バス ルアー 写真

スピナーベイトの使い方ってどうすればいいの?琵琶湖と野池では使い方が違う?

FISHING JAPAN 編集部

スピナーベイトの使い方で悩んでいる釣り人がいます。

形が生き物に似ていないから、どんなふうに動かせばいいのかイメージできない!とのこと。

それなら、考え方を一変させれば即解決です。

つまり、生き物に寄せて考えず、シンプルな使い方を徹底させましょう。

ここでは、スピナーベイトについて一歩踏み込んで考えてみます。

スピナーベイトのベーシックな使い方とは?

ワイヤーでつながれたブレードとヘッド部分を水中で引っ張ることで、独特の揺れが発生します。

回転による波動や光の反射=フラッシングによって、ニュートラルなバスをソノ気にさせるのがスピナーベイトです。

ということは、揺れ+フラッシングを持続しながら泳がせることができれば、スピナーベイトをきっちり操作していることになるわけです。

リトリーブを止めればフォーリングさせたことになりますし、カバーに当ててすり抜ければコンタクトによるヒラ打ちアクションを発生させたことになります。

難しく考えずに、まずは一定のスピードでリトリーブを続けることを心がけましょう。

ちなみに、リトリーブ状態でブレードを水面に出すことを、バジングと呼びます。

どの層をどれくらいのスピードでリトリーブするかは、釣り人個々が釣り場に着いてから決めること。

琵琶湖であっても、近所の野池であっても、使い方が変わることはありません。

人気のDゾーンでスピナーベイトの使い方をマスターしよう!

人気のスピナーベイトとして、いつも名前が挙がるのが、このDゾーンです。

理由が明確で、よく釣れるからということ。

ルアーに求められる最もシンプルで訴求力のある言葉だと感じます。

使い方は、スローからファーストへ、リトリーブスピードを変えながらバスの反応をチェックすることから始めましょう。

シャローカバーにコンタクトさせる使い方をしたいジャッカル・ドーン!

ウエイトが1/4オンス=7グラムしかありませんから、早くリトリーブするとカンタンに水面に飛び出てしまいます。

飛び出るか出ないかのスピードで、シャローエリアのカバーにコンタクトさせながら泳がせる使い方をしてみましょう。

縦方向にフォールさせながらバスを誘うスピナーベイト・ウインドレンジ

落ち葉のような形のウィローリーフブレードではなく、丸くて引き抵抗のあるコロラドブレードを標準装備したスピナーベイトです。

このタイプの使い方は、リトリーブを止めてフォールさせるアクションを入れること。

コロラドブレードは、フォール中でもしっかり回転運動をしてくれますし、発生させる波動が強めです。

水深のあるポイントや、琵琶湖によくある長めのウィードエリアで、縦方向にきっちり探りたい場合に重宝するでしょう。

スピナーベイトの収納ケースにも注目!

スピナーベイトの使い方を考える上で、収納しておくケースまで考えを及ばせるようにしましょう。

シリコンスカートが水に濡れたままでは、劣化を早めてしまいますから、十分乾燥できるような収納ケースが望まれます。

VS-4060なら、スピナーベイトをひとつずつ分けてぶら下げ保管ができますよ。

しっかり乾燥しておけば、次回の釣りでもすぐに取り出して使うことが可能でしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング