バス ルアー 写真

リアクションバイトとは?スピナーベイトを使って実践してみよう!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、バス釣りにおけるリアクションバイトとはどんな意味か、ご存知ですか?

さまざまなルアーを用いて引き出せるのが、条件反射で食う=リアクションバイトです。

ここでは、スピナーベイトを使ったリアクションバイトのテクニックについて、ご紹介しましょう。

リアクションバイトとはどういう意味なの?

リアクションバイトとは、反射的にルアーに食い付いてしまうバイトを意味しています。

ルアーをエサに見立てて食い気を誘う方法とは真逆だと考えてください。

あっ!感じた瞬間、思わず口にしてしまうのがリアクションバイトだとすれば、それを引き出すのにスピナーベイトほど適したルアーはないといえるでしょう。

スピナーベイトを使ってバス釣りをしてみた!リアクションバイトの仕組みとは?

スピナーベイトには大きなブレードが付いていて、これが高速で回転し光を反射します。

水流も起こすので、濁りの入った水質や障害物の中にいるバスにとって、瞬間的に飛び込んでくる刺激は強烈なものであるといえるでしょう。

すなわち、目でとらえにくい状況にあるバスが、それ以外の感覚器官に頼らざるを得ないなら、スピナーベイトが発生させている刺激に、反射的に応じてしまうのです。

これがリアクションバイトの仕組みです。

スピナーベイトを使ったルアーテクニック

まずは動画を観てください。

濁りと障害物に満ちた状況で、釣り人の選択はスピナーベイトになっています。

まさにリアクションバイトを引き出せるバス釣りをしていますよ。

何本か釣ってから、軽いスピナーベイトのスローリトリーブも試していることにも注目してください。

リアクションバイトをしてこないバスがいないか、きっちりチェックしています。

さすがはバストーナメンター、ルアーテクニックが懐にぎっしり詰まっている印象を受けます。

スピナーベイトを使ったアプローチをバスの状態に合わせて繰り出している動画がこちら

リアクションバイトを利用するテクニックは、釣り場のコンディションが食わせの釣りに向かないと判断したときに繰り出したいですね。

スピナーベイトのリトリーブスピードを上げることで、リアクションバイトの確率は上がります。

でもそれで釣れない場合のフォローアプローチも、しっかり準備しておきたいものです。

おすすめアイテムのご購入はこちら

スピナーベイトの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング