ルアーのアップ写真

バックファイヤー65で大型チヌを釣りたい!バスデイのチニングポッパーの使い方

FISHING JAPAN 編集部

水温が上昇すると、チヌやキビレが汽水域のシャローエリアに入って来て、捕食活動を積極的にスタートさせます。

そんな状況で活躍してくれるのが、バスデイからリリースされているフローティングポッパー・バックファイヤー65です。

いったいどんなスペックに設計されているのか、使い方も含めてご紹介しましょう。

バックファイヤー65とは

バックファイヤー65とは、バスデイからリリースされている、チニングゲーム用のフローティングポッパーのことです。

全長は、65mmと、とてもコンパクトでスリムな外観になっています。

ウエイトは、7.5gもあるので、スピニングタックルならロングキャストできますし、ベイトタックルでもじゅうぶん操れます。

フックは、8番サイズのトレブルフックが、お腹側と最後尾に付いています。

スプリットリングのサイズは、3番です。

バックファイヤー65のスペックとして最も注目したいのが、各アイを貫通ワイヤーでつないでいる、ワイヤースルー構造であること。

これにより、硬い歯で噛むチカラの強いチヌに、ルアーボディを割られても、バラさずにランディングに持ち込むことができます。

チニングゲームをおこなっていると、弱いルアーならフックのヒートンが抜けてしまうことがあります。

チヌ・キビレの暴れっぷりは凄まじく、ルアーボディが割られて浸水してしまうケースも。

そういった事態を想定して、バックファイヤー65では、ワイヤースルー構造を採用しているわけです。

オフショアキャスティングゲーム用のダイビングペンシルやポッパーも、この構造をひんぱんに採用していますから、とても理にかなった手法だといえるでしょう。

過去にバルサウッドボディのポッパーでチニングゲームをおこなった際、ボディはチヌに噛まれて凹みましたが、同じワイヤースルー構造だったので、バラシは防げました。

体長50cmを超えるトシナシサイズのチヌなら、ルアーが壊されてしまう危険性が膨らみます。

バックファイヤー65なら、安心してチニングゲームを楽しめるのではないでしょうか。

バックファイヤー65を実際にフィールドで使ってみた!

バックファイヤー65を実際にフィールドでキャストしてみました。

出向いたのは、河川の河口域近くに広がっている、汽水域。

堰ひとつ越えると、淡水域になる場所で、チヌ・キビレの生息している数は、かなり多いように感じます。

河川の本流よりも、そこに流れ込む支流や水路に、魚が入り込んでいます。

特にアジ・イナッコなどの姿が群れで確認できる場所には、チヌ・キビレ・シーバスの姿が。

アングラーの立ち位置は、足場の高い護岸で、足元まで丁寧にスプラッシュを上げ続けていると・・ガボッ!と豪快なバイトが!

フックの掛かりはバッチリで、リアフックに掛かる比率のほうが高くなりました。

合計15種類のカラーバリエーションからお気に入りのタイプを選ぼう!

バックファイヤー65には、全部で15種類のカラーバリエーションが用意されています。

●M-14 アカキン

●M-269 フルメタルカタクチ

●H-127 カタクチ

●HH-16 ハイトホロイワシ

●HH-307 GPイワシCB

●WH-371 チャートバックイワシ

●HF-119 シバエビ

●HF-348 ルビーグレープ

●C-120 クルマエビ

●C-350 クリアーキャンディー

●P-161 スパークリングトロピカーナ

●P-195 ピンキーⅡ

●P-196 チャートグリーン

●P-198 スパークオレンジ

●P-370 ピンクヘッドパール

バックファイヤー65をキャストするのにおすすめのスピニングロッドを選んでみた!

バックファイヤー65をロングキャストして操るのに向いている、おすすめのスピニングロッドをご紹介しましょう。

シマノ(SHIMANO) チニングロッド 20 ブレニアス BB S70ML ブリームゲーム クロダイ キビレ テクニカルプラッギング

シマノ(SHIMANO) チニングロッド 20 ブレニアス BB S70ML ブリームゲーム クロダイ キビレ テクニカルプラッギング

最安値価格
¥13,179(Yahoo!)

Amazonへ ¥13,587

楽天市場へ ¥14,800

Yahoo!へ ¥13,179

シマノからリリースされているチニングゲーム用スピニングロッド・ブレニアスBBシリーズのラインナップから、S70MLを選んでみました。

全長は2.13mなので、ロングキャストはもちろん、正確にピンポイントを撃ち抜くアキュラシーキャストにも向いています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は109.5cmにまで縮まります。

ウエイトは102gと軽めで、ブランクスの先径は1.5mmです。

適合するルアーウェイトは、3gから18gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.4号から1号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95.4%になっています。

実際に手に取って継いでみると、とても張りのあるブランクスだと感じました。

ロッドティップに負荷を掛けると、とてもしなやかに曲がろうとします。

これならチヌのショートバイトを弾かずに、フッキングに持ち込めるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

バックファイヤー65を駆使して初夏のチニングゲームを満喫しよう!

バックファイヤー65の特徴や使い方、おすすめのスピニングロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、1,793円です。

ワームリグとのローテーションを試しながら、活性高めの初夏のチヌ・キビレを釣り上げてください。

チニングの関連記事はこちら

チニング」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング