魚 写真

ソウシハギは猛毒魚!どんな毒が体内に含まれているのか徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

猛毒を持つことで有名なフグ。

そのフグよりも強烈な毒を体内の内蔵に含んでいるのが、ソウシハギです。

カワハギの仲間ですから見分けがつきにくいかもしれませんが、うっかり持ち帰って食べるとたいへんなことに。

ここでは、ソウシハギについて詳しくご紹介します。

ソウシハギとは

ソウシハギとは、フグ目カワハギ科に属している海水魚のことです。

おちょぼ口でカワイイ顔・体型をしていますから、実物を見てしまうと思わず触れてしまいそうになりますよね。

成長すると最大で80センチを超える個体も生息しているようで、沖縄に行くと魚屋さんに食用として並んでいることも。

でも、自分で捌いて食べるのは、やめたほうが無難です。

何故なら、ソウシハギの体内には猛毒・パリトキシンが含まれているからです。

ソウシハギに含まれている猛毒・パリトキシン

ソウシハギに含まれる猛毒・パリトキシンとは、いったいどんな毒なのでしょうか。

パリトキシンは、自然界に存在する毒の中でも最も強力とされています。

その毒性は食物連鎖によって強まるようで、ソウシハギが好んで食べているイソギンチャクが起点となっているようです。

パリトキシンは、加熱しても分解されない毒で、体内に入ると筋細胞を融解し激しい筋肉痛を起こすとされています。

腎障害や痙攣・マヒ・呼吸困難等も引き起こす可能性があり、重い症状の場合は死に至る可能性もあります。

ソウシハギの生息地

ソウシハギは、温帯・熱帯地域に生息していて、日本では本州中部から南エリアで釣れることがあります。

釣れる時期は定まっておらず、年中釣れると考えてください。

となると、明日釣りに行ったときにソウシハギが混じる可能性もあるということです。

解毒方法なし!

ソウシハギに含まれる猛毒・パリトキシンには、解毒方法がありません。

それほど危険な猛毒であると認識すべきで、もし誤って口にし発症してしまった場合は、自然治癒による回復を待つしかないのです。

命に危険が及ぶような魚を、自分で調理して食べる行為は、厳に慎んでください。

猛毒を体内に持った魚は、ソウシハギ以外にも数多く存在します。

それらの詳しい情報を常に入手しながら、釣りに向かうようにしましょう。

地球温暖化によって南方エリアに生息していた魚が、北上してきているようですから、まずは見知らぬ魚を釣り上げた場合は、何という名前の魚か確認することが重要です。

もし釣り場で分からなければ、海へ逃がして持ち帰らないようにしましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング