ルアーのアップ写真

ジェットローに2024年追加ウエイト登場!ショアキャスティング用人気アイテム【ジャッカル】

FISHING JAPAN 編集部

まるで投げ釣りのジェット天秤のようなフォルムの本体に、マイクロベイトのようなバディがラインで連なっている、ジャッカルのショアキャスティング用アイテム・ジェットロー。

2024年には、待望の追加ウエイトが、軽いタイプ・重いタイプでラインナップされます。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

ジェットローとは

ジェットローとは、ジャッカルから発売中の、ショアキャスティング用の天秤に似た便利アイテムのことです。

日本古来の漁具であるヒコーキをモチーフにして、ロングキャストできるよう天秤状にカスタムしたものです。

本体の左右からウィングが伸びていて、激しい水飛沫を発生させることができます。

これが、ベイトフィッシュの群れやナブラを演出することになり、広範囲から青物などのフィッシュイーターたちを呼び寄せます。

そしてこの本体にラインで連なっているのが、バディ。

曳縄漁で使われてきた伝統の漁具・弓角をベースに、ルアーのようにカスタマイズしています。

バディの湾曲したボディは、スプーンのようなアクションで誘いをかけることができます。

フックは、リング接続による可動式で、バラシを抑える役割を果たします。

ジェットローの既存モデルは、本体のウエイトが、35gと45g。

35gは、サーフや足場の低い堤防で使いやすく、45gは、強風・荒天時や沖堤防などの足場の高い釣り場で最適です。

本体からバディまで、全長約160cmになる設定で組まれていて、10ft前後のロッドで快適にロングキャストや操作ができるようになっています。

そして2024年には、既存モデルより軽いタイプと重いタイプの2種類が追加されます。

まずは、軽いタイプ・ミニの詳細から。

ウエイトは、25g。

8ftから9ft台のエギングゲーム用タックルやシーバスタックルで、快適に扱うことができます。

本体からバディまでの全長は、約100cmの設定です。

バディは小型化=40mmとコンパクトになっており、メッキやツバス・シオ・カマスなどの身近な小型回遊魚をターゲットにできます。

エギングゲームでは、ターゲットはアオリイカやコウイカにならざるを得なかったのですが、ジェットローをタックルボックスに入れておけば、同じ磯場から同じロッド・リールで、イカ以外の魚を釣ることができます。

これはなかなか画期的なことで、釣りの幅を一気に拡げてくれることになります。

磯場に持ち込むタックルの本数も減らせるので、エギングアングラーがジェットローを持参するのが、定番スタイルになるのではないでしょうか。

超ロングキャストが狙える60g/80gのジェットローも新登場!

ジェットローに2024年追加されるもうひとつは、重いタイプ。

なんとウエイトは、60gと80g。

10ft以上のロングロッドを使って、超ロングキャストに挑むことができます。

最大100mを超える飛距離を、狙えるのではないでしょうか。

本体のサイズがアップしたことで、アピール力も大きくなっています。

より広範囲からフィッシュイーターたちを呼び込むことができ、バディはオリジナルサイズの50mmを標準で装備しています。

ジェッローの使い方は、ただ巻きリトリーブのスピードを上げていき、本体が水面に出て水飛沫を左右に撒き散らす状態を作ることが基本です。

水中を探るショアジギングとは、明らかに異なる刺激を与え続けることが可能になるのです。

合計3種類のカラーバリエーションをラインナップ!

ジェットローの本体+バディのセットには、3種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●シラスセット

●アカキンセット

●アピールセット

バディのミニサイズには、合計6種類のカラーバリエーションが用意されていて、バディ単体で2024年6月以降に販売予定です。

こちらのリリースも、楽しみに待ちましょう。

ジェットローをロングキャストするのにおすすめのスピニングタックルを選んでみた!

ジェットローをショアからロングキャストするのに向いている、おすすめのスピニングタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、10ftを超えるブランクスを持った、ショアジギングゲーム用のスピニングロッドがマッチします。

リールは、4000番サイズ以上のスピニングリールなら、ロングキャストをカバーできるラインストック量を保持可能になります。

シマノ(SHIMANO) ロッド ネッサ BB S1002MH パワーロッド ヘビーウェイトルアー サーフゲーム ヒラメ

シマノ(SHIMANO) ロッド ネッサ BB S1002MH パワーロッド ヘビーウェイトルアー サーフゲーム ヒラメ

最安値価格
¥14,575(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

Yahoo!へ ¥14,575

シマノからリリースされているサーフゲーム用スピニングロッド・ネッサBBシリーズのラインナップから、S1002MHを選んでみました。

全長は3.10mもあるので、ロングキャストするのに向いているでしょう。

3ピース仕様ですから、仕舞寸法は110.3cmにまで縮まります。

これならさまざまな釣り場へ持ち込みやすいですし、クルマに積み込むのも楽でしょう。

ウエイトは186gと軽めで、ブランクスの先径/元径は2.4/16.2mmと太めです。

適合するメタルジグウエイトは、最大で52g。

適合するラインは、PEラインなら0.8号から2.0号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95.5%に設計されています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて振りやすいブランクスだと感じました。

ガチガチのショアジギングゲーム用スピニングロッドではないので、しなやかなテイストがしっかり残っています。

胴に乗せて緩やかにジェットローを飛ばしたい人に、ちょうどいいでしょう。

2024年にリリースされるジェットローの重いタイプをロングキャストするつもりなら、本格的なショアジギングゲーム用スピニングロッドも検討しましょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

サーフから防波堤まで、さまざまなシチュエーションで使いこなしてみましょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 汎用 アルテグラ 2021 C5000XG ショアジギング ショアキャスティング シーバス

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 汎用 アルテグラ 2021 C5000XG ショアジギング ショアキャスティング シーバス

最安値価格
¥13,965(楽天市場)

Amazonへ ¥14,006

楽天市場へ ¥13,965

シマノからリリースされている汎用型スピニングリール・アルテグラシリーズのラインナップから、C5000番サイズのエクストラハイギア仕様を選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1巻きにつき101cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、6.0/11.0kgです。

ウエイトは285gで、スプール寸法は直径/ストロークが52/19mm。

ラインキャパは、PEラインなら2.0号を300m、モノフィラメントラインなら4.0号を190m巻けます。

ハンドルアームの長さは55mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても剛性感があり、ハンドルの巻き心地は滑らかそのものです。

ローターの回転もスムーズですから、ラインスラックが発生しても、すぐに回収できるでしょう。

ハンドルノブは握り込みやすく、大型魚が掛かってもパワフルに引き寄せられるはずです。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

C5000番サイズのスピニングリールがあれば、サーフヒラメゲームやショアジギングゲームも楽しめるので、ぜひ購入を検討してみてください。

ジェットロー追加ウエイトの気になる発売日はいつ?

ジェットロー追加ウエイトの気になる発売日は、2024年の6月以降を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,980円から2,420円です。

これまで獲れなかったフィッシュイーターたちも、このジェットローによるマイクロベイトの誘いなら、口を使ってくれるかもしれません。

キャストして着水する瞬間に軽くサミングを入れると、本体とバディが絡み付くトラブルを防げるでしょう。

新製品の関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング