ルアーのアップ写真

浮かせて獲るためのワンテンRハイフロート新登場!2022年メガバス発ジャークベイト

FISHING JAPAN 編集部

ジャークベイトをカバー周りで操ると、中に潜んでいたバスが飛び掛かってくることがあります。

ウィードカバーなら、ところどころに開いた藻穴で、ジャークしてから水面まで浮かせてみましょう。

2022年にメガバスから新登場のワンテンRハイフロートなら、しっかりとバスを呼び込んでバイトさせることができるでしょう。

その特徴や使い方・カラーバリエーション、マッチしそうなおすすめタックルについてご紹介します。

ワンテンRハイフロートってどんなルアーなの?

ワンテンRハイフロートとは、2022年にメガバスからリリースされる、バス釣り用ジャークベイトのことです。

サイズは、全長が110mmでウエイトが7/16ozに設定されています。

フックは3連装で、5番のトレブルフックがぶら下がっています。

ジャークアクションをロッドワークで加えたときに、元の水平姿勢に復元しやすいのも、この3連トレブルフックに起因しているところが大きいでしょう。

どの方向からバスが襲い掛かって来ても、フックアップしやすい要素も兼ね備えています。

ワンテンRハイフロートは、ウィードが生い茂っているエリアで、その強みを発揮します。

例えば、ウィードにはところどころに穴が開いたように、生え揃っていない箇所が点在するケースがあります。

いろいろな理由がありますが、ボトムに岩が転がっていたりすると、そこだけウィードが伸びないので、穴になってしまうのです。

当然バスが定着しやすく、ルアーで誘いをかけるには絶好のピンポイントといえるでしょう。

では、どんなルアーで攻めるのが良いのでしょうか?

穴に落とし込んでいくだけなら、ラバージグや高比重ワームのノーシンカーリグが効きそうです。

でももし、それで釣れなかったら次の手は?

そこで取り出したいのが、ワンテンRハイフロートです。

ウィードエリアにキャストして、穴の上で制動をかけます。

次にロッドティップを下向きにして1ジャーク、続けて2ジャーク。

水没したワンテンRハイフロートが、その高い浮力によって水面に浮かび上がり、激しい波を発生させます。

周囲のウィードも、その波で一緒に揺れ動くでしょう。

浮上した後、しばらくそのままの姿を晒していると・・・引き寄せられたバスが豪快に食い付いてくるはずです。

既存モデルのワンテンRに付いているトレブルフックを、細軸で軽量なものに交換して、同じような使い方を実践したことがあります。

浮力が強まるので水面を突き上げるチカラが増し、いい感じに水面を乱すことができました。

その結果、カバーに潜んでいたバスをきっちり呼び込み、フッキングに至ったのです。

ハイフロートというセッティングを、メーカー自ら現実のものにして、製品としてリリースしてくれることに喜ぶアングラーは多いでしょう。

ウィードカバー以外のポイントでもキャストを繰り返して、バスの反応を見てみたいものです。

ドリフト釣法でも使ってみたいワンテンRハイフロート!

ワンテンRハイフロートは、とてもスリムなジャークベイトなので、河川で流れに乗せながらのドリフト釣法でも効果を発揮するでしょう。

ロングキャストしなくても、強い流れのところまで届ければOK。

ラインを大量に巻けるリールが必須になりますが、50mも流せばこちらの気配をカンペキに消すことが可能になります。

過去に七色ダムの大又川インレットで、上流から下流へ向けてルアーをドリフトさせたことがありました。

ペンシルベイトやポッパーと比較すると、ロッドワークにリニアに反応するジャークベイトが、最も好釣果に恵まれたと記憶しています。

ワンテンRハイフロートなら、流れに負けずハイレスポンスなアクションで、たくさんのバスを引き寄せてくれるに違いないでしょう。

全部で12種類のカラーバリエーションから選択可能!

ワンテンRハイフロートには、合計12種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

リアルフィニッシュな配色が豊富ですから、さまざまなシチュエーションで使ってみましょう。

●WAGIN OIKAWA

●WAGIN INDICATOR HASU

●WAGIN SETSUKI AYU

●GG PERCH OB

●GG MOTSUGO

●GG MEGABASS KINKURO

●M POWER REACTION

●KASUMI ITO

●GP GILL

●ITO-KINARI

●MAT TIGER

●FA GHOST WAKASAGI

浮かせてから長い時間晒すことになるので、バスの凝視に耐えられる配色は、バイトを誘発するに違いありません。

ワンテンRハイフロートを操作するのにおすすめのタックルをピックアップ!

ワンテンRハイフロートをキャストしてジャークを繰り出すのに適した、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ウエイトから考慮すると、MLパワー前後のブランクスを持ったベイトロッドがベストです。

極端に長くないほうが、ロッドティップを下向きにしたときに、水面を叩かずに済みそうです。

ベイトリールは、軽めにしたほうが、手首スナップの利いたロッドワークを繰り出せるでしょう。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 632MLFB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 632MLFB 釣り竿

最安値価格
¥28,050(Yahoo!)

Amazonへ ¥29,373

楽天市場へ ¥28,798

Yahoo!へ ¥28,050

人気のブラックレーベルLGシリーズの中から、MLパワーのショートレングスベイトロッドを選んでみました。

全長は1.91mなので、水面を叩いてしまうようなトラブルにはなりにくいでしょう。

継数は2本で、仕舞寸法はたったの100cmになります。

これならさまざまな釣り場まで、草木に干渉せずに持ち込めるかもしれません。

自重は101gと軽めで、先径/元径は1.8/12.9mm。

適合するルアーウエイトは、3.5gから21gまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから14lbまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%になっています。

実際にグリップを握ってみると、とてもスリムでしっかり支えることができます。

ロッドワークも繰り出しやすく、トゥイッチやジャークを自在におこなえるでしょう。

ブランクスの曲がり込みはスムーズで、バスの貴重なバイトを弾いてしまうことは防いでくれるはずです。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22 タトゥーラ TW 80XH(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22 タトゥーラ TW 80XH(2022モデル)

最安値価格
¥15,380(amazon)

Amazonへ ¥15,380

楽天市場へ ¥16,214

Yahoo!へ ¥15,488

2022年に新発売された、タトゥーラTWシリーズの80サイズです。

エクストラハイギアを搭載しているので、発生したラインスラックを解消するのが早いでしょう。

ギア比は8.1対1で、ハンドル1回転につき81cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は4.5kgで、自重は180gと軽めの設計になっています。

スプール寸法は、直径が32mmで幅が21mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは85mm、ボールベアリングは7個搭載しています。

実際に釣り場で使ってみたのですが、とてもコンパクトでパーミングしやすく、ラインの放出も安定しています。

ほとんどバックラッシュしないので、テンポよくルアーを送り込むことが可能でしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格に収まっています。

さまざまな釣り方に対応できますし、剛性・耐久性もじゅうぶんなので、長く手元に置いて付き合える1台になりそうです。

ワンテンRハイフロートの気になる発売日はいつ?

ワンテンRハイフロートの気になる発売日は、2022年の5月下旬を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,980円です。

日本を代表するジャークベイトに、またひとつ新しいバージョンが加わりました。

上手く使いこなして、ビッグバスを釣り上げてください。

メガバスの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

メガバス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング