ジグヘッドのアップ写真

ロックフィッシュゲームで使ってみたいジグヘッド特集!

FISHING JAPAN 編集部

ジグヘッドにワームを装着して誘う釣り方は、バス・アジ・ヒラメ・タチウオシーバスなどで盛んにおこなわれています。

中でも独特な形状や重さ・機能を持ち合わせているジグヘッドに発展しているのが、根魚=ロックフィッシュゲームでしょう。

その特徴や使い方・おすすめのジグヘッドについて、詳しくご紹介します。

そもそもジグヘッドとは

ジグヘッドとは、フックにオモリがくっ付いた複合アイテムのことです。

日本古来の釣具でいうと、テンヤ仕掛けがジグヘッドと重なるでしょう。

仕掛けを沈める際にフックとオモリを一緒にしてしまうと、ラインが絡まりにくく、フッキングの効率がアップするメリットがあります。

また着底させてもフックが横倒れしにくく、根掛かり防止に役立つという面も持っています。

デメリットがあるとすれば、ゆるり・ふわりといった中層での誘いが難しいといわれている時期がありましたが、アジングゲーム用の激軽量ジグヘッドを見ていると、それも克服されているでしょう。

さて今回は、ロックフィッシュゲームに用いるジグヘッドを取り上げていきます。

根掛かり防止という観点でいうと、テキサスリグやフリーリグのほうが適しています。

でもアタリを感じてからのダイレクトなフッキングを優先したい場合、フックがほぼ常に魚の上アゴをとらえようとするジグヘッドは、欠かせないアイテムなのです。

ロックフィッシュの上アゴは、結構分厚くて硬いイメージがあります。

軽くアワセて乗せるだけでは、ランディングの際にポロリと落としてしまうかもしれません。

また強いフッキングをおこなうことで、バイトの瞬間に岩の隙間などから一気に引き離せます。

それらを同時に達成するためには、まるでフックが発射台に乗っている感じのジグヘッドのほうが、都合がいいのです。

ロックフィッシュゲームに使えるジグヘッドには、さまざまなカタチが用意されています。

厳密には、ジグヘッドのヘッド部分なのですが、一般的なのは丸型=ラウンドヘッドタイプです。

ボトムと点で接触できるので、手元に伝わってくる感じが鋭敏です。

あ、何かに当たったな!というのが、コッ!という弾きを伴なって感じ取りすいでしょう。

そのままボトムをズル引くことができますが、丸い形状なので横倒れしやすく、倒れた瞬間に後続のフックが、地形変化などに引っ掛かってしまうかもしれません。

引っ掛かる機会が多いほど、地形変化の度合いが分かりやすいのですが、ラインを切断しなければならない事態も増えます。

何とか解消できないものか?と改良が続けられて、現在のロックフィッシュゲーム専用ジグヘッドが生まれたのです。

ロックフィッシュゲーム専用のジグヘッドのデザインに注目!

ロックフィッシュゲーム専用のジグヘッドは、ヘッド部分が昔ながらのラウンドタイプではありません。

まるで斧のような船底のようなカタチをしています。

ボトムとの接地を考慮して、着底したときにジグヘッドが横倒れしにくく作られているのです。

横倒れしなければ、フックが根掛かりすることは極端に減り、手返しのいいアプローチを繰り返せるでしょう。

またフックがボトムから立ち上がっている状態になるので、そこに刺さっているワームも立ちます。

追いかけてきたロックフィッシュからは丸見えで、バイトしやすい姿勢で待っていることに。

口の中へと吸い込まれやすいことから、フッキングもスムーズに決まるでしょう。

最近では、ジグヘッドのヘッド部分とフックが固定されていないタイプもリリースされています。

直付けのテキサスリグのようなカタチになっているので、フックが柔軟に動けますし、根掛かりの危険性も抑えられるでしょう。

フックを交換して、別のサイズを装着することも可能ですから、そのフックサイズにマッチしたワームにも切り換えることが可能です。

アングラーが独自の組み合わせを楽しめるのは、とてもありがたいといえそうです。

ジグヘッドを使ってロックフィッシュゲームを実践するときのコツ!

実際にジグヘッドを使って、ロックフィッシュゲームをおこなってみました。

磯場などの岩礁帯エリアへワームのジグヘッドリグを投入すると、いきなりボトムで引っ掛かります。

その場で強くロッドを煽るのではなく、立ち位置を歩きながら変えて、小刻みにロッドを振ってみましょう。

フック部分が引っ掛かっているのではなく、ヘッド部分が地形変化につかまっているだけなら、意外とカンタンに外れます。

ジグヘッドリグの根掛かりを減らしたいときは、着底してからのズル引きをせず、ステイからのリフト&フォールに切り換えてみてください。

ステイとフォールのタイミングでアタリを取れるようになってくると、トラブルなくロックフィッシュゲームを楽しめるでしょう。

ささめ針(SASAME) スリーパーマッチョ J302 10g

ささめ針(SASAME) スリーパーマッチョ J302 10g

最安値価格
¥413(楽天市場)

Amazonへ ¥436

楽天市場へ ¥413

Yahoo!へ ¥413

イッセイ 根魚玉ブラック 3g 3g-#2

イッセイ 根魚玉ブラック 3g 3g-#2

最安値価格
¥447(楽天市場)

Amazonへ ¥502

楽天市場へ ¥447

Yahoo!へ ¥447

根魚狩りJ・H 15g #1/0

根魚狩りJ・H 15g #1/0

最安値価格
¥515(楽天市場)

Amazonへ ¥845

楽天市場へ ¥515

Yahoo!へ ¥550

ジグヘッドリグでロックフィッシュを狙うのにおすすめのタックルを選んでみた!

ジグヘッドリグをキャストしてロックフィッシュを誘うのに向いている、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

飛距離が伸びるほうが広範囲を探れるので、スピニングタックルによるアプローチから始めるのがいいかもしれません。

あまりに地形変化が複雑なエリアなら、太いラインを活用できるベイトタックルに切り換えましょう。

アブガルシア(Abu Garca) フレッシュ&ソルトウォーターロッド スピニング クロスフィールド(XROSSFIELD) XRFS-802ML 2ピース 釣り竿

アブガルシア(Abu Garca) フレッシュ&ソルトウォーターロッド スピニング クロスフィールド(XROSSFIELD) XRFS-802ML 2ピース 釣り竿

最安値価格
¥9,239(楽天市場)

Amazonへ ¥10,780

楽天市場へ ¥9,239

Yahoo!へ ¥9,969

アブガルシアブランドからリリースされている、ブランクス長めのスピニングロッドです。

全長は8.0ftで、2ピース仕様。

仕舞寸法は125cmと、短く収納することができます。

ウエイトは108gと軽めで、トップガイドにはSiCガイドリングが装着されています。

Fuji製ニューコンセプトガイドを全体のガイドシステムに採用していて、Xカーボンラッピングテープでブランクスを補強しています。

適合するルアーウエイトは、2gから24gまで。

適合するPEラインは、0.8号から1.5号までとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%です。

実際に手に取ってみると、汎用性の高い仕上がりになっている印象を持ちました。

ロックフィッシュゲームはもちろん、エギングやその他ライトソルトウォーターゲームにも転用できるでしょう。

実売価格は9千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール ロキサーニ (ROXANI) 2500SH 【加木屋守プロ愛用】

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール ロキサーニ (ROXANI) 2500SH 【加木屋守プロ愛用】

最安値価格
¥10,560(Yahoo!)

Amazonへ ¥10,642

楽天市場へ ¥11,099

Yahoo!へ ¥10,560

アブガルシアブランドから発売中のスピニングリール・ロキサーニシリーズの中から、2500番タイプを選んでみました。

ウエイトは228gで、ギア比は6.2対1に設定されています。

ハンドル1巻きにつき、87cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は、5.2kgです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら6lbを100m巻けます。

PEラインなら、0.8号を150m巻けます。

ボールベアリングは、6個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とてもコンパクトで扱いやすい印象を持ちました。

ハンドルノブはつまみやすく、濡れた指でもほとんど滑りません。

ハンドル回転は滑らかで、ローター回転の追従も安定しています。

ラインキャパがやや少ないと感じる人は、少し大きめの3000番モデルがラインナップされているので、そちらも手に取ってチェックしてみましょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ジグヘッドを駆使して大型ロックフィッシュを釣り上げよう!

ロックフィッシュゲーム用ジグヘッドの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

根掛かりは最初のうちは頻発しますが、慣れてくるとかわせるようになります。

キャストを繰り返しながら、ボトムとの接地感覚を鋭いものに変えていきましょう。

ロックフィッシュの関連記事はこちら

ロックフィッシュゲーム」カテゴリの人気記事

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング