魚のアップ写真

チニングタックル特集!どんなものを使えばチヌが釣れるの?おすすめアイテムをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

河川や防波堤・磯場周りでチヌを狙うチニングゲームが、多くのアングラーによっておこなわれています。

いったいどんなタックルを使って釣り上げているのか、興味津々ですよね。

ここでは、チニング用タックルについて、詳しくご紹介しましょう。

エサ釣りではなくルアーを用いますから、キャスタビリティに優れていてフッキングパワーのあるロッドや、チヌの引きにも負けないリールが必要になってきます。

PEラインを巻くならショックリーダーも要りますし、太いラインを使うならベイトリールがおすすめです。

タックルボックスに入れておく小物類も、気になりますよね。

チニング用タックルとは

チニングゲームに使うタックルとは、チヌ釣りに適しているサイズや強度を持ち合わせた釣具のことです。

まずはサイズから。

チヌの口に注目してください。

大型のトシナシと呼ばれるチヌでも、ルアーを丸ごと吸い込んでもらおうと思ったら、サイズをコンパクトにしなければ入りません。

口の外掛かり狙いでは、いつバレるか分かりませんから、おすすめできるアプローチとはいえないでしょう。

特にチヌは、吸い込むよりも噛み付くケースの多い魚なので、一瞬でハリ先が口の中に入ってくれるサイズのルアーを用意する必要があります。

ボトムを這うように作られている専用ジグヘッドが、どれもコンパクトなデザインに統一されているのは、チヌの口に合わせていたからなのです。

当然ポッパーやミノーなどのハードルアーも、小さいほうが釣れるでしょうし、ジグヘッドへ装着するトレーラーワームもコンパクトなものが数多くラインナップされています。

カラーにもこだわりながら、チヌの口サイズにマッチしたルアーを選んでください。

フックやロッド・ラインに求められる強度

チニングタックルには、強度が求められます。

例えば、フック。

チヌのアゴの力は強烈で、貝殻程度ならバキバキ割りながら中身を食べてしまうほど。

ですから、ヤワなフックだとカンタンに曲げられてしまいますし、硬い口周りの肉に貫通することができないでしょう。

フッキングするためという観点から、使うロッドやラインにも強度が求められます。

硬過ぎるとチヌのバイトを弾いてしまいますから、ある程度曲がり込むロッドティップと、フッキングレスポンスをアップさせるための強靭なバットが不可欠なのです。

他の釣りのロッドを転用することもできますが、チニングゲームを楽しむための専用ロッドが各メーカーからリリースされているので、そこから適切なものを選んでみましょう。

ラインは、太目であれば根ズレに強く、大型チヌでもランディングに持ち込むことができます。

ただし、太くし過ぎれば、チヌの食いが極端に落ちてしまいますから、釣り場のシチュエーションに合わせて使い分けてください。

これから増えていくチニングタックル

チニングゲームに使うタックルは、まだまだ発展途上です。

他の釣り方、ソルトでいえばシーバスゲームと比べても、選べるタックルの数が限られているというのが現状でしょう。

チヌを狙っているアングラーがこんなに増えているのに、ちょっとおかしな現象ですよね。

当然足りないものは他で補いますから、チニングアングラーのタックルボックスを見せてもらうと、バス釣りやシーバスゲーム用のタックルが結構多めに入っていることが。

いろいろと工夫しながらチニングを楽しむことで、アングラー個々の経験がメーカーにフィードバックされるはずです。

将来的にもっと多くのチニングタックルが釣具店に並んで、そこから選べるような環境になることが望ましいでしょう。

チニングタックルからおすすめのアイテムをチェック!

チニングタックルとして適している、おすすめのアイテムをご紹介しましょう。

まずはロッドから。

最近ではベイトタックルを用いるアングラーを、あちこちの釣り場で見かけるようになりましたが、ひと口サイズのコンパクトなルアーをキャストするなら、やはりスピニングタックルは欠かせませんよね。

メジャークラフト 2代目ソルパラX クロダイ ロッド SPX-782ML黒鯛 -7.8フィート(約237cm)

メジャークラフト 2代目ソルパラX クロダイ ロッド SPX-782ML黒鯛 -7.8フィート(約237cm)

最安値価格
¥6,435(Yahoo!)

Amazonへ ¥6,865

楽天市場へ ¥6,864

Yahoo!へ ¥6,435

コスパ優秀なアイテムを豊富に作り出しているメジャークラフトから、チニング専用のスピニングロッドがリリースされています。

長さは7.8フィートと長めですが、チヌの強烈な引きに耐えるつもりなら、これくらいの長さのほうがさばきやすいでしょう。

2ピース仕様でレギュラーファーストアクション、小型のジグヘッド+ワームでもボトムで繊細にアクションさせることが可能です。

適合ルアーウエイトは、2グラムから15グラムまで。

これならジグヘッドからトップウォータープラグまでカバーできそうです。

実際に手にしてみると、ロッドティップがとてもしなやかで軽い負荷でもしっかり曲がるようになっています。

これならチヌのショートバイトも弾かずに、確実に口の中へルアーを送り込めるでしょう。

よく曲がるのでややパットパワーは弱いかな?と思っていたのですが、35センチを超えるキビレを数枚釣っても伸されてしまうようなことはありませんでした。

ガイドは全てステンレスフレームで、強度はじゅうぶん。

不意の大物が掛かっても、慌てずに対処しながらランディングに持ち込みましょう。

ちなみにチニング用ポッパーをキャストして水面で躍らせてみると、移動距離が極端に短いことに気づきました。

ロッドティップが効率よく曲がって、トゥイッチなどのロッドワークのたびに適度なラインスラックを発生させていたのです。

チニングゲーム初心者の人にも優しい、安い実売価格設定(7千円前後)ですから、他のタックルとともに同時購入してみてはいかがでしょうか。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C3000XG バーサタイル

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C3000XG バーサタイル

最安値価格
¥5,161(Yahoo!)

Amazonへ ¥18,597

楽天市場へ ¥19,151

Yahoo!へ ¥5,161

シマノから発売中のスピニングリール・ストラディックのC3000番です。

エクストラハイギアモデルなので、ハンドル1巻きで94センチものラインを巻き取ることができますよ。

これならロングキャストして遠くのポイントを攻めても、すぐに回収して次のポイントへルアーを送り込むことが可能ですよね。

ラインキャパは、PEライン1.5号で270メートルも巻けます。

さまざまなポイントを広く探るのに、じゅうぶんな糸巻き量といえるでしょう。

実際に使ってみると、巻き心地はスムーズで滑らか。

ただ巻きで誘っている最中の、ちょっとした引っ掛かりや変化も手元に伝えてくれます。

剛性も高く、大型チヌが掛かってやり取りをし続けても、巻き心地に変化は表れません。

それどころか、ドラグによるラインの放出と留めにメリハリがあり、長時間のファイトにも安心感が崩れることはないのです。

このC3000番にすれば、チニングからシーバスゲームやライトショアジギングへの転用も容易。

幅広くライトソルトゲームを楽しみたい人に、おすすめのスピニングリールに仕上がっています。

実売価格は2万円を下回るぐらいですから、長く使えてリーズナブルなスピニングリールを探している人にピッタリですね。

クレハ(KUREHA) リーダー シーガー フロロショックリーダー 30m 12lb

クレハ(KUREHA) リーダー シーガー フロロショックリーダー 30m 12lb

最安値価格
¥359(Yahoo!)

Amazonへ ¥523

楽天市場へ ¥364

Yahoo!へ ¥359

クレハからリリースされている、ショックリーダーラインです。

素材はフロロカーボンですから、水にしっかり沈んでいく特性を持ち合わせていますよ。

3号から4号の間ぐらいでショックリーダーラインを選んでおくと、ルアーのアクションを阻害せずに根ズレにも強い状態を作り出すことが可能です。

チヌは、ボトムに牡蠣ガラなどが密集したエリアを好みますから、ショックリーダーラインに掛かる負荷は相当なもの。

傷み具合を常にチェックしながら、時には積極的に結び換えつつキャストを繰り返してください。

ラインの表面を指で触った際、ザラついていたらすぐに交換したほうがいいでしょう。

魚にラインを噛まれるケースもありますから、じゅうぶん注意してチニングゲームを展開してください。

結び方は、FGノットが基本ですから、しっかり覚えて活用してみましょう。

チニングタックルを使いこなして大型チヌを釣り上げよう!

チニングタックルの種類や特徴、おすすめのアイテムをピックアップしましたが、いかがでしたか?

チヌの繊細なアタリを弾きたくない人は、ロッドティップが柔らかいものを選んで使ってみましょう。

信頼できるスピニングリールを装着し、ショックリーダーラインの結び換えをひんぱんにおこなえるようになれば、チニングゲームを楽しめるようになりますよ。

チニングの関連記事はこちら

チニング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング