ロッドのアップ写真

パックロッドはどれを選べばいいの?おすすめロッド大特集

FISHING JAPAN 編集部

全長で2mや3mを超えるようなロッドを、あちこちの釣り場へ持ち歩くのはたいへんです。

2ピース仕様のものならある程度まで短くなりますが、もっと携行性を高めたいなら、パックロッドがおすすめ。

ここでは、パックロッドの特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

パックロッドとは

パックロッドとは、継ぎ数の多いロッドのことを指しています。

2ピース仕様ならパックロッドと呼ぶことはありませんから、4本以上に分かれる辺りからパックロッドだと認識していいのではないでしょうか。

バラシにした状態で束ねた、いわゆる仕舞寸法が短くなるほど、携行性は高まります。

例えば、50cmに満たない仕舞寸法のパックロッドなら、ロッドケースに収納しやすいですし、旅行バッグなどにも収まりそうです。

携行しやすいというメリットは、さまざまな釣り場でロッドを振れることにつながります。

釣る機会が増えると、比例して魚に触ることができるようになりますから、釣りを趣味としているアングラーにぴったりのロッドといえるでしょう。

パックロッドには、豊富な種類が用意されています。

まずは、スピニングロッドとベイトロッド。

そして継ぎ方にも違いがあって、並継ぎ・逆並継ぎ・印籠継ぎ・振り出しタイプから選べるようになっています。

この中で振り出しタイプのみ、ロッドブランクスの厚みが薄くなります。

理由は、穂先を含めた細い部分のブランクスを、元部分の太いブランクスに順に収めることになるからです。

ブランクスが薄ければ、剛性・耐久性に影響が出ます。

携行性は高まるものの、華奢なブランクスにドキドキしながら釣りをすることになるので、購入前にじっくり検討する必要があるでしょう。

パックロッドの選び方は、ターゲットにする魚に合わせるのがベターです。

例えば、シーバスを釣ろうと思ったら、それに有効なルアーをキャストできなければなりません。

長さも2m以上は要りますし、重めのルアーを背負えるパワーも求められます。

それから前述の仕舞寸法も、選ぶ際に確かめておきたいところです。

携行するのに便利なサイズをきっちり把握しておけば、パックロッド購入時に迷うことはなくなるでしょう。

ガイドシステムやグリップの長さなども、長く使い続けるためにはしっかりチェックしたいものです。

トータルウエイトも、あまりに重くなってしまうようでは、使い心地が良いとはいえなくなります。

パックロッドでシーバスゲームを実践!

パックロッドを使って、シーバスゲームにチャレンジしてみました。

ダイワのスピニングロッド・モバイルパック866TMLなら、振り出し式を採用していて、持ち運びの良さはバツグン。

長さは8.6ftもあるのでじゅうぶんですし、ウエイトは133gと軽め。

継数は6本で、仕舞寸法はなんと54cmにまで縮まります。

これなら漁港の防波堤はもちろん、河口域や市街地の河川へも持ち込みやすいでしょう。

適合するルアーは、最大で25gまでなので、ミノーやシンペン・鉄板系バイブレーションルアーなどを幅広く使うことができます。

12lbまでのモノフィラメントラインを使えますから、大胆に積極的にアプローチすることが可能です。

実際には20g程度のミノーをキャストして、河口域を広範囲に探ってみました。

シーバスの突き上げるようなバイトをしっかりとフッキング、足元まで難なく引き寄せることができました。

ベイトタイプのパックロッドをバス釣りに投入してみた!

パックロッドを使って、バス釣りを実践してみました。

使ったのは、シマノ・ゾディアスシリーズのベイトロッド・C610M-5。

6.10ftのブランクスが、なんと仕舞寸法46.1cmにまで縮まってくれます。

タックルバッグにすっぽり収まってしまうサイズなので、多くの釣り場へ待ち出すことができます。

実際に立ったのは、山間部に広がる野池。

岸際には草木が茂っていて、細いラインではアプローチするのが不安になります。

そこで16lbのモノフィラメントラインを巻いたベイトリールを装着して、ガシガシ草木に触れながらルアーをトレース。

そこに潜んでいたバスが飛び出してきて、きっちりフッキングまで持ち込めました。

継目のある部分も、美しい弧を描いて曲がってくれるので、安心してバスとのやり取りを楽しめたのがメリットです。

おすすめのパックロッドを選んでみた!

それではおすすめのパックロッドを取り上げてみましょう。

シーバスゲームに使ってみたいなら、8ftから9ft程度の長さのものがベターです。

並継ぎタイプにするか、振り出しタイプにするかは、負荷のかかり具合を想定して自分で判断する必要があります。

バス釣り用なら、ベイトロッドにして太いラインを使いこなしてみてください。

アブガルシア(Abu Garcia) ルアーゲーム スピニング ロッド ソルティースタイル カラーズ STCS-905MT-NGネイビーグリーン. 5ピース パックロッド シーバス ライトショアジギング フラットフィッシュ

アブガルシア(Abu Garcia) ルアーゲーム スピニング ロッド ソルティースタイル カラーズ STCS-905MT-NGネイビーグリーン. 5ピース パックロッド シーバス ライトショアジギング フラットフィッシュ

最安値価格
¥11,600(楽天市場)

Amazonへ ¥13,068

楽天市場へ ¥11,600

Yahoo!へ ¥11,600

アブガルシアブランドからリリースされている、5ピース仕様のスピニングロッドです。

全長は2.74mなので、軽く振るだけで飛距離を伸ばすことができます。

仕舞寸法は、なんと59cmにまで縮まりますから、持ち運びはとても便利。

ウエイトは200gで、先径/元径は1.5/13.9mmです。

適合するルアーウエイトは、10gから35gまで。

これならシーバスゲームで用いるミノーやシンペン・バイブレーションルアーなどをロングキャストできるでしょう。

適合するPEラインは、0.8号から1.5号まで。

Mパワーブランクスでレギュラーファーストアクション、カーボン素材含有率は89%になっています。

実際に手に取ってみると、さほど持ち重り感はなく、軽快に操れる印象を持ちました。

ガイドシステムは良好で、細いPEラインでも絡まりにくくなっています。

グリップ周りが細身シェイプなので、長時間の釣りでも疲れずに済むでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ゾディアス (パックロッド) C66ML-5

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ゾディアス (パックロッド) C66ML-5

最安値価格
¥16,686(楽天市場)

Amazonへ ¥18,249

楽天市場へ ¥16,686

Yahoo!へ ¥16,933

前述のゾディアスよりも少し柔らかめのブランクスを採用した、バス釣り用のベイトロッドです。

全長は1.98mと扱いやすいもので、継数は5本。

仕舞寸法は、なんと43.7cmにまで縮まることになります。

これならデイパックに入れて背負えてしまうかもしれません。

両手がフリーになるので、オカッパリシーンでヤブコギする際などにとても便利でしょう。

ウエイトは107gと軽めで、先径は1.6mmです。

適合するルアーウェイトは、5gから15gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら7lbから14lb前後までとなります。

グリップの長さは229mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は、96.2%です。

実際に手に取って継いでみると、とてもシャープで扱いやすい印象を持ちました。

継目の曲がりにぎこちなさは感じられず、安定した弧を描いてくれます。

ギシギシときしむような異音もしてこないので、安心してバスとのやり取りを楽しめるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ロックフィッシュゲームやチヌゲームにも転用可能なので、1本持っておくと便利なベイトロッドになってくれるはずです。

パックロッドを駆使してさまざまな釣りを楽しもう!

パックロッドの特徴や使い方・選び方、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

思い立ったタイミングで釣りを始めたい人、結構居るはずです。

そんなときにそばにパックロッドがあれば、釣りを断念しなくて済むでしょう。

常に持ち歩けるパックロッドを、今シーズンから自分のタックルに加えてみませんか?

ロッドの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング