ショアジギング用のメタルジグがいっぱい

メタルジグ特集!大人気のショアジギングで活用するおすすめメタルジグはどれなの?

FISHING JAPAN 編集部

ショアからキャストして、サバやハマチ・カンパチなどの青物やシーバス・ヒラメ・マゴチなどをターゲットにした、ショアジギングが大人気です。

その釣り方でメインに使われるルアーは、大小さまざまなメタルジグですね。

ショアジギングのアプローチに対して、どんなものが適しているのかチェックしてみましょう。

メタルジグの重さに注目!

ショアジギングに適応したメタルジグが、各釣具メーカーから数多くリリースされていますよ。

カラーやボディデザインなど、注目すべきスペックが多々ありますが、まずはメタルジグの重さについて見てみましょう。

海中には引っ掛かりやすい岩礁帯やカバーなどが存在しますから、浅い水深のエリアだとカンタンに引っ掛かってしまいます。

メタルジグは、どこにも浮力を維持するスペースが設けられていないルアーですから、着水すれば一気に潜ってしまい、あっという間に根掛かるしかないのです。

そこで使ってもらいたいのが、スローにフォールしていくように作られたメタルジグです。

スロージギング用としてリリースされているタイプなら、なんと10グラム前後から用意されているものもあるので、メタルジグの泣きどころである根掛かりを抑えたければ、軽くて沈下スピードの遅いスロージギング用メタルジグを使いましょう。

ショアジギング用のロッドで無理なく扱える重さの目安とは?

ショアジギング用のロッドは、80グラムのメタルジグでもキャストできるように作られていますよね。

でも、スムーズに軽めのフォロースルーでキャストしたいなら、あまりに重いメタルジグを背負うことはおすすめしません。

事前にロッドパワーを確認しながら、1ランク軽い60グラムを目安として、そこまでのメタルジグをメインに扱うことを意識してください。

そうすれば無理なくキャストやリトリーブができるので、長時間の釣行でも集中力が途切れることなく楽しるでしょう。

ショアジギング用おすすめメタルジグ①パームス・スローブラットキャスト オーバル

それでは、60グラムまでの重さを意識した、ショアジギング向きのメタルジグをピックアップしてみましょう。

釣り場に立って、足元から広がる浅いエリアを根掛かりを気にせずしっかり探りたいなら、パームスが提唱しているショアスロージギング用のメタルジグを使ってみましょう。

これのみキャストしていても、青物はもちろん、シーバスやヒラメ・マゴチ・ロックフィッシュなどがよく釣れます。

思いっきり遠投するイメージではなく、着水後ヒラヒラと舞い落ちるようなメタルジグの誘いで食わせてみましょう。

パームス(Palms) メタルジグ ルアー スローブラットキャスト オーバル30 ブルーピンク SCO-30

パームス(Palms) メタルジグ ルアー スローブラットキャスト オーバル30 ブルーピンク SCO-30

参考価格:¥906

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

初めてイナダが釣れました。
相性がよいのかそのあとも私だけ釣れたりしております。
また、狙っていない80オーバーのシーバスやヒラメも釣れており手放せません。

出典:amazon

実際に、パームスのスローブラットキャスト・オーバルを使ってみました。

重さは30グラムでしたから、こんなに軽くていいの?という印象。

あまりチカラを込めずに、ゆったりとしたスイングでキャストを実施。

それでも思っていたよりは遠くまで飛距離を稼いで、パシャッ!と着水しました。

なんと、ラインがすぐにはピーンと張りつめません。

メタルジグが、ゆっくりと水中をフォールしているのがよく分かります。

それまで使っていた細身で重いメタルジグとは、全く異なるフォールですね。

数秒後にやっとボトムに着いたので、ロッドを立てて跳ね上げてはまたフォール。

その間のラインのたるみは、まるでエギングでのエギのフォール待ちのようです。

何度か跳ね上げとフォールを繰り返していると、フォールしているはずなのにラインがたるみっぱなしになりました。

なるほど、これは魚が下から食い上げたな!と判断し、リールハンドルを素早く回して糸フケを取りました。

ラインが張ったのを確認した上で、しっかり上方に向けてフッキング。

ガツッ!という衝撃とともにロッドは曲がったままになり、3分後に揚がってきたのは、丸々と太ったシーバスでした。

サイズは60センチに満たないものでしたが、こういうアプローチで釣れたことに感動。

また、メタルジグが浅いエリアで根掛かりなく操れたことにも感動し、スロージギングの魅力にどっぷりハマってしまいましたよ。

ショアジギング用おすすめメタルジグ②シマノ・熱砂メタルドライブ

次にご紹介するのが、シマノからリリースされているメタルジグ・熱砂メタルドライブです。

専用のワームトレーラーを装着して使う、ヒラメ・マゴチなどをターゲットにした専用メタルジグですね。

食わせの要素がしっかりと載せられていて、十分な飛距離も稼げる設計になっていますから、安心して使うことができますよ。

まだショアジギングでヒラメを手にしたことのない人におすすめです。

シマノ(SHIMANO) メタルジグ フラットフィッシュ 熱砂 メタルドライブ 32g OO-332R 009 フラッシュピンク

シマノ(SHIMANO) メタルジグ フラットフィッシュ 熱砂 メタルドライブ 32g OO-332R 009 フラッシュピンク

参考価格:¥1,620

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ヒラメ・62センチ、45センチ
ソゲ・36センチ、32センチ、28センチ
イシモチ・10尾以上
エイ・メーター級
ショアから、11月中旬から12月の1.5ヶ月の約10回の釣果です。とにかくこんなに釣れるルアーはかつてありません。ワームを80から90m先まで飛ばせて、探れるハイブリッドルアー!
ヒラメをとりあえず釣りたい初心者に最適。

出典:amazon

外観からすると、メタルジグというよりは、ジグヘッド+ワームのイメージが強いですが、これもオリジナルのアプローチのひとつだととらえてください。

自重は40グラム弱しかありませんから、これまたやんわりとフォロースルーを入れながらのキャストをおこなうことができるアイテムです。

それでもびっくりしてしまうほどの飛距離を飛び、ずいぶん沖合いのポイントまで送り込むことに成功しました。

サーフエリアでキャストしましたから、他の場所よりさほど水深はないはず。

着底まで一瞬でしたから、フォール中のアピールは、もっと水深の深いエリアで実践しなければならないでしょう。

ボトムに置いたままの熱砂メタルドライブを、ロッドティップを立ててファーストアクション。

特に振動は手元に伝わってきませんから、そのままリトリーブを開始。

巻き抵抗をあまり感じずに、ハンドルを6回転ほどさせたとき、急にそれ以上回せなくなりました。

あれ、リールが壊れちゃったのかな?と思いましたが、そんなはずはありません。

バンドル回転を阻害するほどの抵抗が、メタルジグに掛かった証拠でしょう。

ラインテンションを取り除いてから、目いっぱいフッキングしてやると、ラインが真横に走っていきます。

それからいきなりボトムに張り付いたようになって、どんなにハンドルを回そうとしても、我が身が波打ち際に寄せられていくばかり。

まるでビニール袋にルアーが引っ掛かって動かない感触でしたから、もしやと思ってロッドを垂直に立てて何度か煽ってみると、じわじわとこちらに寄ってきます。

ああ、招かざる客・アカエイでした。

どうりで全く動こうとしないはずです。

サーフエリアはもちろん、メタルジグをキャストするスタイルの釣りでは、エイが釣れてしまうケースが結構発生しますよ。

大きいものでは、しっぽの先までで全長1メートルを超えるものが生息していますから、じゅうぶんに注意してください。

特にメタルジグを口から外す際に、しっぽの先端から突き出ている毒針に刺される可能性があります。

何度か刺された経験がありますが、傷口をこじ開けられるような激痛が伴ないますので、むやみに魚体に触れないようにして、フックを外しにかかりましょう。

友達がそばにいれば、しっぽを踏んでおいてもらうのが危険回避になるはずです。

切り取ってしまう人もいるようですが、どうせ逃がすのならそれはちょっと可哀想かもしれませんね。

ショアジギング用おすすめメタルジグ③メジャークラフト・ジグパラショート

20グラムから60グラムまでラインナップされている、とても使いやすいショアジギング用メタルジグです。

基本に忠実に作られていて、キャストフィールもリフト&フォールの操作性もいいですね。

加えて安価でコスパ優秀なところも、アングラーを喜ばせる大きな理由になっているでしょう。

メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ ショート

メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ ショート

参考価格:¥673

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

8fのロッドで使ってますが、投げやすく飛距離がでます!
今のところ、ヒラメ、メバル、カマスが釣れました。
ただ巻きでも使えて楽です!
ピンク最強。

出典:amazon

ジグパラショートなら、小型の樹脂ケースに入れて、ゲームベストのポケットに収納することができます。

スナップやスプリットリングなどの小物類も一緒に持ち歩きながら、さまざまなポイントを巡ってみましょう。

ショアジギング用おすすめメタルジグ④メジャークラフト・ジグパラスロー

メジャークラフトのメタルジグ・ジグパラスローは、10グラムから60グラムまで用意されている、ショアスロージギングを実践するためのアイテムです。

とにかく操りやすくてよく釣れるので、ジギング初心者の方におすすめですね。

メジャークラフトのメタルジグは、どのタイプもよく泳いで魚を誘ってくれますから、安心して使うことができますよ。

メジャークラフト ジグパラ スロー 50g (major-slow50)

メジャークラフト ジグパラ スロー 50g (major-slow50)

参考価格:¥697

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

初めて青物を釣り上げたのがこのジグでした。ビギナーの私はジグアクションが分からなかったため、上げて落とせばいいこのタイプのジグを購入しました。
釣れた魚はショゴでした。魚が首を振ってそれが竿に伝わるあの感触…ドラグは本当に出るんだと実感したあの感動…それまでサビキやエサで小物しか釣ってこなかった私は、このジグによってジギングの世界に惹き込まれたと言っても過言ではないでしょう。

出典:amazon

メジャークラフトには、有名なヒロセマンこと広瀬達樹さんが所属しています。

彼が実践するショアジギング解説は、初心者によく分かるよう噛み砕いた表現のオンパレード。

「うわ、これならボクにもできるかも!」と感じさせてくれる丁寧さが、素晴らしいですね。

使っているロッドは、メジャークラフト製品ですからコスパ優秀なものばかり。

メタルジグもメジャークラフト製で、とても扱いやすいと評判です。

実際にジグパラスローの50グラムをキャストしてみましたが、よく飛んでくれますし、リトリーブを開始しても抵抗を感じずに手前に寄せて来れます。

水面に近づけてから落とし込むという、リフト&フォールを繰り返していると、ソーダガツオや小型のハマチ・エソなどがカンタンに掛かってくれます。

歯の鋭い魚にひんぱんにバイトされても、表面の塗装がすぐに剥がれ落ちることはなく、長いスパンで使い続けることのできるおすすめアイテムだといえます。

ショアジギング」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング