ロッド 写真

AR-C TYPE XXはマイルドなキャストフィーリングを可能にしてくれるスピニングロッド!気になる特徴やインプレをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

AR-C TYPE XXは圧倒的な飛距離とともにコントロール性能も抜群なロッドです。

AR-CシリーズのVRとの違いはあるのでしょうか?

気になる特徴やインプレをご紹介します!

VRとの違いは?AR-C TYPE XXの特徴!

飛ばすために生まれたと言っても過言ではないAR-C VRですが、AR-C TYPE XXは、あえてパワーの出方をマイルドに抑えているところが特徴です。

マイルドなキャスティングフィールを感じられるよう、調子を優先した設計になっています。

そのためキャスティング時はリリースの幅がより広がり、魚がかかったときのためも効きやすくなっています。

繊細さと強さを兼ね備え、どんなレベルのアングラーにも扱いやすく、簡単に遠投ができるルアーキャスティングロッドです!

ラインナップ

ラインナップは全部で下記の9種類あります!

・S808L

・S904L

・S1000L

・S1008L

・S808M

・S904M

・S1000M

・S1008M

・S1104M

カテゴリー目安表

品番シーバス(ウェーディング)大場所シーバス磯マルスズキヒラスズキヒラメ漁港等小場所ヒラメ本流サクラマス海アメマス・海サクラマスショアジギング
S808L
S904L
S1000L
S1008L
S808M
S904M
S1000M
S1008M
S1104M

魚種・フィールド・ルアーによって、より適合する種類を選ぶことが可能です。

自分がしたい釣りに合わせて、最適なもの選びましょう!

特に人気のS1000L・S1000Mのインプレ

●S1000L

普段使用するEXCENCE808MMHよりバットが太く、先調子のためか20g以上のウェイトのルアーを思いっきりテイクバックして竿の反発で飛ばせます。また、先代のGAME AR-C906より使用感というか持ち重りがありません。とはいっても重いです。この重さのために飛距離とキャスト時の安心感が生まれています。メタルジグも28gをつけてフルキャスト可能。C3000SDHのリールに100m巻いたラインがすっからかんになってなお足りないこの感覚は爽快です。
PE1号、16g-30gのプラグがメインですが楽に曲がるので軽く振ってもぶっ飛びます。23g辺りが一番気持ち良く感じますリールの巻き数からの計測ですが、ほぼルアーのメーカー公証値の飛距離が出てるので沖のブレイク狙いにも重宝します。

●S1000M

いろんなエリアでも対応できる優れものです。飛距離最高!買って良かった。
シーバス狙いのルアー釣りのために購入しましたが、キス狙いの投げ釣りにも使ってます。遠投性能が高い上、ロッドの感度が良いので、小物狙いの投げ釣りにも使えます。10cmくらいのメゴチのアタリを明確に取ることができる感度です。また、魚をかけた際、ロッドの上部が結構しなるので、食い込みが良く、バラシにくい感じがします。軽いので、キャスティングの際、しっかり振り切れる点も良いです。適合ルアーウェイトが10g~55gと、かなり広いですが、20g以上あたりから、このロッドの遠投性能が発揮される感じがします。軽めに振っても、かなり飛びます。

インプレでは、遠投性と当たりの感度について高評価が多くありました。

またこのロッドは3本継になっているので仕舞寸法も短めで持ち運びにも優れています。

シーバス釣りからキス狙いの投げ釣りやショアジギングで重めのプラグを使ったヒラメ釣りなど、様々なシチュエーションで活躍してくれるAR-C TYPE XXの性能をぜひ試してみてはいかがでしょうか?

詳しくは、AR-C TYPE XXの公式HPをご覧ください!

購入はこちら!

関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング