リールのアップ写真

22サハラで釣りを楽しみたい!2022年フルモデルチェンジのコスパ優秀なスピニングリール

FISHING JAPAN 編集部

実売価格が1万円を切るスピニングリールとして人気の高い、シマノのサハラシリーズが、2022年新しく生まれ変わります。

釣りを始めたい初心者にとって、購入しやすく頼りになる22サハラは、ベテランアングラーのヘビーユースにもしっかり耐えられる作り込みとなっています。

その特徴やマッチしそうなおすすめのロッドについて、詳しくご紹介しましょう。

22サハラとは

22サハラとは、2022年シマノから新発売となる、コスパ優秀なスピニングリールのことです。

全部合わせると、12種類の機種から選べるようになっています。

今回新たに装着された機能は、ステラなどの上位モデルで評価の高い、サイレントドライブです。

これは、リールボディ全体の基本設計や駆動関連の部品をひとつひとつ見直して、部品間のガタつき・隙間・揺れを細部に渡って徹底的に排除した仕様のこと。

ドライブギアやウォームシャフト・ウォームシャフトピン・ウォームシャフトギアなどにまで、改善の手が及んでいるので、滑らかな回転性能や使い心地の良さ、静粛性の伴なった巻き心地を体感できるでしょう。

そういった質の高い使用感が備わることで、アングラーは釣ることに集中できます。

微細な魚からのアタリがあったとしても、ぼんやりとリールハンドルを回していたら、フッキング動作へ移行することはできません。

キャストしたメタルジグやルアーが、底の地形変化に触れたとしても、集中力が乏しければ、手元で感じ取ることには至らないかもしれないのです。

あなたの釣りスタイルの底上げを実現するために、精度の高いスピニングリールは欠かせないでしょう。

サイレントドライブを搭載した22サハラなら、じゅうぶん満足のいく釣りを楽しめるようになるはずです。

ただし、最小モデルである500番サイズには、サイレントドライブは採用されていないのでご注意ください。

その他HAGANEボディやHAGANEギアを搭載していたり、XシップやGフリーボディも採用されています。

スプールには、AR-Cスプールが使われているので、ライントラブルをきっちり抑えつつ、ロングキャストをスムーズにおこなえるように仕上がっています。

22サハラのライトソルトウォーターゲーム用機種はこちら!

22サハラ全種類の中から、おすすめの機種をピックアップしてみましょう。

まずはC2000番台で、アジングやメバリングなどのライトソルトウォーターゲームに使ってみたくなるものを選んでみました。

●22サハラ・C2000SHG

C2000番というコンパクトにサイズで、ハイギアが組み込まれたモデルです。

ギア比は6.0対1なので、ハンドルを1回転させると79cmのラインを巻き取ることかできるように作られています。

ウエイトは210gと軽めで、長時間の釣行でも疲れを感じにくいでしょう。

最大ドラグ力は3kgになっていて、ラインキャパは、PEラインなら0.6号を150m巻けます。

キャスティングはもちろん、潮に流すドリフト釣法にも対応可能です。

ショアからの豪快なキャスティングゲームも楽しめる22サハラ!

●22サハラ・C5000XG

22サハラシリーズの中で、最も大きなC5000番サイズの中型スピニングリールです。

ハンドルノブにラウンドタイプが標準装備されていて、とても握りやすく扱いやすいでしょう。

大物が掛かっても、ゴリ巻きで引き寄せられるはずです。

ギア比はエクストラハイギアの6.2対1で、ハンドル1巻きにつき105cmものラインを巻き取れるように作られています。

ウエイトは305gとやや重めで、ガッシリした感じに仕上げられています。

最大トラグ力は11kgで、ラインキャパは、PEラインなら2号を300m巻けます。

重めのメタルジグやミノー・シンペンなどを、フルキャストしてリトリーブするのに適しているでしょう。

22サハラを装着してみたいおすすめのロッドを選んでみた!

それでは22サハラを装着して操ってみたくなる、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

まずは、ライトソルトウォーターゲームに使うものから。

アジングゲーム用のスピニングロッドを1本用意しておくと、さまざまなシチュエーションで釣りを楽しめるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ロックフィッシュロッド 20 ソアレ TT アジング S64UL-S

シマノ(SHIMANO) ロックフィッシュロッド 20 ソアレ TT アジング S64UL-S

最安値価格
¥10,030(Yahoo!)

Amazonへ ¥14,264

楽天市場へ ¥14,562

Yahoo!へ ¥10,030

シマノからリリースされている、ソアレTTシリーズの扱いやすいレングスのスピニングロッドです。

全長は1.93mと、2mを下回る長さで、防波堤などで取り回しの良さを実感できるでしょう。

継数は2本ですから、仕舞寸法は99.0cmと短くなります。

釣り場への持ち運びが楽になり、ポイント移動もまめにおこなえそうです。

自重は64gとかなり軽めで、先径は0.8mmしかありません。

適合するルアーウェイトは、0.3gから6gまで。

適合するPEラインは、0.1号から0.4号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95.3%です。

実際に手にしてみると、グリップ周りが細身で握りやすく、スピニングリールとの一体感もしっかり出ている印象です。

手元に伝わってくる情報は多めで、フッキング動作へ移りやすいでしょう。

細いPEラインとの相性は良く、22サハラのラインローラー周りに引っ掛からないように、注意しながら使うようにしたいものです。

糸ヨレが発生したら、早めにその部分をカットして、ショックリーダーラインを組み直しましょう。

このスピニングロッドなら、ロングキャストも実践しやすく、ドリフト釣法にも対応可能です。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 コルトスナイパー XR S96M ショアキャスティング テクニカルモデル 沖堤 サーフ ゴロタ浜 地磯

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 コルトスナイパー XR S96M ショアキャスティング テクニカルモデル 沖堤 サーフ ゴロタ浜 地磯

最安値価格
¥28,988(楽天市場)

Amazonへ ¥32,147

楽天市場へ ¥28,988

Yahoo!へ ¥29,313

サーフや防波堤などからショアジギングゲームを実践したいアングラーに、ベストマッチなスピニングロッドです。

全長は2.90mなので、振り切るとロングキャストになりやすい特性を持っています。

継数は2本で、仕舞寸法は149.5cmにまで縮まります。

自重は275gで、先径は2.1mmと太目。

適合するルアーウエイトは最大で56gで、メタルジグなら最大で70gまで背負うことができます。

適合するPEラインは、最大で3号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.2%です。

実際に手に取って振ってみると、とても振り抜けがよく、張りがしっかりとある印象です。

ショアジギング用としては、やや柔らかいほうに属していますが、これくらいのテイストなら、連続キャストを繰り返してもさほど疲れないでしょう。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に設定されています。

サーフや河口域からヒラメやマゴチを狙うのにも適していて、自分なりに釣り場を探しながら使いこなしてみましょう。

キャストに入る前には、自分の背後や周囲をしっかり確認して、トラブルにならないように配慮してください。

22サハラの気になる発売日はいつ?

22サハラの気になる発売日は、2500・2500SHG・C3000・C3000HG・C3000DHは2022年の3月、4000・4000XG・C5000XGは2022年の4月、500・1000・C2000S・C2000SHGは2022年の5月に発売する予定となっています。

メーカー希望販売価格は、8,700円から10,500円です。

いつでも持ち出せるようにしておくスピニングリールには、汎用性の高いスペックが求められます。

ロッドに着けっぱなしにして、釣りをしたくなったらすぐに使えるような身近な存在に、22サハラならなってくれそうです。

海水エリアで使ったら、必ず真水で洗って拭き取り乾燥するように心がけましょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング