ジグヘッドのアップ写真

ティクトのジグヘッドを使ってみた!使い方やおすすめロッド&リール特集

FISHING JAPAN 編集部

アジングやメバリング向けの釣りアイテムを豊富にリリースしているのが、アングラーからの支持も熱いティクトです。

アジングロッドのSRAMシリーズや、メバリングロッドのアイスキューブシリーズを使ってきましたが、中でも注目なのは、ジグヘッド。

ここでは、ティクトが開発・販売しているジグヘッドから、ブルヘッドシリーズをピックアップしてみましょう。

ティクトのジグヘッド・ブルヘッドシリーズとは

ティクトからリリースされているジグヘッドの中で、よく知られているのは、コンパクトでオープンゲイブな金針のアジスタでしょうか。

釣り場で使っているアングラーをよく見かけますし、アジの反応も良好です。

でもこのアジスタに匹敵するぐらい、扱いやすいジグヘッドがラインナップされています。

それが、ティクトのブルヘッドなのです。

ブルヘッドは、ヘッドパーツ部分が、なんと凹んだデザインに作られています。

大きく口を開けたような部分に、前方からの水流はしっかり当たることに。

当然制動がかかろうとしますが、シンキングタイプのジグヘッドですから、重力による押しも加わって、そのまま前方+下方へと押し進むでしょう。

その際に発生する絶妙な抵抗感が、このブルヘッド最大のメリットです。

凹みをカップとすれば、この形状のヘッドパーツが、リトリーブの際の引き抵抗を増やします。

それにより、よりスローな誘いを仕掛けることができるのです。

まるで重機のブルドーザーのように、前方の水を押して波動を生み出し、周囲を泳いでいるアジを振り向かせるでしょう。

軽いウエイトになっても、カップ形状による水の抵抗が、使用感を確かなものに変えてくれます。

そのままフリーフォールさせると、フラットなボトムならカップ面を下にして垂直に立つかもしれません。

このボトムステイによるアピール力も強力で、細身のストレートワームでもよく目立つことに。

しかもフックの形状が、オープンゲイブですから、アジが吸い込んで吐き出すまでに、しっかりとフックアップに持ち込めるはずです。

使われているフックは、強靭でフックポイントが長持ちしてくれる、ハイカーボン仕様+平打ち加工になっています。

そしてワームのズレを抑えるために、フック軸ら凸凹を設けて、ワームが滑りにくく作られています。

細部に渡ってティクトの工夫が盛り込まれていますから、安心してキャストを続けられるでしょう。

ティクトのブルヘッドを実釣インプレ!

ティクトのジグヘッド・ブルヘッドを、実際にフィールドでキャストしてみました。

最も軽いもので、0.6g。

そこにティクトのストレートワーム・アジボッコ2.5inchを装着しました。

キャストフィールは申し分なく、0.3号のPEラインなら飛距離をイメージ通りに伸ばすことができます。

常夜灯周りはもちろん、漁港のさまざまなポイントで、しっかりと手元で抵抗感を得ながら操作することが可能でした。

着底させたときのラインのたるみも判別しやすく、そこからのスローリトリーブでも、アジを誘えるようになっています。

ティクトのブルヘッドに太軸モデル登場!

ティクトのジグヘッド・ブルヘッドシリーズには、太軸+ショートシャンクモデルが用意されています。

その名は、ブルヘッド太軸。

最も軽いもので1.0gですから、ロングキャストからしっかりフッキング動作をするのに向いています。

こちらは、オープンゲイブではありません。

アジはもちろん、メバルにもじゅうぶん対応できるジグヘッドといえるでしょう。

ハイカーボン素材で平打ち加工なのは、きっちり継承されています。

実際にフィールドで試してみると、大きめのカサゴやチヌ・キビレ・メッキ・カマスにも対処できました。

ショートシャンクなので飲まれがちになりますから、ショックリーダーラインが擦れて破断する前に、何度も結び替えをおこなうように努めたいものです。

ティクトのブルヘッドを操るのにおすすめのロッド&リールを選んでみた!

ティクトのブルヘッドをキャストして操るのに向いている、おすすめのロッド&リールをご紹介しましょう。

ロッドは、操作性の高い軽量である程度張りのあるスピニングロッドがマッチします。

リールは、2000番サイズのコンパクトなスピニングリールが使いやすいでしょう。

TICT(ティクト) スラム EXR-60S-Sis

TICT(ティクト) スラム EXR-60S-Sis

最安値価格
¥27,280(Yahoo!)

Amazonへ ¥27,862

楽天市場へ ¥28,900

Yahoo!へ ¥27,280

ティクトからリリースされているアジングゲーム用スピニングロッド・スラムEXRシリーズのラインナップから、 EXR-60S-Sisを選んでみました。

ロッドティップタイプは、カーボンソリッドでよく曲がり込みます。

全長は1.83mで、2ピース仕様。

仕舞寸法は、95cmにまで縮まりますから、釣り場までの持ち運びはとても便利でしょう。

ウエイトは58gと軽めで、ブランクスの先径/元径は、0.7/7.0mmと細めです。

適合するワームリグウエイトは、0.2gから2gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら0.8lbから2lbまでです。

ハイカーボン素材で、ガイドはチタニウムフレーム・Sic-Sガイトリングを採用しています。

このスピニングロッドは、軽量なジグ単向けに作られています。

ショートレングスで、細身かつシャープなブランクスと極細ソリッドティップで構成されています。

漁港内における取り回しの良さはもちろん、フッキングしてからはしっかりと曲がってアジの引きに耐えられるようになっています。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて扱いやすい印象を持ちました。

ガイドには、ラインが絡まりにくく、俊敏な手返しをベースにしたアプローチを繰り出しやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C2000S

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C2000S

最安値価格
¥23,380(楽天市場)

Amazonへ ¥23,402

楽天市場へ ¥23,380

シマノから発売されている軽量コンパクトなスピニングリール・ヴァンフォードシリーズの中から、C2000番サイズのノーマルギアモデルを選んでみました。

ギア比は5.1対1なので、ハンドル1回転につき69cmのラインを回収することができるようになっています。

実用ドラグ力は2.0kgで、最大ドラグ力は3.0kg。

ウエイトは150gと軽めで、ハンドルアームの長さは40mmです。

スプール寸法は、直径が43mmで、ストロークが13.5mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら3lbを125m、PEラインなら0.6号を150m巻けます。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

実際に手に取ってみると、ハンドルの巻き心地はスムーズで滑らかそのもの。

ローター回転の追従性も良好なので、糸フケが発生しても素早く巻き取れるでしょう。

ドラグのレスポンスも良好なので、不意に掛かるギガアジに対しても、安心してやり取りを楽しめるはずです。

実売価格は2万円台と、とても購入を検討しやすい価格帯に収まっているのが嬉しいです。

シマノのスピニングリールは、総じて安定した使用感を維持できるのがメリット。

どのモデルでも、初期性能に近いレベルで使い続けることが可能でしょう。

ティクトのジグヘッド・ブルヘッドを使いこなして尺アジを釣り上げよう!

ティクトのジグヘッド・ブルヘッドシリーズの特徴や使い方、おすすめのロッド&リールをご紹介しましたが、いかがでしたか?

水中をフォールさせているときや、ただ巻きリトリーブを実践しているときに、独特な抵抗感を手元で感じることができます。

それが急に抜けた瞬間が、アジのバイトと判断して差し支えないでしょう。

これは初心者アングラーにとっても、判別しやすいアタリの取り方になるはずです。

ぜひフィールドで、使いこなしてみてください。

アジングの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング