バス釣り用ベイトロッドのアップ写真

ベイトロッドを使いこなしたい!バス釣りやシーバスゲームに活用可能なおすすめアイテムはこちら

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りの盛んなエリアへ足を運んで、オカッパリアングラーが握っているタックルを見てください。

スピニングタックルとベイトタックル、両方を持ち歩いている人をひんぱんに見かけることができます。

使用するルアーやアプローチが異なるので、どちらのタックルも手放せないとのこと。

特にベイトロッドとベイトリールの組み合わせは、太いラインを使うことができるので、擦れが心配になる濃いカバーやストラクチャーを果敢に攻めることが可能です。

この発想は、バス釣りにとどまらず、ソルトウォーターゲームの世界でも大きく翼を広げていますよ。

シーバスやチヌ・ロックフィッシュを狙うアングラーが、こぞってベイトロッドを使うようになっていますし、ボートゲームのタイラバやショアジギングにもベイトロッドは使われていますよね。

もっと広がりを見せる可能性を秘めているタックルだといえそうです。

ベイトロッドとは

ベイトロッドとは、ルアーをキャスティングするための工夫が盛り込まれたロッドのことです。

ベイトリールを搭載することが可能で、それがロッドの上部分に載ることになるので、自分の手のひらで下から支える必要が出てきます。

その支えを確かなものにするために、人差し指のかかる位置に独自の突起=トリガーが配置されていますよ。

この突起に指先を掛けることで、キャスティングやフッキングの際にロッドを安定させることができます。

ベイトロッドのガイドは、スピンニグロッドと違って足の部分が短くなっています。

これにより、ロッドブランクからあまり離れない位置にラインを通すことができるようになります。

その効能は、ブランクが持つパワーやしなりを、ラインに確実に伝えられることが挙げられるでしょう。

ベイトリール自体の装着時の姿勢が低いため、ラインの放出もベイトロッドに近いところを通ることになりますから、それに合わせたガイドの配置といえるかもしれません。

納得のいかない人は、自作でガイドを取り付けたり、配列を変えたりすることもあるとか。

そういう細部へのこだわりが、釣果に結び付いているのでしょう。

ベイトロッドといえば、バス釣りに使うイメージが強かったのですが、最近ではシーバスゲームやロックフィッシュゲームにも転用されるようになっています。

バスロッドをそのまま使っているアングラーもいまかし、メーカーからリリースされた専用ロッドを振り回している人も。

長さやガイド配列、ブランクの調子などが釣りによって変わりますから、やはり専用のベイトロッドが増えていく傾向が強いのは当然といえるでしょう。

ベイトロッドの進化に合わせて、ベイトリールも専用化されつつあります。

特にPEラインを使いこなすためのラインキャパや、塩対策が施された仕様がソルトウォーターゲームには求められますから、エッジの効いたスペシャルなアイテムがどんどん製品となってリリースされるに違いありません。

おすすめのベイトロッドをピックアップ①バスロッド

それではバス釣りで使うのにおすすめのベイトロッドから、ご紹介しましょう。

バス釣りで求められる要素は、軽いものを正確にキャストできる性能です。

またビックベイトのような、大きくて重いルアーを背負える強さの要素も要るでしょう。

1本のロッドで全てのルアーに対応するのは難しいですから、複数本所有するイメージを持たなければ、ベイトロッドを理解することはできません。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 16 ポイズングロリアス ベイトキャスティングモデル 166M-S

シマノ(SHIMANO) バスロッド 16 ポイズングロリアス ベイトキャスティングモデル 166M-S

最安値価格
¥47,795(Yahoo!)

Amazonへ ¥55,000

楽天市場へ ¥55,450

Yahoo!へ ¥47,795

ポイズングロリアス166M-Sは、シマノが得意とする極細カーボンソリッドティップを搭載した、最新技術満載のベイトロッドです。

ベイトフィネスの領域に収まらないのは、18グラムのルアーまで操れるようになっていることで明らか。

実際に手にしてみると、タフテック∞を採用したティップは、曲がりから復元しようとする張りがハンパなく強めです。

バスのバイトに対しては、しっかり追従しようとしますから、柔軟性と芯の通った剛性が共存しているのが使いやすさを生んでいますね。

キャスティングの際にティップが巻き込み過ぎることもないので、しっかり振ることもゆっくり振ることも可能です。

その違いによって飛距離はもちろん、水面へのルアーの落とし方にも強弱をつけることができるのがいいですね。

ベイトロッドが進化していること実感させてくれる名竿のひとつといえるでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド エクスプライド 165ML+

シマノ(SHIMANO) バスロッド エクスプライド 165ML+

最安値価格
¥20,405(amazon)

Amazonへ ¥20,405

楽天市場へ ¥20,405

Yahoo!へ ¥20,405

エクスプライド165ML+は、ロッドティップの径が2ミリを超えるベイトロッドです。

岸辺に生えている草木に当たってもへっちゃら、バックスイングをする際も気にせずアプローチに入ることができますよ。

グリップエンドまでが極端に短くデザインされているのも秀逸で、ライフジャケットにしょっちゅう当たるのを未然に防いでくれます。

バスを掛けると美しく曲がるのですが、ブランクのパワーやトルクに切れ目がなく、さっちりと寄せてランディングにつなぐことができます。

メーカーの製作意図は、ジャークベイト用にマニアックに使えることらしいのですが、そこにこだわって他の可能性を試さないのは、極めてもったいないこと。

ロッドをリリースするタイミングで、もっと多くのアングラーの言葉を聞き、このロッドを表現するのに適した言葉を見つけ出す努力が必要でしょう。

例えば、カヤックゲームをメインに楽しんでいるアングラーなら、このグリップエンドまでの短さを有効に使いこなせるでしょうから、評価そのものが大きく変わってくる可能性のある1本です。

グラスコンポジットの配分や、それをロッド全体に行き渡らせている手法は、他にあまり類を見ない素晴らしい設計だと感じます。

おすすめのベイトロッドをピックアップ②ソルトウォーターゲームロッド

ベイトロッドでソルトウォーターゲームを楽しむアングラーが急増中です。

特にビッグベイトをキャストするのに使っているシーバスアングラーが、かなり増えてきている印象ですね。

街中の河川や水路で、ベイトロッドの先にジョイント系のルアーをぶら下げて歩いている人をよく見かけます。

流れ込みや汽水と淡水の境界などに、大型のシーバスやチヌが接近しているとのこと。

コンクリートの護岸でラインが擦れることを考慮すれば、太いラインを用いたくなるのは当然で、ベイトリール+ベイトロッドの出番が求められるようになったのでしょう。

アブガルシア(Abu Garcia) シーバス ロッド ベイト ソルティーステージ KR-X シーバス SXSC-902MMH-KR

アブガルシア(Abu Garcia) シーバス ロッド ベイト ソルティーステージ KR-X シーバス SXSC-902MMH-KR

最安値価格
¥20,124(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥20,124

このシーバスロッドで、45グラムまでのルアーをキャストすることができます。

もっと重いビッグベイトが数多く存在していますから、それらを扱いたいときは別の硬くて張りのあるロッドを用いるべきでしょう。

ただし、他のルアーも幅広く使ってキャストしたいと考えるなら、かなり汎用性の高いベイトロッドとしておすすめです。

シーバスゲームに専用設計されているので、ラインさばきもやりやすく、飛距離も申し分なく稼げます。

PEラインの2号ぐらいを用いて、メタルジグをショアからキャストすることもできますから、ジギングに転用したいと感じる人も増えるのではないでしょうか。

メジャークラフト ロックフィッシュロッド ベイト 3代目 クロステージ 根魚 CRX-822H/B 8.2フィート 釣り竿

メジャークラフト ロックフィッシュロッド ベイト 3代目 クロステージ 根魚 CRX-822H/B 8.2フィート 釣り竿

最安値価格
¥10,384(amazon)

Amazonへ ¥10,384

楽天市場へ ¥10,384

Yahoo!へ ¥10,384

メジャークラフトからリリースされている、ロックフィッシュゲーム用のベイトロッドです。

これは実際に手にしてみると、がっしりした作り込みでタフが伝わってくるロッドに仕上がっていますよ。

50グラムまでのルアーやリグをキャストできますから、遠投して深場のシモリや入り組んだ岩礁帯などを直撃できるでしょう。

ロックフィッシュがバイトしてきて、根に潜り込もうとしても、ロッドを真っ直ぐに立てるだけで引き離せるパワーが魅力です。

そして何より素晴らしいのは、メジャークラフトロッドならではの価格設定。

実売価格で1万円台で手に入るのですから、比較対象にされる他メーカーのロッドは、ちょっと可哀そうですよね。

潮の流れの強いエリアへ、ヘビーなテキサスリグやジグヘッドリグを投入して、大型のソイやアコウを狙ってみましょう。

ベイトロッドを使いこなして大型魚をゲットしよう!

ベイトロッドの特徴やおすすめアイテムを特集しましたが、いかがでしたか?

ベイトロッドをマスターするには、必ず装着されるベイトリールをうまく操れるようにならなければいけません。

ベイトリールにはバックラッシュトラブルがつきものですから、まずはキャストの反復練習から取り組むようにしましょう。

慣れてくれば、狙ったポイントへ正確にルアーを撃ち込めるようになりますから、釣れる魚の数も日増しにアップしてきますよ。

そうなればまだ見ぬ大型魚に出会える可能性も上がってきますので、期待に胸を躍らせながら釣り場へ向かうことができるでしょう。

街中の水路近辺には住宅などが隣接していますから、静かに釣りをすることを忘れないでくださいね。

ベイトロッドの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

ベイトリール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング