スライドシャフト400 自重:520g

エバーグリーン(EVERGREEN) ルアー回収器 B-TRUE スライドシャフト400 自重:520g

最安値価格
¥18,436(amazon)

Amazonへ ¥18,436

楽天市場へ ¥18,700

Yahoo!へ ¥18,700

人気ルアーブランド・エバーグリーンが製作した、スティックタイプのルアー回収機です。

先端のリカバリートップの形状は、とても扱いやすくてルアーをとらえるのに便利です。

シャフトの長さや張りの具合も、回収作業に丁度いいですね。

収納すると携行するのに邪魔にならないコンパクト設計、これならどんなオカッパリシーンへも持参することができるでしょう。

全長は4メートルまで伸ばすことが可能です。

ベルモント(Belmont) 回収器 MR-134 ルアーリトリーバーJP4750

ベルモント(Belmont) 回収器 MR-134 ルアーリトリーバーJP4750

最安値価格
¥4,690(Yahoo!)

Amazonへ ¥5,248

楽天市場へ ¥5,663

Yahoo!へ ¥4,690

ベルモントから発売されているのは、4段階まで伸縮可能なルアー回収機です。

長く伸ばせるのがメリットですが、それだけ重量がかさんでしまうことになります。

直径が太くなっていてステンレス製なので、強度はしっかりしていて安心感があります。

ベルモント(Belmont) MR-048 ルアーリターン ワイド

ベルモント(Belmont) MR-048 ルアーリターン ワイド

最安値価格
¥4,164(amazon)

Amazonへ ¥4,164

楽天市場へ ¥4,880

Yahoo!へ ¥4,636

先端フックがダブルになっているので、ビッグベイトなどの大き目のルアーを回収するのに便利でしょう。

全長243センチで、収納すると32センチにまでコンパクトにすることができます。

引っ張り強度が30キロもあるので、大胆に扱えるのが嬉しいですね。

ベルモント(Belmont) ゴールドルアーリトリーバーヘッド MR125

ベルモント(Belmont) ゴールドルアーリトリーバーヘッド MR125

最安値価格
¥1,618(amazon)

Amazonへ ¥1,618

楽天市場へ ¥2,197

Yahoo!へ ¥1,890

これはスティックタイプの先端パーツのみを製品化しています。

ランディングネットの柄の部分のネジ径が、4分であればぴったり合いますから、取り付けてルアー回収機にすることができますよ。

玉ノ柄には、かなり長いタイプがあるので、これまで届かなかった水深などを探ることが可能になります。

ただし、ルアー回収を目的に作られた柄ではないので、強い力を加え続けると破損してしまう恐れがありますから、じゅうぶん注意しながら回収作業をおこなってください。

ルアー回収機を使いこなして大切なルアーを取り戻そう!

ルアー回収機の選び方やおすすめアイテムを特集しましたが、いかがでしたか?

水中の見えないところを手探りするようで、最初はなかなか回収できないかもしれません。

それでも繰り返しトライし続ければ、大切なルアーをまたキャストできるようになります。

ルアーフィッシングを続けていくモチベーションを与えてくれる、貴重なアイテムといえそうですね。

ルアーの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ツール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング