ルアーのアップ写真

ジェットストライカーは2023年新発売の回転ペラ搭載トップウォータールアー!

FISHING JAPAN 編集部

ダイビングペンシルに見えるフォルムですが、大きな金属ペラや突き出たヒートンを後部に搭載しています。

その名は、ジェットストライカー。

2023年ティムコからリリースされる、クリッタータックルシリーズの最新作です。

どのようなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

ジェットストライカーとは

ジェットストライカーとは、2023年ティムコから新発売となる、バス釣り用トップウォータールアーのことです。

全長は111mmですから、バスが好むベイトフィッシュと似通っています。

ウエイトは、19g。

やや重めの設定なので、通常のベイトタックルでロングキャストすることができるでしょう。

フックは、4番サイズのトレブルフックが前後に2つ付いていますが、後部のフックに注目してください。

なんと中心部に後方向きのアイが付いていて、そこに金属ペラが装着されています。

この金属ペラ、他のルアーであまり見たことのないカタチをしており、水流をしっかり受けて回転をキープできるように作られているのです。

当然周囲の水は攪拌され、バスが気づく原因となるでしょう。

もうひとつ目を引くパーツが、最後尾から斜め下に突き出ているヒートンです。

ヒートンの先端には何も付いておらず、輪を伸ばした状態で金属ペラの近くに。

金属ペラの回転が大きくなると、このヒートンを何度も直撃するでしょう。

それくらいでは回転は止まらず、何度も何度もヒートンと接触し続けることに。

その際に発生する干渉音やボディ全体を揺らすアクション、金属ペラのフラッシングなどが、効率よくバスを呼び寄せてくれるはずです。

全体的に後部寄りな重心になるので、ロングキャストを敢行するのは楽でしょう。

広範囲をしっかりアピールしながら移動し、バイトチャンスを膨らませてくれるのを期待しましょう。

ジェットストライカーのバイト要素をチェック!

ジェットストライカーには、水飛沫・ノック音・振動・フラッシングなど、さまざまなバイト要素が含まれています。

シンプルなカタチとは言い難いですが、複合要素が常にバスを刺激してくれるので、いつバイトが発生してもおかしくはありません。

シャローエリアはもちろん、垂直岩盤に沿ったディープエリアでも水面までバスを引き寄せて、バイトに持ち込めるのではないでしょうか。

どれが効くのか、シチュエーションによって切り換わるので分かりませんが、どれかひとつが必ず響いてくれそうです。

合計6種類のカラーバリエーションから選択可能!

ジェットストライカーには、全部で6種類のカラーバリエーションが用意されています。

●#281 ボーンピンキーアユカラー

●#414 SFクリスタルシャートカラー

●#415 ボーンブラックライダーカラー

●#427 スケスケワカサギカラー

●#428 ハーフミラーモロコカラー

●#430 ボーンハイパーブライトバックカラー

ベイトフィッシュに似た配色や、遠くからでも確認しやすい派手な配色がラインナップされています。

釣り場のシチュエーションをしっかり分析して、ベストマッチなカラーを選んでみてください。

フィールドには、3種類以上のカラーを持ち込んでおくと、バスの反応の違いが分かるかもしれません。

ジェットストライカーをロングキャストするのにおすすめのロッドを選んでみた!

ジェットストライカーをロングキャストして広範囲を探るのに適している、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

Mパワーブランクスを採用した長めのベイトロッドなら、飛距離をじゅうぶん伸ばせるでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス バーサタイル ベイト 2ピース 1610M-2 バーサタイル 操作性と遠投性を両立 ハードプラグからワーミングまで

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス バーサタイル ベイト 2ピース 1610M-2 バーサタイル 操作性と遠投性を両立 ハードプラグからワーミングまで

最安値価格
¥13,926(Yahoo!)

Amazonへ ¥14,356

楽天市場へ ¥14,342

Yahoo!へ ¥13,926

シマノからリリースされているバス釣り用ベイトロッドで、Mパワーブランクスモデルを選んでみました。

全長は2.08mとやや長めなので、飛距離を伸ばしやすいでしょう。

2ピース仕様ですから、仕舞寸法は106.7cmにまで縮まります。

ウエイトは107gで、先径は1.8mm。

適合するルアーウェイトは、7gから21gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでです。

グリップの長さは244mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は、99.2%になっています。

実際に手に取って継いでみると、とても張りのあるブランクスという印象を持ちました。

ティップに負荷をかけると、全体的に曲がり込んでいきます。

これならジェットストライカーをラインに結んでバックスイングに入ったとき、ブランクスパワーをじゅんぶん使って前方へ放出できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

ジェットストライカーの気になる発売日はいつ?

ジェットストライカーの気になる発売日は、2023年の8月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,530円です。

これまでバスの反応が鈍かったエリアに投入し、丁寧に誘ってみると面白いかもしれません。

干渉音を発生させるトップウォータールアーなので、垂直岩盤沿いにトレースすれば、ボトム付近からでもバスが浮上してくるのではないでしょうか。

2023年新製品関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ティムコ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング