ランディングネットのアップ写真

マグネットキーパーは2022年リリースのワンタッチで着脱可能な便利グッズ!

FISHING JAPAN 編集部

ゲームベストを着込んでソルトウォーターゲームを楽しみたいとき、手持ち状態になる釣りタックルはできるだけ減らしておきたいものです。

2022年ダイワから新発売されるマグネットキーパーを使えば、ランディングネットやフィッシュグリップなどを、ゲームベストのD環に装着しておくことができます。

使いたいときには、ワンタッチで取り外せるのが魅力です。

ここではマグネットキーパーの特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

マグネットキーパーってどんな釣りグッズなの?

マグネットキーパーとは、2022年ダイワから新発売される釣り便利グッズのことです。

アルミ製の頑丈で軽量なボディの中に、強い磁力を持ったマグネットが両面装着されていて、2つに引き離したりくっ付けたりして使うことができます。

垂直荷重設定は、2種類用意されています。

3kgの重さに耐えられるタイプと、5kgの重さに耐えられるタイプから選んでください。

3kgタイプなら、樹脂製や金属製の小物類をぶら下げておくことができます。

魚バサミやフィッシュグリップ・プライヤー・カッターなどがマッチするかもしれません。

5kgタイプには、ランディングネットなどの大き目の釣りタックルをぶら下げてみましょう。

特にゲームベストやタックルバックなどに付いているD環に装着しておくと、取り扱いしやすいでしょう。

D環にカンタンに取り付け可能な、カラビナが標準装備されています。

マグネットキーパー本体をよく見てみると、回転式の構造になっています。

これにより取り付けた各種小物が、絡まりにくいメリットを得ることができます。

また各種小物のマグネットキーパーと接続するのに、スプリットリングが装備されています。

注意したいのは、マグネットキーパーは磁力でくっ付いているということ。

そこに取り付けた各種小物製品は、その自重や掛かる衝撃などによって、落下してしまう可能性があるのです。

磁石面がズレていないか、常にチェックして落下防止に努めましょう。

それから強力な磁石を使っているので、ペースメーカーなどの電子医療機器を利用している人は、使用を控えてください。

磁気カードや電子機器なども磁力の影響を受けるので、遠ざけておいたほうが無難でしょう。

マグネットキーパーを実際に活用する釣りシーンを想定してみた!

マグネットキーパーを実際に使うのは、どのようなシーンが想定できるでしょうか。

例えば、シーバスゲームやチニングゲーム。

狙っているターゲットに重みがあるので、ランディングネットは不可欠となります。

かといって手で持つことにすると、ロッドを操作することができません。

そんなときにマグネットキーパーを活用して、着ているゲームベストの背中などにぶら下げておくことをおすすめします。

魚がヒットしたら、ロッドワークを駆使して引き寄せつつ、背中のランディングネットを取り外します。

接続部分がマグネットキーパーなら、強く引っ張るだけで取り外すことができるでしょう。

全部で2種類のカラーバリエーションから選択可能!

マグネットキーパーには、合計で2種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●レッド/ブラックカラー

●ゴールド/ブラックカラー

自分の好みや着ているフィッシングウエアに合わせて、カラーを選ぶようにしてください。

ランディングネットに施されている配色とマッチさせるのも、おしゃれでカッコイイかもしれません。

マグネットキーパーを装着するのにおすすめのゲームベストを選んでみた!

それではマグネットキーパーを装着して使うのに向いている、おすすめのゲームベストをご紹介しましょう。

ダイワから機能的なゲームベストがリリースされていて、シーバスアングラーを中心にヘビーユーザーの多いアイテムを選んでみました。

ポケットの収納量が大き目なので、タックルバッグを持参せずにランガンできるのが嬉しいです。

ダイワ(DAIWA) フィッシングベスト フロートゲームベスト ブラックカモ フリー DF-6206

ダイワ(DAIWA) フィッシングベスト フロートゲームベスト ブラックカモ フリー DF-6206

最安値価格
¥15,246(楽天市場)

Amazonへ ¥15,908

楽天市場へ ¥15,246

さまざまな釣りスタイルにマッチする、ダイワのゲームベストです。

サイズはフリーなので、ベルトで調節しながら自分の体格に合わせることができます。

着丈サイズの目安は、33cmです。

ゲームベスト本体素材にはポリエステルが使われていて、止水ファスナー付きターポリンポーチにはポリ塩化ビニル=PVCを採用しています。

内蔵されている浮力材にはポリエチレン独立発泡を装備、浮力は7.5kg/24時間以上に設定されています。

実際にフィールドで着用してみると、とても軽くて動きやすい印象でした。

サイズの調節幅が広く、余裕のある着心地を味わうことができます。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

釣り場で付着した汚れなどは、濡れタオルでカンタンに拭き取ることができます。

しっかりメンテナンスしておけば、長く使い続けることのできるおすすめアイテムです。

マグネットキーパーの気になる発売日はいつ?

マグネットキーパーの気になる発売日は、2022年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,450円から1,700円までです。

ゲームベスト1着につき、2ヵ所以上に付けておくと、便利な使い方ができるでしょう。

釣具の関連記事はこちら

ツール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング