ノット 写真

リーダーの結び方を習得しよう!カンタンにできるノットや最強ノットをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

リーダーとメインラインを結ぶことが、釣り場でも必要となってきました。

室内の明るい照明の下ならうまく結べるのに、釣り場では失敗してしまうという人が結構いますよね。

それを克服するには、日々の繰り返し練習しかありません。

ここでは代表的なリーダーの結び方の動画をピックアップしてみました。

リーダーの結び方の初歩をマスターできる電車結び!

リーダーの結び方を練習する初期段階で、ラインのクセや加える力加減を知っておきたいですよね。

そこでトライしてほしいのが、基本的な結び方といわれている電車結びです。

結束強度としては最強ではありませんが、釣り場でもカンタンにできてしまう結び方なので、習得しておいて損はないでしょう。

次の結び方へのステップと考えてください。

添付動画はとても分かりやすく、すぐに覚えることができるでしょう。

リーダー最強の結び方・FGノットを習得しよう!

次に覚えてもらいたいのが、最強ノットといわれているFGノットです。

「いやいや、FGノットはハードルが高過ぎるよ~、、」

確かに結び目がコブ状に膨れ上がってしまったり、解けてしまったりするケースが多発します。

でもそれはリーダーの結び方に慣れていないだけ、誰しも通る道なのです。

あきらめず根気よくトライする気持ちを失わないようにしましょう。

新しい結び方も発明されていますが、FGノットがベースになっているのはほぼ間違いありませんから、習得できるように努めたいものです。

リーダーにおすすめのフロロカーボンライン!

リーダーに適したおすすめラインをご紹介します。

PEラインを道糸に、そのデメリットをフォローする意味で結束するリーダーには、フロロカーボンラインやナイロンラインが用いられます。

フロロカーボンラインをリーダーにすれば、水中に沈めるのを素早くおこなうことができますよ。

スプールがとてもコンパクト(直径6.5cm、厚さ6㎜)で携帯するのにかさばらず、巻いてあるラインがばらけないように押さえておいてくれるラバーバンドも付いていてありがたいです。

出典:amazon

フロロカーボンなのに、少しナイロンのような感触で伸びる感じが好きで愛用しています。
大物がヒットしたときに、この伸びで助けられている気がします。

出典:amazon

タチウオ狙いのワインド釣りに利用しました。
釣果抜群でばらしなく、影の活躍者だと思っています。
今後も使用続けます。

出典:amazon

リーダーに使ってみたいナイロンライン!

リーダーをナイロンラインにすると、水面にラインを浮かべることが可能になります。

流れに乗せてルアーをドリフトしたい人や、トップウォータープラグを使いたい人に適しているでしょう。

ただし、ナイロンラインは水をよく吸い込みますので、劣化を感じるようならひんぱんに結び換えるようにしてください。

ナイロンですが適度に張りがあって良いです。
耐久性も高く、自分は短めで使うほうですが
長めでも短めでも一日重いジグを目一杯投げてもタフネスです。

出典:amazon

釣り糸の結び方についての記事はこちら!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング