バス ルアー 写真

リフト&フォールのやり方って知ってる?冬から春のバス釣りに欠かせない必釣テクニックに迫る!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、リフト&フォールを駆使してバスを釣ったことがありますか?

水温の低下により沖合いの底付近に集まっているバス。

これに活性スイッチを入れて、ルアーを食わせる有効テクニックです。

そのやり方や特徴、実釣バス釣り動画をご紹介しましょう。

リフト&フォールとはどんなテクニックなの?

リフト&フォールとは、ルアーを投げて着底させた後、ロッドをタテ方向にしゃくり上げることでリフトさせたり、おろすことでフォールさせたりすることです。

これをくりかえして魚を誘うアクションを、リフト&フォールと呼んでいますよ。

実感として、リフトのときよりもフォールのときに、バスはルアーに食い付いているケースが多いでしょう。

バス釣りで多用するテクニックのひとつですので、確実にマスターしてくださいね。

リフト&フォールの特徴と使用するルアーをチェック

このテクニックでは、ルアーが着底している状態から一気に飛び出すときに、バスに振り向いてもらわなければなりません。

そこでバスの興味が増すように、音や光・生命感のある波動を発するルアーがおすすめとなります。

音や光・波動といえば、やはりバイブレーションプラグ。

それから生命感といえば、ラバージグ+ワームの組み合わせを選びたいものです。

やり方の基本はタテにロッドを振り上げることから

バイブレーションプラグもラバージグも、リフト&フォールで操ることが可能です。

硬めのロッドをしっかり振り上げて、ルアーをリフトするようにしましょう。

そこからフォールさせていくときには、ロッドをゆっくり前倒しにしながら、ラインを自分の真正面に持ってくるようにします。

ルアーと釣り人をつなぐラインが、常に最短距離になるように、ラインを張らず緩めずの状態にしておくと、バスのアタリが伝わってきやすいですよ。

実際のやり方に関する分かりやすい解説動画を観てみましょう。

厳寒のフィールドで分かりやすく解説しているバス釣り動画はこちら

リフト&フォールには、硬くて長めのロッドが必要になります。

ルアーの飛距離を出すためと、着底している状態から一気にリフトするためです。

ラインは水に沈みやすいフロロカーボンラインがおすすめ。

扱いやすいようにしっかりタックルセッティングしながら、テクニックを身につけるようにしましょう。

おすすめアイテムのご購入はこちら

詳細はこちらをご覧ください。

詳細はこちらをご覧ください。

バイブレーションの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング