リールのアップ写真

23カルカッタコンクエストBFSの実釣インプレ特集!シマノの最新ベイトフィネスリール

FISHING JAPAN 編集部

23カルカッタコンクエストBFSは、2023年シマノから新しくリリースされた、ベイトフィネスリールです。

軽いルアーをトラブルレスで使いたい人に、ベストマッチなリールに仕上がっています。

その特徴や実釣インプレについて、詳しくご紹介しましょう。

23カルカッタコンクエストBFSってどんなリールなの?

23カルカッタコンクエストBFSとは、2023年シマノからリリースされた、丸型デザインのベイトフィネスリールのことです。

ギア比の設定は2種類用意されていて、HGモデルは、7.8対1。

ハンドル1回転につき、71cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

XGモデルは、8.9対1。

ハンドル1巻きにつき、81cmものラインを回収することができるようになっています。

この10cmの差は、実釣において大きな体感差を生むでしょう。

キャストしたルアーは、3g程度なら20mを超える飛距離を叩き出してくれます。

それをリトリーブで回収するのに、XGモデルならかなり素早く巻き取れる感覚になりました。

当然リトリーブスピードも速くなるのですが、表層にルアーのカラーが映るのが見えたら、意図的にリトリーブスピードを落とします。

そうやってベストのレンジをトレースできるように、自分の感覚を調整していけば、快適な手返しの良さをゲットしつつ、魚に対して効果的な誘いもかけられるでしょう。

23カルカッタコンクエストBFSの巻き心地は、とても安定していて、滑らかです。

ひとつ前の23カルカッタコンクエストBFSも使っていましたが、比較するとハンドルの遊び=ガタがほとんど感じられなくなりました。

ボディ剛性は、冷間鍛造フレームですから、かなりハイレベル。

そういうボディ全体のバランスの良さが、至上の巻き心地・使い心地を生み出しているのです。

他のカルカッタコンクエストシリーズより軽い、195gという自重も、快適さに拍車をかけています。

クラッチの切れはスムーズで、ここにもしっかりとした剛性感が備わっているといえそうです。

23カルカッタコンクエストBFSをロッドグリップに装着したとき、その姿勢の低さに驚かされました。

手のひらで包み込みやすく、安定した握り心地で使い続けることができます。

フッキング動作の際に、手のひらでしっかり支えられるリールなので、バラシを抑えることにもつながっていると感じます。

23カルカッタコンクエストBFSのスプールとブレーキシステムに注目!

23カルカッタコンクエストBFSには、新しいスプールと、新しいブレーキシステムが搭載されています。

スプールは、定評のある最新のマグナムライトスプールⅢで、直径29mm・幅19mm。

ブレーキシステムは、NEW FTB。

感動したのは、この組み合わせが生み出す制動フィールです。

バックラッシュトラブルがほとんど発生しませんし、ブレーキの利きを最小限にしたときの、飛距離の伸びが素晴らしいのです。

マグネットパーツの影響が、ほとんど出ないところまで調整できている証しでしょう。

そのおかげで、2gを下回る超軽量ルアーでもキャストできますし、3gを超えるものなら、20mを上回る飛距離が出せて、しかもトラブルレスでした。

23カルカッタコンクエストBFSで多くの魚にアプローチしてみよう!

23カルカッタコンクエストBFSの用途は、多岐に渡っています。

渓流におけるトラウトゲームはもちろん、バス釣りなどにも対応できます。

ソルト対応ボディですから、メバリングやアジングゲームにも使えるでしょう。

圧巻だったのは、メバリングゲーム用のミノープラグに、60cmクラスのシーバスが掛かったとき。

PEラインの0.6号を巻いていましたが、何ら問題なく魚とのやり取りを楽しめて、無事にランディングネットに収めることができました。

その後、チヌやキビレにも襲われましたが、問題なく釣り上げています。

ドラグを調整しておけば、大型魚が掛かっても慌てる必要はなさそうです。

23カルカッタコンクエストBFSを装着して使ってみたいおすすめのロッドを選んでみた!

23カルカッタコンクエストBFSを装着して使ってみたくなる、おすすめのベイトロッドをご紹介しましょう。

まずは、渓流トラウトゲーム用のものから。

ショートレングスで、しなやかなブランクスなら、安定した使い心地を提供してくれるはずです。

シマノ(SHIMANO) ロッド トラウトワン NS ベイト B50UL ウルトラライト

シマノ(SHIMANO) ロッド トラウトワン NS ベイト B50UL ウルトラライト

最安値価格
¥12,800(amazon)

Amazonへ ¥12,800

楽天市場へ ¥13,700

Yahoo!へ ¥14,900

シマノからリリースされているトラウトゲーム用ベイトロッド・トラウトワンNSシリーズの中から、B50ULを選んでみました。

全長は1.52mとショートレングスなので、渓流のような狭い場所でも快適にロッドを振れるでしょう。

アクションはウルトラライトで、2ピース仕様。

仕舞寸法は、78.5cmにまで縮まりますから、さまざまなポイントへ持ち運びやすくなっています。

ウエイトは73gと軽めで、ブランクスの先径/元径は1.4/6.5mm。

適合するルアーウエイトは、1gから7gまでなので、幅広い軽量ルアーを使いこなせます。

適合するラインは、PEラインなら0.2号から0.6号まで、モノフィラメントラインなら2lbから6lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95.5%になっています。

実際に手に取って振ってみると、とてもシャープでしなやかなブランクスに仕上がっているという印象を持ちました。

継目前後のしなりもスムーズで、ガイドにはラインが絡まりにくい感じです。

グリップは細身ですから、しっかりと握り込めてパーミングに安定感が生まれるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

トラウトゲームはもちろん、ライトソルトウォーターゲームにも転用できるのではないでしょうか。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 18 ポイズンアドレナ センターカット2ピース ベイト 163L-BFS/2 バーサタイルベイトフィネス ライトテキサス スモールラバージグ

シマノ(SHIMANO) バスロッド 18 ポイズンアドレナ センターカット2ピース ベイト 163L-BFS/2 バーサタイルベイトフィネス ライトテキサス スモールラバージグ

最安値価格
¥33,975(Yahoo!)

Amazonへ ¥39,111

楽天市場へ ¥34,400

Yahoo!へ ¥33,975

シマノから発売中のバス釣り用ベイトフィネスロッド・ポイズンアドレナシリーズの中から、163L-BFS/2を選んでみました。

全長は1.91mと、取り回ししやすい長さに設計されています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は98cmにまで縮まります。

ウエイトは95gと軽めで、ブランクスの先径は1.7mm。

適合するルアーウエイトは、4gから12gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから12lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.3%に設計されています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて手元感度が高いことが分かります。

シャープで張りのあるブランクスは、負荷がロッドティップにかかると、しなやかに曲がり込んでくれます。

全体的に曲がるというより、ロッドティップ側が極端に弧を描く感じでしょうか。

そのおかげで、微細なアタリでも魚を弾いてしまうことなく、フッキングに持ち込めるメリットを持っています。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に収まっています。

23カルカッタコンクエストBFSを駆使してさまざまなフィッシュイーターを釣り上げよう!

23カルカッタコンクエストBFSの特徴や実釣インプレ、マッチしそうなおすすめベイトロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、59,000円です。

丸型タイプのベイトフィネスリールというのは、とても個性的で、渓流トラウトゲームにオールドABUリールを使っている人などに、受け入れられやすいのではないでしょうか。

キャストフィールは申し分なく、軽量ルアーが狙っているオーバーハングの下に、滑り込んでくれます。

魚が掛かったら、リールハンドルを回すのを止めずに、一気に引き寄せてみましょう。

それにじゅうぶん耐えられるほどの、ボディ剛性を備えているベイトフィネスリールです。

2023年新製品関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

カルカッタコンクエスト」カテゴリの人気記事

DAILYランキング