ロッドのアップ写真

ハートランド リベラリストに2024年新しいスピニングロッド2機種追加!

FISHING JAPAN 編集部

ハートランド リベラリストは、村上晴彦さんがプロデュースする対象魚を選ばないルアーロッドです。

これまでに5種類のアイテムがリリースされていますが、2024年にはスピニングロッド2機種が追加ラインナップ。

その特徴や使い方、マッチしそうなスピニングリールについてご紹介しましょう。

ハートランド リベラリストとは

ハートランド リベラリストとは、ダイワから発売中のルアーキャスティングロッドのことです。

バットジョイントの3ピース構造で、仕舞寸法が1m前後と短く収納できるように作られているのが特徴です。

ショルダーベルト付きのセミハードな専用ロッドケースが付いているので、持ち運びがとても便利です。

ファスナーに大きめの持ち手を採用し、開け閉めがスムーズにおこなえるのが嬉しいです。

ハートランド リベラリストには、ESS=エキスパートセンスシミュレーションやSVFナノプラス・X45X・V-ジョイントα・カーボンファイバーの入ったエアセンサーシートが搭載されています。

いずれもダイワの先進技術で、ハイエンドスペックに仕上げられたロッドといえるでしょう。

外観が個性的なフォアグリップは、不意に掛かる大物とのパワーファイトを、有利に運べるアドバンテージを作り出してくれます。

細身で肉厚に仕上げられたブランクスは、ヘラ合わせと相まって、美しい弧を描く曲がりとトルク溢れる状態になっています。

ガイドセッティングは、スピニングロッド・ベイトロッド共に、これまでのハートランドシリーズよりもワンサイズ口径が大きくなっています。

ガイトフレームの耐久性を重視して、ステンレス素材のフレームを採用しています。

ベイトロッドは、オールダブルフットで補強されています。

ルアーキャスティングゲームでは、バスはもちろん、シーバスヒラメ・マゴチ・各種青物などが掛かります。

大きな負荷が強烈に掛かりますから、それにじゅうぶん耐えられるように、 ハートランド リベラリストは仕上げられているわけです。

ハートランド リベラリスト追加モデル・733MLRSS-24をチェック!

ハートランド リベラリストシリーズに2024年追加される2機種について、取り上げてみましょう。

どちらも操作性の高い長さに設計された、3ピース構造のスピニングロッドになります。

●ハートランド リベラリスト733MLRSS-24

全長が2.21mなので、とても取り回しのいいブランクスの長さに設計されています。

細やかなロッドワークを繰り出して、ルアーをアクションさせるのに向いているでしょう。

継数は3本で、仕舞寸法は94cmにまで縮まります。

ウエイトは130gですから、長い時間振り続けても、さほど手首やヒジ・腕などに負担はかからないでしょう。

ブランクスの先径/元径は、1.6/11.6mm。

適合するルアーウエイトは、4gから25gまで。

適合するメタルジグは、最大で30gまでです。

適合するラインは、PEラインなら最大1.5号までで、モノフィラメントラインなら6lbから16lbまでとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率、100%です。

バス釣りから河川のトラウトゲーム、海ならチヌ・シーバス・ロックフィッシュなどが狙えるのではないでしょうか。

ハートランド リベラリスト追加モデル・763MLRSS-24はどんな仕上がりなの?

●ハートランド リベラリスト763MLRSS-24

こちらは、全長が2.29mとやや長めブランクスに設計されています。

そのぶんロングキャストアプローチはしやすくなりますし、繊細なロッドワークもこなせるでしょう。

漁港周辺で、エギングなども含めたマルチパーパスなスピニングロッドとして活躍してくれそうです。

継数は3本で、仕舞寸法は98cm。

ウエイトは132gですから、軽めといえます。

ブランクスの先径/元径は、1.6/11.6mm。

適合するルアーウエイトは、4gから25gまでで、メタルジグなら最大30gまで背負うことができます。

適合するラインは、PEラインなら最大1.5号までで、モノフィラメントラインなら6lbから16lbまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、100%に設計されています。

ボートデッキで青物をターゲットにした、キャスティングゲームやライトジギングゲームを展開できそうです。

ブランクスに一定以上の長さがあることから、曲がって船べりを叩いてしまうトラブルも防げるでしょう。

ハートランド リベラリスト追加モデルに装着したいおすすめリールを選んでみた!

ハートランド リベラリスト追加モデルに装着して使ってみたくなる、おすすめのスピニングリールをご紹介しましょう。

番手でいえば、2500番サイズから4000番サイズぐらいが、マッチするのではないでしょうか。

対象魚を絞り込まずに使いたいなら、3000番サイズがいいかもしれません。

PEラインの1.0号前後をたっぷり巻いて、ロングキャストアプローチできるように準備したいものです。

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス LT2500

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス LT2500

最安値価格
¥8,960(楽天市場)

Amazonへ ¥9,500

楽天市場へ ¥8,960

Yahoo!へ ¥8,960

ダイワから発売されている汎用型スピニングリール・フリームスシリーズのラインナップから、2500番サイズのノーマルギアモデルを選んでみました。

ギア比は5.3対1ですから、ハンドル1回転につき75cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は、余裕の10.0kg。

ウエイトは、200gと軽めの設定。

ラインキャパは、PEラインなら1.0号を190m、モノフィラメントラインなら8lbを100m巻けます。

ハンドルアームの長さは50mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて滑らかな巻き心地を味わうことができました。

ローター回転も軽快そのものですから、糸フケが発生しても素早く回収することが可能です。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されているのも嬉しいです。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 22 カルディアSW 4000-CXH(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 22 カルディアSW 4000-CXH(2022モデル)

最安値価格
¥22,110(amazon)

Amazonへ ¥22,110

楽天市場へ ¥22,499

Yahoo!へ ¥22,499

ダイワからリリースされているSW系スピニングリール・カルディアSWシリーズの中から、4000番サイズのエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき99cmものラインを回収することができるようになっています。

最大ドラグ力は、12kgもあるので、青物が掛かっても安心してやり取りを楽しめるでしょう。

ウエイトは290gで、ラインキャパはPEラインなら、1.5号を200mまで巻けます。

ハンドルアームの長さは、60mm。

ボールベアリングは、6個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても巻き心地のいい滑らかさを保持しているという印象を持ちました。

ラウンドノブは握りやすく、大物が掛かっても安定感のある巻き取りをおこなえるでしょう。

実売価格は2万円台と、とても購入を検討しやすい価格帯に設定されています。

これならショアからのキャスティングゲームや、ボートデッキからのアプローチに使いやすく、さまざまなターゲットと対峙することができるはずです。

ハートランド リベラリスト追加モデルの気になる発売日はいつ?

ハートランド リベラリスト追加モデルの気になる発売日は、2024年の1月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、追加モデルで62,500円から63,000円です。

持ち運びがとても便利なロッドシリーズなので、多くの釣り場で活躍してくれるのは間違いなさそうです。

毎回しっかりと継いで、ガタや緩みのない状態を確認してから、ロッドを振るようにしたいものです。

新製品関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング