ルアーのアップ写真

コスモに2024年新カラー追加ラインナップ!人気のバス釣り用スモラバ

FISHING JAPAN 編集部

繊細な誘いをかけられるコンパクトなラバージグ=スモラバの中で、とても人気の高いのが、ボトムアップのコスモです。

水中でキレイにフレアするシリコンスカートには、繊細でキリリとした生命感が宿ります。

2024年には、新しいカラーバリエーションが追加ラインナップ。

その特徴や使い方について、分かりやすくご紹介しましょう。

コスモとは

コスモとは、ボトムアップから発売中の、バス釣り用スモラバのことです。

ウエイト設定は、計4種類用意されています。

軽いほうから、1.3g・1.8g・2.5g・3.3g。

スピニングタックルやベイトフィネスタックルで操りやすく、さまざまな釣りシーンで活躍してくれます。

コスモには、独特なカタチをしたヘッドパーツが配置されています。

中層にぶら下げたとき、ナチュラルな水平姿勢をキープできるバランスに仕上がっています。

ボトムに置いたとき、横倒れしにくい重心バランスと形状が与えられていて、素材には樹脂タングステンが使われています。

ウエイトが個々に刻印されているので、見分けしやすいです。

そのヘッドパーツから、ブラシガードが伸びていて、フックポイントをカバーしています。

余裕をもった本数が刺さっていて、アングラーが意図的にカットすることで、釣り場のシチュエーションに応じた調整が可能です。

カバーが薄く感じたら、ブラシガードの本数をカットして減らせばいいわけです。

折り曲げて使うこともできますし、ウエイトごとに本数は変えられています。

コスモに装着されているフックは、サビに強く、摩擦軽減によって貫通性能に優れています。

バリバスブランドのノガレス・アンチラスト+ゼロフリクションフックを採用しています。

ヘッドパーツに配置されているラインアイは、ヘッドとの境界を滑らかに仕上げてありますから、スタックしてもカンタンにスリ抜けできるでしょう。

ラインの結び目が、あまりズレないように工夫が施されたラインアイです。

コスモのスカートには、躍動感のあるアクションにつながる太さと弾力が与えられていて、水中で艶めかしくフレアしてくれます。

コスモの実釣インプレはこちら!

コスモを実際にフィールドで使ってみました。

トレーラーワームには、ボトムアップからリリースされている、M.P.S2.4を装着。

スカートとは異なる張りか備わっているワームで、まるでエビのような甲殻類そっくりのアクションを発生させます。

水中をフォールさせると、しっかり水をつかんでくれるので、ゆったりとした落ち方に。

途中で沈木の枝などに乗り上げても、軽くロッドティップを揺らすだけで、外れて再度フォールしてくれます。

バスがコスモに襲い掛かるとき、バイトは激しく明確なので、手元にその振動が伝わりやすいです。

ガツッ!という勢いのあるバイトなので、ほぼ丸飲み状態になりがちです。

当然ブラシガードは曲がり込み、フックポイントはオープンに。

刺さりはバツグンで、バスの口の中の薄皮に食い込む感じになります。

これまで使っていて、コスモが吐き出された経験はありません。

小動物だな!と認識して食い付いているからでしょうか。

水門周りのような、人工のストラクチャーが絡む水深のある場所が、コスモの活躍場所といえそうです。

きっちりとボトムを取ってから、繊細なロッドワークで誘いをかけてみてください。

合計3種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

コスモには、2024年新しい3種類のカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

●スモーキンベイツカラー

●ライムシュリンプカラー

●K.O.ブルーフレークカラー

どの配色も水に馴染む感じに仕上がっていて、リアルてナチュラルな誘いをかけたいときに重宝するでしょう。

コスモを水中で漂わせるのにおすすめのタックルを選んでみた!

コスモをキャストして水中で艶めかしく漂わせるのに適している、おすすめのスピニングタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、繊細に振りやすい軽量ブランクスのスピニングロッドがマッチします。

リールは、2500番サイズ程度のスピニングリールなら、0.6号前後のPEラインを扱いやすいでしょう。

PEラインの先端には、2号前後の太さを持ったフロロカーボン素材のショックリーダーラインを結んでください。

ひとヒロ程度の長さがあれば、カバーに擦れても気にせずに、アプローチを続けられるでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 22 エクスプライド 261UL-S

シマノ(SHIMANO) バスロッド 22 エクスプライド 261UL-S

最安値価格
¥19,894(楽天市場)

Amazonへ ¥21,305

楽天市場へ ¥19,894

シマノからリリースされているバス釣り用スピニングロッド。エクスプライドシリーズのラインナップから、261UL-Sを選んでみました。

シマノオリジナルのソリッドティップ・タフテック∞を搭載し、繊細な誘いをかけやすいように作られています。

全長は1.85mなので、取り回ししやすいでしょう。

2ピース仕様ですが、グリップジョイント方式を採用しているので、仕舞寸法は157.2cmと長めです。

ウエイトは82.0gと軽めで、ブランクスの先径は0.9mmです。

適合するルアーウェイトは、最大で6gまで。

コスモの各ウエイトなら、柔軟に使いこなせるでしょう。

適合するラインは、PEラインなら0.6号程度で、モノフィラメントラインなら2lbから4lbまで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.1%に設計されています。

実際に手に取ってみると、とても軽くてシャープな張りのあるブランクスに仕上がっていると感じました。

グリップはとてもスリムなので、各種ロッドワークを繰り出しやすいでしょう。

小刻みなシェイクを繰り返しおこない、ラインのたるみを上手く活かして、コスモを操ってください。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

シマノのエクスプライドシリーズには、ソリッドティップを活かしたロッドが多く、安心して選び使えるでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 ナスキー 2500SHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 ナスキー 2500SHG

最安値価格
¥8,499(楽天市場)

Amazonへ ¥8,649

楽天市場へ ¥8,499

シマノから発売されている汎用型スピニングリールナスキーシリーズの中から、2500番サイズのハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき91cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力は2.5kgで、最大ドラグ力は4.0kg。

ウエイトは240gで、スプール寸法は直径/ストロークが、46.5/14.5mmです。

ラインキャパは、PEラインなら0.6号を200m、モノフィラメントラインなら5.0lbを110m巻けます。

ハンドルアームの長さは55mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とてもコンパクトでハンドルの巻き心地も滑らかに感じました。

ローター回転もスムーズなので、ラインスラックが発生しても、素早く回収することができるでしょう。

実売価格は8千円台と、とても低価格な設定になっているのが嬉しいです。

これから釣りを始めるつもりなら、このスピニングリールから手にするのもいいかもしれません。

ラインローラー周辺に、水中のゴミなどが溜まりやすいので、釣り場から帰宅したら真っ先に真水で洗浄しましょう。

タオルで拭いて自然に乾燥させたら、軽くオイルを浸透させておきましょう。

コスモ追加カラーの気になる発売日はいつ?

コスモ追加カラーの気になる発売日は、2024年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、各ウエイトともに715円です。

ウエイトを変えることで、フォールスピードが切り換わります。

バスが反応しやすいスピードは、釣り場や環境によって異なるので、まずはその辺から探ってみましょう。

新製品の関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング