サバ 写真

サバが釣れたらしっかり血抜きしてる!?サバの締め方「サバ折り」やヒスタミン中毒、鯖アレルギーについてご紹介します!【動画】

FISHING JAPAN 編集部

5月~10月頃までは、サバがよく釣れる季節です。

小鯖の群れが、堤防などから目視できたり、入れ食いのようにどんどん釣れたりして、初心者の方はすごく楽しいですよね!

そんなサバですが、傷むのが早い魚として有名です。

今回はそんなサバを上手に締める方法を動画を交えてご紹介します。

サバは足が速い?

サバは、アジやマグロなどと同様、世界的によく食べられている魚です。

しめ鯖にしたり、焼いても煮ても美味しいので、世界各国で親しまれています。

しかし「鯖の生き腐れ」という言葉も存在します。

「鯖の生き腐れ」とは、サバが非常に傷みやすいことからできた慣用句です。

生き腐れって、少しひどい言い方ですよね・・・

サバの身には、ヒスチジンという物質が多く含まれており、この物質は短時間で酵素分解します。

酵素分解すると、ヒスタミンという物質に変わります。

このヒスタミンが、人によってはアレルギー反応を起こし、腹痛や蕁麻疹などが出る原因となってしまうのです。

この症状はヒスタミン中毒といい、食中毒に相当します。

また、鯖アレルギーも存在します。

これは、鯖に寄生するアニサキスが作り出すタンパク質に、免疫細胞が反応して起こるアレルギー反応です。

そばアレルギーや卵アレルギーなどと同じ仕組みで引き起こされる症状で、蕁麻疹が出たり、腹痛、下痢などが起こります。

サバを食べた後、蕁麻疹が出たことがある方って、結構多いのではないでしょうか?

そういった方は、鯖アレルギーやヒスタミンによる食中毒になった可能性が高いです。

鯖アレルギーとヒスタミンによる食中毒

鯖アレルギーとヒスタミンによる食中毒は、症状が似ているので区別がつけづらいです。

鯖アレルギーの場合は、サバを今後食べる度に症状が出ることになります。

鯖アレルギーは比較的重篤化しにくいと言われていますが、蕁麻疹が出たり、嘔吐や下痢などの症状が出て、辛い思いをしてしまうことになります・・・

サバを食べる度に症状が出る場合は、アレルギー検査を受けてみたほうがいいかもしれませんね。

一方で、ヒスタミンによる食中毒が原因だった場合は、鮮度にさえ注意すれば、今後もサバを食べられるというとです!

ヒスタミンは魚などの中で発生すると、煮ても冷凍しても焼いてもなくなることはありません・・・

そのため、ヒスタミンの発生をできる限り抑えることが重要です。

マグロやカジキなどでも症状が出る例もあるので、注意したい食中毒です。

魚の鮮度を保つには?

ヒスタミンは冷蔵保存をすることで、増加を抑えることができます。

そのため、釣った魚は必ず冷えたクーラーボックスで持ち歩きましょう。

魚が釣れてから冷やすのでは遅いので、家を出る時から冷やしておきましょう!

さらにサバを美味しく食べるには、締め方も重要です。

「サバ折り」って聞いたことありませんか?

サバ折りの方法!

サバ折りは、ハサミがなくてもできる締め方です。

サバは血が多い魚なので、血を抜いておくほうが身が悪くなりにくいのでおすすめですよ!

釣ったらサバ折りで締めて、血抜きをした後、冷やしたクーラーボックスで持って帰りましょう!

そうすればこの暑い時期でも傷まず持って帰れるはずです!(※鮮度を保証するものではありません)

釣った魚で釣り人が食中毒にかかってしまう例は、結構多いです。

釣り人の皆さんも細心の注意を払って、美味しく魚を食べましょう!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング