魚のアップ写真

鯖を釣って食べよう!刺身は美味しいけどアニサキスが怖い

FISHING JAPAN 編集部

鯖=サバは、深場からごく浅いエリアにまで回遊してくる青物です。

防波堤からのサビキ釣りやショアジギングゲームで釣ることができ、刺身や塩焼きにして美味しく食べることができます。

ここでは、鯖の特徴や釣り方について、詳しくご紹介しましょう。

鯖=サバってどうやって釣ればいいの?

鯖とは、スズキ目サバ科に属している海水魚のことで、青物の一種とされています。

温かい海を好み、日本ではゴールデンウィーク辺りから釣れ出して、夏から秋にかけて釣りの対象魚としてアングラーを夢中にしています。

マサバ狙いで釣っていると、夏ぐらいからゴマサバに切り換わりますが、食べてみたらゴマサバのほうがパサパサした食感になるでしょうか。

プランクトンを目一杯捕食して脂の乗ったゴマサバは、トロサバと呼ばれるくらい旨味が凝縮されて、とても美味しいことで知られています。

ただし、刺身のような生食をおこなうときに注意しなければならないことが。

それは、寄生虫・アニサキスの存在です。

他の青物やイカなどと同じように、白くて細長いアニサキスが体内に潜んでいることがあるので、食べるときに加熱して口に入れることをおすすめします。

刺身などの生食をする場合は、じっくりと切り身を観察して、白いアニサキスが動いていないかチェックしてください。

見つけたら必ず取り除くようにしないと、そのまま食べてしまったらアニサキス症に罹ってしまいます。

それでは、鯖の釣り方についてご紹介しましょう。

カンタンに釣り上げたいなら、サビキ釣りによるアプローチが手堅いのですが、回遊しているエリアが岸際から遠いとお手上げに。

そういうときに頼りになるのが、メタルジグです。

ショートタイプでロングキャストの利くメタルジグを、ショアジギング用のスピニングロッドで沖合いに届けてみましょう。

具体的には、10ft前後の長さのロッドを用意して、3000番から4000番程度のスピニングリールを装着してください。

そこに1号前後のPEラインを大量に巻いて、飛距離を伸ばせるセッティングで臨むようにしましょう。

防波堤からのキャスティングゲームで鯖を狙おう!

鯖を釣るときに足を運びたい釣り場は、ズバリ!防波堤です。

沖に面している一文字などの防波堤なら、回遊してくる鯖の群れを近くで見ることも可能でしょう。

ショアジギングゲームの釣りスタイルで待ち受けて、周囲のアングラーのロッドが曲がり始めたら、キャスト数を増やすようにします。

ラインに結ぶメタルジグの重さは、ロングキャストを想定すると重くなりがちですが、鯖の群れは表層近くを漂うケースがあり、尚且つ体長の小さな鯖だと捕食対象も小さくしなければ、食いが悪くなります。

マイクロサイズといわれている7g前後のウエイトのメタルジグから揃えておいて、釣り場のシチュエーションに合わせて重さを切り換えていくようにしたいものです。

カラーは、白・シルバー・ゴールド系によく反応し、チャートなどの膨張色にも食いが立つことがあります。

日照の強さなど、釣り当日の天候も考慮しながら、メタルジグのカラーローテーションを実施してください。

鯖が釣れないときはジグサビキにシフト!

鯖をショアジギングゲームスタイルでアプローチしていて、ショートバイトが乗り切らないときがあります。

メタルジグには反応できていても、鯖のサイズが小さいのかもしれません

そんなケースを解消するなら、ジグサビキ仕掛けを使ってみましょう。

これは太い幹糸やハリスで構成したサビキを用いて、コマセカゴの代わりにメタルジグを装着する仕掛けのこと。

これをショアジギング用タックルにセットして、同じ要領でロングキャストするのです。

着底したらロッドを立てて、ボトムにサビキが引っ掛からないようにリトリーブやリフト&フォールを繰り返しましょう。

バイトを感じたらリールハンドルを早巻きして、一気に鯖を引き寄せてください。

鯖を釣るのに向いているおすすめタックルを選んでみた!

それでは鯖を釣るのに適している、おすすめのショアジギングゲーム用タックルをご紹介しましょう。

ロッドは、あまり硬くないほうが、軽めのメタルジグやジグサビキを操りやすいです。

スピニングリールには、ロングキャストしやすいように多めのPEラインを巻いておきましょう。

ショックリーダーラインとPEラインの結び方も、しっかりと自宅で練習しておきたいものです。

アブガルシア(Abu Garcia) ライト ショアジギングロッド スピニング ソルティーステージ ライトショアジギング STLS-962L20-KR イナダ サバ ワカシ タチウオ スピニングロッド 2ピース サーフキャスト

アブガルシア(Abu Garcia) ライト ショアジギングロッド スピニング ソルティーステージ ライトショアジギング STLS-962L20-KR イナダ サバ ワカシ タチウオ スピニングロッド 2ピース サーフキャスト

最安値価格
¥12,812(amazon)

Amazonへ ¥12,812

楽天市場へ ¥14,584

Yahoo!へ ¥13,598

アブガルシアブランドからリリースされている、ライトショアジギングに適したスピニングロッドです。

本格的なショアジギングゲーム用よりも柔らかく、軽めのメタルジグを操るのに向いています。

全長は2.90mなので、振り抜くと飛距離をカンタンに伸ばせるでしょう。

2ピース仕様で、仕舞寸法は148.5cmになります。

標準自重は154gで、先径/元径は1.5/11.1mmと細め。

適合するメタルジグウエイトは、5gから30gまでです。

適合するPEラインは、0.6号から1.5号までになります。

モノフィラメントラインなら、最大20lbまで操れるでしょう。

Lパワーブランクスで、カーボン素材の含有率は98%です。

実際に手に取って2ピースを継いでみると、シャキッとした張りのあるブランクスに仕上がっています。

硬過ぎず柔らか過ぎない印象なので、軽めのメタルジグを操るのに向いているでしょう。

ガイドシステムは、ラインが絡まりにくいものを搭載しているので、手返しよく連続キャストを繰り出せます。

グリップ周りも太過ぎず、チカラを込めて握れる感触ですから、大物が掛かってもしっかりと支えることが可能でしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ショアジギングゲーム未体験のアングラーに、おすすめの1本といえそうです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 汎用 アルテグラ 2021 C3000HG ショアエギング シーバス

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 汎用 アルテグラ 2021 C3000HG ショアエギング シーバス

最安値価格
¥13,063(amazon)

Amazonへ ¥13,063

楽天市場へ ¥14,206

シマノのアルテグラシリーズの中から、C3000番サイズのハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.0対1で、ハンドル1巻きにつき89cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、3.5/9.0kgに設定。

自重は225gと軽めで、スプール寸法は直径が47mmでストロークが17mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら3号を150m、PEラインなら1.5号を270m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリング数は5個となっています。

実際にフィールドで試してみると、ラインキャパが豊富なのにコンパクトで軽く、とても扱いやすい印象を持ちました。

ハンドル回転は滑らかで、ローターの追従レスポンスも良好です。

実売価格は1万円台と、とても低価格に設定されています。

鯖をショアから狙うなら、じゅうぶんなスペックを有しているスピニングリールといえるでしょう。

ライトショアジギングゲームはもちろん、シーバスゲームやチニングゲーム・ロックフィッシュゲームなどにも転用することが可能な、おすすめの1台です。

ショアジギングゲーム用タックルを駆使して鯖を釣り上げよう!

回遊してくる鯖の特徴や釣り方、おすすめのタックルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

鯖が釣れている!という情報が広まったら、多くのアングラーがその釣り場に集まってきます。

釣る場所が確保できないぞ!と感じたら、近くの釣り場へ移動するようにしましょう。

同じように鯖の群れが、回ってきている可能性が高いです。

サーフエリアにも回遊してくるケースがあるので、アングラーが居なくてもキャストしてみる価値はじゅうぶんにあります。

サバの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング