ネットのアップ写真

FLジョイントⅡは2023年新発売のタモ網をコンパクトに収納する便利パーツ!

FISHING JAPAN 編集部

フッキングした魚やアオリイカなどをランディングするのに、タモ網があれば安心して取り込むことができます。

でも持ち運びする際に、サイズが大きいので邪魔になるケースも。

そんなとき頼りになるのが、2023年ダイワから新発売となる、FLジョイントⅡ。

タモ網の付け根に関節を設ける感じになり、カンタンに折り畳むことが可能です。

その特徴や使い方、どんな釣りにマッチするのか、詳しくご紹介しましょう。

FLジョイントⅡとは

FLジョイントⅡとは、2023年にダイワからリリースされる、ランディング作業を円滑におこなうための便利パーツのことです。

パーツ単体のウエイトは、約90g。

この軽さなら、タモの柄に装着しても、さほど持ち重り感は出ないでしょう。

先端に付いているタモ網との接続部に、FLジョイントⅡを取り付けます。

見た目は、真っ直ぐに伸びていたタモの柄が、クランクして曲がった状態に。

まるで段差が発生したようになりますが、これを利用してカンタンに折り畳むことができます。

低い段差を下側にして、タモ網の先端を上に持ち上げるようにしてください。

そうするとFLジョイントⅡが関節の役割を果たし、直角に立ち上がって、そこからは手前に倒れてきます。

つまり、タモ網の直径の長さ分が、タモの柄の上に重なるように折り畳まれるのです。

この状態なら、タックルを手に持った状態でも持ち運びが便利になるでしょう。

釣り場では、タモの柄を振り出すだけで、折り畳まれていた状態のタモ網をすぐに展開することができます。

魚が掛かっている状況なら、そういう準備をスムーズにスピーディーにおこないたいもの。

振り出すだけで折り畳みが展開されるなら、これほど便利で扱いやすいことはないでしょう。

FLジョイントⅡは簡易ロック構造を採用しているので、タモ網のバタつきを防止できるようになっています。

展開したタモ網を折り畳む際には、側面から突き出しているFLフィンを回すと、ロック状態を解除可能です。

ダイワの製品にフィットするのはもちろんですが、市販の他メーカーのランディングネット用ネジと同じ仕様=W1/2山12なので、そちらに取り付けることもできます。

また網部分がバタつくのを抑える、Oリングも付いています。

FLジョイントⅡが活躍しそうな釣りをチェック!

FLジョイントⅡを装着したタモ網は、どんな釣りを楽しむのにマッチするのでしょうか。

まず挙げたいのが、シーバスゲーム。

防波堤や護岸は、足場の高いところばかりです。

シーバスがヒットしたら、俊敏にタモ網の用意をしなければなりません。

折り畳んだ状態からスムーズに復元できなければ、最悪の場合シーバスを取り逃がしてしまうかも。

そんな事態にならないように、FLジョイントⅡを装着しておいて、その扱い方もマスターしておきましょう。

暗がりで作業するケースもあり得ますから、じゅうぶん練習しておくことをおすすめします。

もうひとつ挙げるとすれば、アオリイカをターゲットにしたエギングゲームでしょうか。

場所移動をこまめに繰り返しながら、エギを投入し続けることになります。

いきなりアオリイカが抱き付いてきて、ジェット噴射で走り出す展開に。

その間慌てずにタモ網を用意できれば、2kgクラスのアオリイカでもすくい上げることができるでしょう。

タモ網を見て暴れるケースもあるので、素早く的確にランディングすることを心がけてください。

合計3種類のカラーバリエーションから選択可能!

FLジョイントⅡには、全部で3種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●シルバーカラー

●レッドカラー

●ゴールドカラー

光沢のある配色になっているので、タモ網そのものがよく目立つのは間違いありません。

FLフィンの位置も見つけやすいですから、折り畳み作業を素早くおこなえるでしょう。

FLジョイントⅡを装着したタモ網を持参してエギングを楽しもう!おすすめのタックルを選んでみた

FLジョイントⅡを装着したタモ網をフィールドに持ち込んで、エギングゲームを楽しみましょう。

おすすめのタックルを、ダイワのエメラルダスシリーズの中からピックアップしてみました。

ロッドは、Mパワーブランクスのやや長めのものにすると、足場の高い防波堤などで活躍してくれます。

リールは、3000番サイズのスピニングリールならロングキャスト可能で、シャクリからのフォールでアタリを取りやすいでしょう。

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 88M-S・R 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 88M-S・R 釣り竿

最安値価格
¥26,272(Yahoo!)

Amazonへ ¥27,720

楽天市場へ ¥27,720

Yahoo!へ ¥26,272

ダイワのエメラルダスAIRシリーズの中から、8.8ftのMパワーブランクスロッドを選んでみました。

全長は2.64mとやや長めで、2ピース仕様。

仕舞寸法は、136cmにまで縮まります。

ウエイトは91gと軽めで、先径/元径は0.9/10.9mmと細めの設計です。

適合するエギサイズは、2.5号から4.0号まで。

適合するラインは、PEラインなら0.5号から1.0号までとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%です。

実際に手に取ってみると、とても張りがあって大型サイズのエギを操りやすい印象を持ちました。

潮の下げに4.0号エギを乗せて、ドリフト釣法で100m沖合いのシモリ・藻場などを叩くのに、丁度いいかもしれません。

防波堤などの上からの操作性が高ければ、掛かったアオリイカをランディングしやすいでしょう。

実売価格は3万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

2kgを超える大型のアオリイカを狙うのに、ベストマッチなスピニングロッドといえそうです。

ディープゾーンまで落とし込んで、ボトムに置いた状態からエギをリフトアップ。

中層から再度フォールさせて、着底するまでにアオリイカに抱かせるのがセオリーです。

アタリも取りやすくなりますし、走られても対処しやすいでしょう。

張りのじゅうぶん備わっているブランクスで耐えながら、時間をかけて水面まで浮かせてみましょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 エメラルダス LT3000S-CH-DH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 エメラルダス LT3000S-CH-DH (2019モデル)

最安値価格
¥10,856(Yahoo!)

Amazonへ ¥11,199

楽天市場へ ¥10,940

Yahoo!へ ¥10,856

ダイワのエメラルダスLTシリーズの中から、3000番サイズのダブルハンドル仕様を選んでみました。

ギア比は5.6対1ですから、ハンドル1回転につき84cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

ウエイトは245gで、最大ドラグ力は余裕の10kgを誇っています。

ラインキャパは、PEラインなら0.8号を200mまで巻けます。

ハンドルの長さは90mmで、ボールベアリングは7個搭載しています。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

これなら購入を検討しやすいですから、これからエギングゲームを始めたい人にもおすすめできます。

アオリイカは、エギを抱いたらいきなりジェット噴射で逃走を開始することが多いです。

ドラグの調整をキツめに締めていると、ラインが耐えられずに破断してしまうかもしれません。

気持ち緩めに設定しておいて、シャクリのタイミングで少しラインが出ていくぐらいなら、破断のトラブルは避けられるでしょう。

FLジョイントⅡの気になる発売日はいつ?

FLジョイントⅡの気になる発売日は、2023年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、4,850円です。

スムーズにタモ網部分を起こしたり折り畳んだりできるようになれば、急なアタリにもしっかり対処できるようになります。

すぐに使える状態にしたタモ網は足元に置いて、ヒザを曲げたに手に取れるようにしておくのがベターです。

夜釣りの際には、タモ網そのものを踏まないように、注意して取り扱ってください。

2023年新製品関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング