魚とルアーのアップ写真

シンペンの使い方ってどうすればいいの?シーバスゲームにおすすめのタックルもチェック

FISHING JAPAN 編集部

シンペン=シンキングペンシルをシーバスゲームで多用するアングラーが増えています。

ミノーやバイブレーションルアーにはない、独自のメリットとは何でしょうか。

ここでは、シンペンの特徴や使い方、操りやすいおすすめタックルについてご紹介します。

シンペンってどんなルアーなの?

シンペンとは、細身シェイプで着水すると沈み始める、リップの無いルアーのことです。

外観は細身のミノーそのもので、ベイトフィッシュを積極的に追いかけているシーバスが居れば、高い確率で食い付いてくるでしょう。

その昔、まだルアーが釣具店に溢れていないころ、シーバスをターゲットにキャストしていたのは、ラパラーのミノーでした。

フローティングタイプはあまり飛距離が伸びなかったので、必然的にシンキングタイプのラパラ・カウントダウンシリーズをラインに結んでいたのを思い出します。

何度かキャストしていると、テトラやコンクリート護岸にゴツゴツと接触。

回収して見てみたら、なんとラパラ・カウントダウンのリップが欠けてしまっているではないですか!

せっかく購入したものを、シーバスを掛けずに破棄するのはもったいないので、欠けて残った部分もヤスリでキレイに取り除き、リップの無い状態に仕上げたのです。

試しにキャストすると、ふらふらと揺れ幅が大きい過ぎると感じたので、お腹側に板オモリを貼ってバランスを調整。

再度キャストして、トゥイッチやジャークといったロッドワークを加えてみました。

当然リップが無いので、俊敏に左右へダートする展開にはなりません。

これはダメかなと感じつつも、今度はキャストしてただ巻きリトリーブを実施。

すると、いきなりラインが走り出したのです。

慌ててロッドを立ててランディングしてみたら、60cmを超えるシーバスが掛かっていました。

当時はこんなふうにラパラ・カウントダウンのリップ折れを使っていたアングラーが、多かったはずです。

そのときのリップ折れミノーのアクションが、現行のシンペンと瓜二つなのです。

リップが無いことで、ボティを左右に振るウォブリングアクションは抑え込まれ、軽めのローリングアクションを発生させながら、幅狭くスライドするアクションで泳ぐようになります。

こんなアピール度の弱いアクションでいいの?と感じてしまうほどですが、実はこれがシーバスの捕食スイッチをオンにするようです。

シンペンをロングキャストしてただ巻き、これがとてつもなく効くシーンがさまざまな釣り場で起こり、多くのヘビーユーザーを生むことになっていったのです。

ラパラ(Rapala) カウントダウン CD7-SINR (シルバーイナッコベリー) 7cm/8g

ラパラ(Rapala) カウントダウン CD7-SINR (シルバーイナッコベリー) 7cm/8g

最安値価格
¥1,238(楽天市場)

Amazonへ ¥1,562

楽天市場へ ¥1,238

Yahoo!へ ¥1,238

定番シンペンのワンダーを使いこなそう!

シンペンとしてひんぱんに用いられるきっかけとなったのは、ラッキークラフトからリリースされた、ワンダーシリーズでしょう。

元々はバス釣り用のリッブレスミノーとして発売されたものですが、シーバスアングラーが放っておくはずがありません。

キャストしやすいウエイトも手伝って、一気にユーザーが広がっていきました。

フォール中にもバイトを取ることができるので、非常に完成度の高いシンペンといえるでしょう。

ただ巻きリトリーブを始めると、表層まですぐに浮かび上がってきます。

もっとボトム付近をトレースしたいと考えてウエイトを足すと、あの独特のヌルヌルアクションが影を潜めてしまいます。

セッティングを自分なりに考えながら、微調整を繰り返しつつキャストするのが、とても楽しいシンペンでした。

現在でもタックルボックスに必ず入れている人が少なくなく、シーバスゲームのメインルアーとして人気は続きそうです。

ラッキークラフト(LUCKY CRAFT)ワンダー80 - 定番カラー (2230 ソルティーホワイトタイガー)

ラッキークラフト(LUCKY CRAFT)ワンダー80 - 定番カラー (2230 ソルティーホワイトタイガー)

最安値価格
¥1,525(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,640

Yahoo!へ ¥1,525

チャート系カラーのシンペンで浮き上がりを制御しよう!

シンペン使い方は、ロングキャストしてただ巻きリトリーブが基本となります。

ただし、潮の流れ・川の流れなどを意識して、あまり浮き上がらないようにリトリーブスピードをスロー調整しましょう。

シンペンの背中にチャート系やピンク系などの蛍光色を塗っておくと、浮き上がってきたときに見つけやすいです。

すぐにリトリーブスピードを落として、シンペンを沈めるようにしてください。

リップか付いていないので、空気抵抗が小さく、イメージよりも遠くまで飛んでくれます。

そのほうがリトリーブする範囲が広がり、シーバスに食い付くチャンスを与えることにもつながります。

シマノ(SHIMANO) シーバスルアー シンキングペンシル エクスセンス トライデント 90S ジェットブースト XL-290N 017 マットチャートG

シマノ(SHIMANO) シーバスルアー シンキングペンシル エクスセンス トライデント 90S ジェットブースト XL-290N 017 マットチャートG

最安値価格
¥1,571(楽天市場)

Amazonへ ¥1,715

楽天市場へ ¥1,571

Yahoo!へ ¥1,571

シンペンをキャストして操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

シンペンをロングキャストしてただ巻きリトリーブをおこなうのに適している、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、長めブランクスのスピニングロッドなら、飛距離を伸ばしやすいです。

リールは、3000番以上のサイズのスピニングリールなら、広範囲を探れるでしょう。

ダイワ(DAIWA) ロッド 21 シーバスハンターX 93ML・R

ダイワ(DAIWA) ロッド 21 シーバスハンターX 93ML・R

最安値価格
¥8,475(Yahoo!)

Amazonへ ¥14,399

楽天市場へ ¥13,434

Yahoo!へ ¥8,475

ダイワから発売されているシーバスゲーム用スピニングロッド・シーバスハンターXシリーズの中から、93MLを選んでみました。

全長は2.82mと、長めブランクスに設計されています。

継数は2本で、仕舞寸法は145cmにまで縮まります。

ウエイトは131gと軽めで、先径/元径は1.8/12.9mmと太め。

適合するルアーウエイトは、7gから35gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.6号から1.5号まで、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで対応可能です。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95%に設定されています。

実際に手に取ってみると、とてもしなやかに曲がってくれる素直なブランクスという印象を持ちました。

継目の曲がり方もスムーズで、大きな負荷が掛かっても美しいベンディングカーブを描いてくれるでしょう。

グリップ周りは細身なので、しっかり握り込んでシーバスの強い引きに耐えられるように作られています。

実売価格は9千円台と、とても安い価格帯に収まっています。

これならスピニングリールと一緒に購入することも、検討しやすいのではないでしょうか。

ダイワ(DAIWA) スピニング 21 カルディア LT3000-CXH

ダイワ(DAIWA) スピニング 21 カルディア LT3000-CXH

最安値価格
¥17,150(amazon)

Amazonへ ¥17,150

楽天市場へ ¥17,714

Yahoo!へ ¥17,424

ダイワの軽量スピニングリール・カルディアLTシリーズの中から、3000-CXHを選んでみました。

エクストラハイギア仕様なので、キャストしたシンペンを素早く回収し、次のアプローチを仕掛けやすくなっています。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転につき93cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は余裕の10.0kgで、ウエイトは205gと軽めです。

ラインキャパは、PEラインなら1.2号を190m、モノフィラメントラインなら10lbを120m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて回転部も滑らかに回ってくれる印象です。

ハンドルノブはつまみやすく、回転の軽やかさもキープできます。

ローターが俊敏に回るので、糸フケが発生してもすぐに回収できるでしょう。

次のキャストへ移るのが、素早くおこなえるのが嬉しいです。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

3000番サイズのスピニングリールが1台あれば、スーパーライトショアジギングゲームやチニングゲーム・ロックフィッシュゲームなどに転用できるでしょう。

シンペンを駆使しながらランカーシーバスを釣り上げよう!

シンペンの特徴や使い方、おすすめのルアーやタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ただ巻きリトリーブしていて感じるのは、巻き抵抗が小さいということ。

これなら疲れ知らずで連続キャストできますし、そのぶんシーバスがバイトしてくる確率も高まるでしょう。

フックの交換を早めにおこなっておくと、浅い掛かりでもリトリーブで貫通まで持っていけるかもしれません。

シンペンの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング