ルアー 写真

【令和元年版】バス釣りルアーの選び方大特集!おすすめワームやハードルアーを徹底紹介

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りに使うルアーだけでも、もの凄い数になりますよね。

バス釣りには歴史があり、その中で培われてきた技術によって、日々新しいものが生まれ続けています。

初心者の人にとって、どのルアーを選ぶか?は、なかなか困難なことに違いありません。

釣り人をソノ気にさせるバス釣りルアー!

バス釣りは、気軽に楽しめるルアー釣りのひとつです。

ならばルアーの選び方も、気軽であるべきでしょう。

バス釣りにおける専門性を説明されても、ちょっとハードルが高過ぎますから、ここでは分かりやすく扱いやすいおすすめルアーをご紹介します。

例えば、この画像のワーム。

エビに似ていて手足いっばいで、釣れそうな雰囲気に満ち溢れていますよね。

釣り人をソノ気にさせる要素が載っているルアーが、やはりイチバンです。

おすすめバス釣りルアー①羽根モノトップウォータールアー

トップウォータールアーは、水面に浮かぶルアーの総称です。

その中でもボディの左右に羽根の付いたものがありますよ。

ノイジーとか羽根モノと呼ばれていますが、最近ではクローラーベイトとも。

その歴史は古く、100年以上前から存在しています。

遠投できて、ゆっくり水面をリトリーブ。

その間にバスを引き寄せるだけの、音・光・水飛沫・波動を発生させることができるのです。

今日バス釣りでこれ投げましたがアピール力がスゴすぎてトンビにかっさらわれました!!
上空にトンビがいないことを確認して投げることをおすすめします(泣)

出典:amazon

おすすめバス釣りルアー②クランクベイト

クランクベイトは、バス釣りルアーの中で進化を遂げ続けているルアーのひとつ。

小粒コンパクトなものから超大型サイズのものまで、驚くほどの種類がリリースされていますよ。

選び方の基準は、見た目がカワイイこと。

長く使い続けようと思ったら、カワイイ要素は外せません。

あとはキャストしやすい重さがあること。

目安として、9グラム以上の重さがあれば、ベイトタックルを使って広範囲にキャストすることが可能です。

よく釣れる。非常にコスパよい。
値段気にせず、思い切って攻めれます。

出典:amazon

おすすめバス釣りルアー③高比重ワーム

ワームは、柔らかいゴムのような素材で出来ています。

そのために生命感溢れる細やかでフレキシブルな動きを得意としていますよ。

例えば、ミミズやエビ・カニ・小魚など、小動物らしい繊細な表現を、ほぼセルフでおこなえてしまうのです。

さまざまなリグ=仕掛けがありますが、初心者ならフックだけを付けてキャストできる、ノーシンカーリグをおすすめします。

ということは、ノーシンカーリグで使える高比重ワームをピックアップすることにしましょう。

木々の枝やコンクリートの壁・岩盤などにぶつけても、破損しないのが嬉しいですね。

冬時期には使えませんが、夏に向けての時期にカバー打ちするには大活躍すると思います。
自重約19gの為、ベイトキャスティングリールでもノーシンカーでキャスト出来ます。
名前の通り、しっかりバックスライドもします。

出典:amazon

おすすめバス釣りルアー④スピナーベイト

スピナーベイトは、ワイヤーアームで作られたバス釣りルアーです。

「何これ?こんな生き物いないよっ!」

そういう印象を持つ人がいますが、そこが素晴らしいのです。

バスを釣り上げることに特化したことから、とてもシンプルな構造に仕上がりました。

引っ掛かりにくく投げやすいルアーですから、初心者の人にもおすすめですよ。

よく釣れます!小バスからデカバスまで。アームも強いしとてもいいスピナベです。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング