ロッドのアップ写真

炎月=エンゲツSSはシマノからリリースされた鯛ラバロッド!おすすめ機種のインプレ特集

FISHING JAPAN 編集部

シマノから発売中の人気鯛ラバロッド・炎月=エンゲツSSシリーズをご紹介しましょう。

船から鯛ラバ仕掛けをバーチカルに、またはキャスティングをおこなって、広範囲エリアをくまなくチェックしていくのが、鯛ラバゲームです。

そこで使われるロッドには、高い感度と操作性が求められます。

注目のシマノ・エンゲツSSシリーズが、どのようなスペックに仕上がっているのか、インプレを絡めながら取り上げてみましょう。

「鯛ラバってかなり人気があって、始める人も多いよね!」

その通りです!手軽に始められるのは、そのゲームスタイルがとてもシンプルで分かりやすいから。

そして憧れの対象魚であるマダイを、カンタンに釣り上げることができるからでしょう。

シマノのエンゲツSSシリーズとは

エンゲツSSシリーズとは、シマノから発売中の鯛ラバゲームを楽しめる専用ロッドのことです。

炎月リミテッドやゲーム炎月、エンゲツ・エクスチューンといった上位機種よりも比較的安い価格帯に設定、エントリーモデルの炎月BBより上位に位置付けされています。

その特徴は、ブランクスにあります。

シマノ独自のスパイラルXにハイパワーXで縛って補強する形を採っていて、大型のマダイが掛かってもしっかりと受け止め引き上げることができます。

じゅうぶんなパワーと張り・トルクを持ち合わせた仕様に、ベテランアングラーも納得の仕上がりといえるでしょう。

またグリップ周りにも注目してください。

ベイトモデルには、Xシート・エクストリームガングリップを搭載しています。

左手持ち・右手持ちで形状を切り換えているので、手のひらに対するフィット感が向上。

高い操作性を生み出し、長い時間のホールド状態にもじゅうぶん耐えられるでしょう。

等速巻きが求められるリトリーブスタイルにも、柔軟に対応しやすいグリップだからこそ、好釣果に直結しているのです。

ガイドシステムも左右専用のスパイラルガイド設定で、ライントラブルを抑える性能に加えて、リトリーブの際のロッドのブレも効果的に減らしています。

それにより、等速巻きを一層カンタンに実践できるようになっているのです。

マダイは、着底した鯛ラバが上方に向かって一定速度で移動していく状態に、極めて強く反応しリアクションバイトしてきますよ。

それを等速巻きメソッドで実践、誘いをかけるわけです。

エンゲツSSのロッドテイップに注目!

エンゲツSSシリーズのロッドティップに注目してください。

ベイトロッドには、ソリッドのタフテックαが採用されていますよ。

曲がり込みがスムーズなので、マダイのバイトを弾いてしまうことなく、しっかりとフッキングに持ち込むことが可能です。

スピニングロッドには、ソフチューブトップが搭載されていて、ブレのない軽快なキャストフィールを味わうことができますよ。

船から遠く離れたポイントでのアタリを感知し、しっかりと食い込ませることもOK。

まるでチューブラーティップとソリッドティップのメリットを兼ね合わせたような、ハイバランス設計になっています。

バーチカルに攻めたいときはベイトロッド、キャスティングを絡めて広範囲のマダイにアピールしたいときは、スピニングロッドを選択するようにしましょう。

エンゲツSSは持ち運び便利な2ピース仕様!

エンゲツSSシリーズは、S72MHを除く全ての機種が、ワン&ハーフ設計の2ピース仕様になっています。

仕舞寸法を140センチ以下に収めることで、船への持ち込みをカンタンに済ませることが可能に。

長いままの1ピース状態では、どこに引っ掛けて破損トラブルに見舞われるか分かりませんからね。

仕舞寸法に統一感があることで、複数の種類のロッドを持ち込む際にも、同サイズのロッドケース1つにまとめることができます。

煩わしさが減れば、そのぶん釣りに対する集中力が増しますから、鯛ラバゲームをより一層楽しめるでしょう。

エンゲツSSシリーズからおすすめの機種をピックアップ!

それでは、エンゲツSSシリーズの中からおすすめの機種を取り上げてみましょう。

まずは、ベイトロッドから。

詳細スペックや実際に手にしてみたインプレも含めて、どのようなロッドに仕上がっているかチエックしました。

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 炎月(エンゲツ) SS 掛け調子 B66ML-S/RIGHT フォールタイラバ スタンダード

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 炎月(エンゲツ) SS 掛け調子 B66ML-S/RIGHT フォールタイラバ スタンダード

最安値価格
¥21,175(楽天市場)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥21,175

Yahoo!へ ¥21,175

エンゲツSSシリーズのベイトロッドで、掛け調子タイプです。

長さ6.6フィートでMLパワー、仕舞寸法は133.0センチになっていますよ。

自重は143グラムと軽め、適合する鯛ラバウエイトは、30グラムから100グラムまで。

PEラインは、1号までなら使えますから、潮の影響を受けにくい細さにまで下げて使い込みたいですね。

ソリッドティップなので感度は高く、マダイが触ってくるのを見逃さずにフッキング動作へと移ることができます。

掛けてアワセるパワーはじゅうぶんで、掛けた後のマダイの暴れる引きにも追従できるように仕上がっていますよ。

そしてベイトタックルが得意とする、フォールタイラバにも柔軟に対応。

鯛ラバがフォールしている最中に、アタリをしっかり感知しやすくなっていて、その瞬間に掛けることが可能です。

実際に手に取ってみると、手のひらによく馴染むグリップ形状は秀逸。

瞬発的なフッキング動作にも、これなら対応しやすいでしょう。

実売価格は2万円前後と、たいへんリーズナブルな価格設定に収まっているのが嬉しいですね。

シマノの鯛ラバロッドは、価格帯別・性能別に種類が豊富で、予算に合わせて購入しやすいのも大きなメリットといえそうです。

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 炎月(エンゲツ) SS 乗せ調子 B610MH-S/RIGHT 中~大鯛 ディープ

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 炎月(エンゲツ) SS 乗せ調子 B610MH-S/RIGHT 中~大鯛 ディープ

最安値価格
¥21,054(Yahoo!)

Amazonへ ¥24,325

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥21,054

こちらは、エンゲツSSの乗せ調子にセッティングされたベイトロッドです。

長さ6.10フィートでMHパワー、仕舞寸法は140.0センチに収められていますよ。

自重は150グラムで、45グラムから200グラムのウエイトの鯛ラバを操れるようになっています。

PEラインは1.5号の太さまで使えますが、ラインを多めに放出する釣り方がメインとなりますから、あまり太いラインを使わないほうがアタリを取りやすいでしょう。

等速巻きでオートマチックにマダイをフッキングに持ち込めるタイプですが、この機種はドテラ流し専用として使っても面白いかもしれませんね。

となれば、使える鯛ラバは200グラムを超えてもだいじょうぶな印象があります。

結構ブランクスにはパワーと張りがありますから、水深100メートルを超えるようなエリアでも、果敢に攻めることが可能でしょう。

実際に手にしてみると、持ち重り感はありますが、その分大きな負荷が掛かっても安心してやり取りできそうな雰囲気も持ち合わせていますよ。

ドテラ流しにチャレンジしたいアングラーなら、そのための1本として揃えてもいいのではないでしょうか。

実売価格は2万円台前半、このスペックでこの価格帯なら購入しやすいロッドといえそうです。

電動鯛ラバを実践するのにも、向いているでしょう。

シマノ(SHIMANO) リール タイラバ 19 炎月 CT 151PG 左

シマノ(SHIMANO) リール タイラバ 19 炎月 CT 151PG 左

最安値価格
¥4,655(Yahoo!)

Amazonへ ¥23,566

楽天市場へ ¥21,945

Yahoo!へ ¥4,655

シマノからリリースされている、鯛ラバゲーム用のベイトリールです。

フォールレバーとカウンターを装備しているので、マダイの食いっぷりに合わせてフォールスピードを切り換え調整できますよ。

またデジタルカウンターを見ながら、フォールと巻きのスピードを数値で確認OK。

これでヒットパターンを正確に再現できるのが嬉しいですね。

ベイトリールの上位機種に搭載されていた機能が、この価格帯のものにも標準装備されたのは大きいでしょう。

ボディは、剛性・耐久性に優れたHAGANEボディで作られていて、マダイの強烈な引きにもしっかり耐えてくれますよ。

実際に手にしてみると、自重250グラムは軽く感じますね。

ギア比は5.8対1とローギアに振っていて、ハンドル1巻きで58センチのライン回収になります。

スローに等速巻きを繰り返すつもりなら、これくらいの巻きスピードのほうが食わせの間をマダイに与えられるでしょう。

でも深場を探るようなら、回収に時間がかかりそうですね。

ラインキャパは、PEライン0.8号で400メートルもありますから、じゅうぶん鯛ラバゲームを楽しめるでしょう。

実売価格は2万円前後と、たいへんコスパ優秀といえるのではないでしょうか。

エンゲツSSシリーズを駆使して鯛ラバゲームを楽しもう!

エンゲツSSシリーズの特徴や、おすすめの機種をご紹介しましたが、いかがでしたか?

鯛ラバゲームをこれから始める人に、ぜひ手にしてもらいたいロッドシリーズですね。

鯛ラバの関連記事はこちら

タイラバ」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング