ルアーのアップ写真

マニックを駆使してバチ抜けパターンのシーバスを攻略したい!【DUO】

FISHING JAPAN 編集部

極めて細身シェイプでリップの付いていないデザインが特徴的なのが、DUOのマニックシリーズです。

シーバスゲームで用いると、その独特なアクションや引き波で、数多くのシーバスをバイトに持ち込むことが可能です。

具体的な使い方やおすすめタックルについて、詳しくご紹介しましょう。

マニックシリーズとは

マニックシリーズとは、DUOからリリースされている、シーバスゲーム用シンペンのことです。

サイズ設定は、全部で5種類ラインナップされています。

最も短いもので、全長75mm。

ウエイトは7.6gで、装備しているトレブルフックは10番です。

次に小さいのは、全長95mmでウエイト8gのタイプ。

こちらもトレブルフックは、10番が前後に付いています。

3番目のサイズは、全長115mmでウエイト16gに設定。

ここまで大きく長くなってくると、ウエイトも重めなので、飛距離をしっかり伸ばせるようになります。

トレブルフックは、8番です。

4番目のサイズは、全長135mmでウエイト21g。

トレブルフックのお腹側が8番で、最後尾が6番になります。

そして最大サイズは、全長155mmでウエイト27.5g。

トレブルフックは、6番が並んでいます。

全種類を実際にキャストしてみましたが、とにかく浮き上がりが素早くて、水面直下まで一気に浮上してくれます。

そのままスピードを上げてリトリーブすると、ノーズが水面から突き出てしまいますが、そこでスピードを意図的に抑えます。

そうすると、ボディをタイトに揺らしながらのロールアクションに切り換わって、絶妙な誘いの要素を膨らませるのです。

発生するV字引き波も、弱々しさを伴ないつつもイレギュラーなヨレが発生。

これが生命感を溢れさせるきっかけとなり、広範囲からシーバスを呼び込む起爆剤となります。

バチ抜けのシーズンに用いると、バッチリハマるケースがあり、シーバスの数釣りにとてもマッチしているルアーです。

重心移動システムは搭載されておらず、固定重心とボディバランスによって飛距離を伸ばせるように作られています。

サーフゲームにも効くマニックシリーズ!

マニックシリーズは、シンペンですから、着水してそのままにしておくとボトムまで沈んでしまいます。

でもひとたびリトリーブを開始すれば、表層まで浮上してきて、水面直下をレンジキープしながら泳いてくれます。

シーバスは、表層を意識していることが多く、ボディシルエットが細長いものに反応しやすい習性を持っていますから、バイトしてくる確率が高まるようになっているのです。

リップの無いシンペンなので、空気抵抗を抑えた飛び方をしてくれます。

イメージしているよりも飛距離が伸びますから、沖合いに発生したボイルを撃つことも可能かもしれません。

大型サイズのマニックなら、回遊してくる青物を掛けることもできます。

サーフエリアで用いると、ヒラメやマゴチもフッキングに持ち込めるでしょう。

ボトムギリギリをトレースしなくても、ヒラメが表層まで飛び出してきて食い付くシーンは圧巻。

ぜひサーフエリアでも、マニックシリーズをキャストしてみてください。

秋のサヨリパターンにもマニックシリーズを投入してみよう!

マニックシリーズは、秋シーズンにもよく効きます。

接岸して河川を遡上しようとする秋の魚に、サヨリがいますが、この魚のフォルムがマニックシリーズにそっくり。

細長くてキラキラと光りながら泳ぐ感じが、シーバスには強い刺激となるでしょう。

サヨリの群れが河口域に集まり始めたら、マニックを携えて迎撃に向かいましょう。

おすすめのサイズは、115mmをベースにしてローテーションすれば効果的。

シーバスの反応を見ながら、カラーも切り換えてアプローチを続けてください。

マニック115の水中アクションシーンを収めた動画はこちら

マニックシリーズをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

マニックシリーズをキャストしてリトリーブを繰り返すのに適している、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

あまりに硬くないブランクスのスピニングロッドなら、軽いマニックも遠くまで飛ばせるはずです。

重いマニックをキャストしたければ、Mパワーブランクス以上のロッドを選ぶようにしてください。

リールは、3000番前後のスピニングリールなら、さまざまなシチュエーションで扱いやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド シーバス ムーンショット 2021年モデル S100M シーバス ショアキャスティング

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド シーバス ムーンショット 2021年モデル S100M シーバス ショアキャスティング

最安値価格
¥12,678(楽天市場)

Amazonへ ¥14,245

楽天市場へ ¥12,678

シマノからリリースされている、ロングレングスのスピニングロッドです。

全長は3.05mと長めなので、振り抜くだけで飛距離を伸ばせるようになっています。

サーフゲームに転用するのも、これぐらいの長さがあるほうが扱いやすいでしょう。

継数は2本なので、仕舞寸法は156.0cmとやや長めに設定されています。

ウエイトは166gで、先径は1.8mm。

適合するルアーウエイトは、最大で42gまでなので、大きなマニックもキャストすることが可能です。

適合するPEラインは、0.8号から2号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.8%になっています。

実際に継いで手にしてみると、長さの割りには重く感じることはありませんでした。

シャープで振り抜けが良く、キャストを繰り返すのに向いています。

全長は3mを超えるので、飛距離が求められるシチュエーションで活躍してくれるのは間違いありません。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

河口域の広大なシャローフラットや藻場・サーフなど、使ってみたくなる釣り場がたくさん出てくるでしょう。

フッキングの際は、ロッドを立ててしっかり曲げることを心がけてください。

その曲がりをキープするために、リールハンドルを回し続ければ、スムーズにランディングまで持ち込めるでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール シーバス 20 エクスセンス BB C3000MHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール シーバス 20 エクスセンス BB C3000MHG

最安値価格
¥10,780(amazon)

Amazonへ ¥10,780

楽天市場へ ¥13,051

シマノのエクスセンスシリーズの中から、C3000番サイズのハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.0対1なので、ハンドルを1回転させると88cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、3.5/9.0kgに設定。

ウエイトは240gで、スプール寸法は直径46.5mmでストロークが14.5mmです。

ラインキャパは、PEラインなら1.5号を120m巻けます。

モノフィラメントラインなら、10lbを110m巻くことが可能です。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは5個装備しています。

実際にフィールドで使ってみると、ハンドル回転は滑らかそのもの。

ローターの追従性も高く、安心してシーバスとのやり取りを楽しめるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

ブラック基調の配色なので、さまざまなシーバスゲーム用ロッドにマッチさせやすいでしょう。

釣行から帰宅したら、しっかりと水道水で洗浄メンテナンスを施してください。

スプール周りやラインローラーなどに塩気が残っていると、サビなどのトラブルが発生してしまいます。

マニックシリーズを使いこなしてランカーシーバスをゲットしよう!

マニックシリーズの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

軽めのマニックを扱う場合は、キャストを練習するところから始めるようにしてください。

慣れてくると、ロングキャストが可能になります。

着水音でいきなり反応してくるシーバスもいますから、集中してアプローチしましょう。

標準フックが細軸なので、フックポイントが鈍ったら早めに交換してください。

シーバスの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング