結び方 イラスト

釣り糸の結び方をマスターしよう!PEラインとショックリーダー・フック・スナップの結び方特集!

FISHING JAPAN 編集部

釣りをするときに釣り糸の結び方を知らなければ、釣りを始めることはできません。

「ラインを結ぶくらいカンタンじゃないの?」

そんなことはありません。

その一端を魚がくわえて引っ張るのです。

安易な結び方をしていると、あっという間に解けてしまいますよ。

たくさんの釣り糸の結び方から必要なものをピックアップして覚えよう!

釣り糸の結び方には、とてもたくさんの方法があります。

その全てに精通することは、かなり難しいかもしれません。

代表的ないくつかの結び方をピックアップして、結ぶ練習を始めることにしましょう。

スマホがあればそばに置いて、動画を再生しながら結び方を覚えることができますよ。

フック・ヨリモドシ・ライン同士の結び方

釣り糸の結び方を覚えようと思ったら、何と何を結ぶか?で、その方法が変わることを知っておきましょう。

まずはフックとラインを結ぶ方法・外掛け結びから体得したいものです。

それができるようになれば、ヨリモドシなどとラインを結ぶ、クリンチノット。

次に覚えたいのが、ラインとラインを結ぶ、オルブライトノットでしょう。

どれも釣り糸の結び方の基本と考えて、何度も動画を観ながら反復練習をおこなってください。

どの部分を指でつまんで、どれくらいの力で引っ張るかは、自分なりに複数種類試さなければなりません。

ラインの太さや滑りで、微妙に変わってくるからです。

あきらめずに根気よく練習を繰り返してみましょう。

スナップを結ぶのに適したユニノット

ルアー釣りやエギングなどでよく用いることになる、スナップと釣り糸との結び方・ユニノットも動画で練習しておきましょう。

少し大き目のパーツやラインを使って、指で押さえる部分も明示してくれていますから、とても分かりやすいですよ。

FGノットを結ぶのにアシストしてくれる道具があるって本当!?

釣り糸の結び方で最も注目を浴びているのが、PEラインとショックリーダーを結ぶ方法・FGノットです。

リールに巻いているPEラインに、リーダーラインを結び付けて解けないようにするのですが、FGノットほど強力でしっかり結べる結び方はないと高い評価を受けていますよ。

その分、結び方が難しいとされていますが、それを助けてくれる専用道具が開発されたのです。

是非このノットアシスト道具を使って、釣り糸の結び方をマスターしてください。

釣り糸の結び方関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング