アイテムのアップ写真

活〆スティックは2024年ダイワからリリースの携行性に優れた魚締めピック!

FISHING JAPAN 編集部

釣り上げた魚を〆るのに、細長くて頑丈なピックがあれば重宝します。

氷を砕けるほどの強さがあれば、クーラーボックスに入れる氷も細かく割ることができるでしょう。

2024年ダイワから新登場する、活〆スティックの特徴・使い方について、詳しくご紹介します。

活〆スティックとは

活〆スティックとは、2024年ダイワからリリースされる、釣った魚を絞めるための便利アイテム=ピックのことです。

グリップ部分が取り外し式になっていて、先端の鋭利な約100mmサイズのピックを、中にコンパクトに収納することができます。

収納してしまえば、ゲームベストのポケットに入れておいても、危なくはないでしょう。

活〆スティックの全長は、ピック部分+グリップ部分で、約230mmになります。

ウエイトは、約58gですから、とても軽くて持ち運びしやすいのが特徴です。

魚を絞めるときはもちろん、氷を砕くときにも使うことができます。

約100mmのロングサイズピックなので、青物の大物が釣れても対処可能でしょう。

ピックの先端に注目してください。

刺さりの良い、4面カット形状の先端デザインになっています。

そしてその素材は、サビに強いステンレスを用いた鋼刃です。

活〆スティックは、用途に応じてI字=真っ直ぐ・T字に変形して使えるようになっています。

例えば、通常の魚絞め作業なら、I字にして使うといいでしょう。

しっかりと握ってチカラを先端に加えたいときは、T字にして手のひらでグリップを支えてください。

実際に活〆スティックを手にしたときに、自分の使いやすいカタチを見つけ出してみましょう。

活〆スティックのさまざまな使い方をチェック!

活〆スティックがあれば、さまざまな釣りシーンで活用することができます。

例えば、ショアジギングゲームで、ブリなどの大物を釣り上げたとき。

そのままクーラーボックスに入れて持ち帰ると、せっかくの新鮮な身に血が回ってしまいます。

活〆スティックでブリの頭部を刺して、脳締めをおこなうようにしてください。

その後、エラを開けてナイフで中骨の辺りをカット、海水を溜めたバケツに頭から放り込んでおくと、血抜き作業を上手く完了することができます。

例えば、エギングゲームで、大型のアオリイカを釣り上げたとき。

そのまま生かしておくと、いつスミを吐き出すか分からないので、素早く目と目の間を刺して、活け締めをおこないましょう。

上手く締まったら、アオリイカの全身が真っ白に変色していきます。

身体の上半分しか白くならなかったら、刺した位置の少し下を、再度刺してください。

中枢神経を貫くことができれば、残り半分の身体も白くなるでしょう。

クーラーボックスに収納する前に、きっちりと活け締め作業を完了させたいものです。

合計2種類のカラーバリエーションから選択可能!

活〆スティックには、全部で2種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●レッドカラー

●ディープブルーカラー

どちらの配色も、手のひらで握るのに識別しやすく、長く手元に置いて使い続けるのにいいかもしれません。

活〆スティックをショアジギングゲームに持参しよう!おすすめの専用ロッドを選んでみた!

活〆スティックを持参して、ショアジギングゲームを楽しみましょう。

おすすめの専用スピニングロッドを、ピックアップしてみました。

10ftを超える長さのブランクスであれば、意図した沖合いまでメタルジグを飛ばすことができるでしょう。

大型の青物がヒットしたら、時間をかけて弱らせてください。

ランディングには、大きな玉枠のネットを持参することも忘れないようにしましょう。

ダイワ(DAIWA) ロッド 21 オーバーゼア グランデ 100M

ダイワ(DAIWA) ロッド 21 オーバーゼア グランデ 100M

最安値価格
¥23,750(Yahoo!)

Amazonへ ¥24,000

楽天市場へ ¥25,340

Yahoo!へ ¥23,750

ダイワからリリースされているショアジギングゲーム用スピニングロッド・オーバーゼアグランデシリーズの中から、100Mをチョイスしてみました。

ここまで長いブランクスなら、ショアジギングゲームはもちろん、サーフヒラメゲームでも活躍してくれるでしょう。

全長は3.05mで、2ピース仕様。

仕舞寸法は、157cmにまで縮まります。

ウエイトは、275gです。

ブランクスの先径/元径は、2.0/14.4mmとやや太めになっています。

適合するメタルジグウエイトは、15gから60gまで。

適合するラインは、PEラインなら1.0号から2.0号程度まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.0%に設計されています。

実際に手に取って継いでみたのですが、とても持ち重り感がなく、軽やかな印象を持ちました。

グリップは細身寄りで、チカラを込めて握ることが可能です。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

活〆スティックの気になる発売日はいつ?

活〆スティックの気になる発売日は、2024年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2色とも3,400円です。

先端の尖ったピック部分を、グリップ部分の内部に収納しておけば、とてもコンパクトなサイズになります。

ゲームベストやジャケットのポケットに入れておいて、必要なときにすぐに取り出せるようにしておきたいものです。

新製品の関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング