ワームのアップ写真

ドリフトフライ メロウは2022年新発売のソフトマテリアル採用のリップ付きワーム!

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルのリップ付きワーム・ドリフトフライシリーズの中では、最も大きな5.2inchサイズとなるのが、2022年新登場のドリフトフライ メロウです。

いったいどんなワームに仕上がっているのか、詳しいスペックをご紹介しましょう。

ドリフトフライ メロウとは

ドリフトフライ メロウとは、2022年ジャッカルからリリースされる、バス釣り用ワームのことです。

設定サイズは1種類で、全長は5.2inchとなっています。

比較的大きめなボリュームを持っていますから、水中では目立つこと間違いなし。

ジグヘッドを装着してのミドストが、メインの使用方法となるでしょうか。

ドリフトフライシリーズの中で、最もソフトなマテリアルを採用しています。

大きめのボティに柔らかさが付加されるのですから、水中でうごめく様子はまさに小魚そのもの。

ハイアピールに独特のナチュラルさが加わって、生命感溢れるアクションを引き出せるでしょう。

ジグヘッドのウエイトを重めにすれば、ディープレンジの攻略にも使えます。

中層でじっくりと漂わせたいなら、ジグヘッドではなく、フック+ネイルシンカーによるホバストアプローチがおすすめです。

ボディとテール部分によるツイスト効果が、ナチュラルな波動を生み出します。

そのテールを部分的にカットすることで、ツイスト効果に変化を持たせることも可能です。

誘い方を変えたいときに、自分なりのカットでアクションを切り換えてみましょう。

ホバストでアプローチする場合は、リップ部分をカットすることも有効になります。

素早いエスケープアクションの演出につながりますし、ピリピリとした振動を生み出すのにもつながるでしょう。

ただし、このヘッドに設けたリップこそが、水の抵抗をしっかりと受け止めることができます。

それにより移動距離を抑えられますし、レンジコントロールもしやすくなります。

ロッドワークによってローリングアクションも引き出せるので、カットする前にいろいろ試してみるのも面白いでしょう。

ドリフトフライ メロウには、ボディ中央部にガイドホールが開けられています。

頭部先端からジグヘッドを挿入する際に、真っ直ぐボディを貫くことができます。

ジグヘッドの位置が中央からズレていると、アクションにぎこちなさが生まれて、じゅうぶんな誘いが難しくなります。

ガイドホールを上手く活用して、ナチュラルで艶めかしい泳ぎを実現させたいものです。

ドリフトフライ メロウのタックルセッティング!

ドリフトフライ メロウを操るなら、スピニングタックルにPEラインの組み合わせがおすすめです。

特にジグヘッドを用いたミドストをおこなうつもりなら、PEラインの伸びの無さが、手元感度を高めるのに有効となります。

ディープレンジまでドリフトフライ メロウを落とし込んでいっても、柔らかいボディマテリアルが、ロッドワークをアクションに換え続けてくれるでしょう。

リップによって移動距離が抑えられ、レンジキープもやりやすくなるので、バスか釣れる確率も高まるはずです。

合計10種類のカラーバリエーションから状況にマッチしたものを選ぼう!

ドリフトフライ メロウには、全部で10種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●ゴーストチャートカラー

●ダークサンダー/クリアシルバーカラー

●プリズムシャッドカラー

●時雨ワカサギカラー

●抱卵ワカサギカラー

●マーモキンクロカラー

●ステルスネオンシャッドカラー

●スイートワカサギカラー

●湖産アユカラー

●スイートケタバスカラー

バスが好んで捕食しているベイトフィッシュを、ナチュラルに仕上げた配色が揃っています。

どれを使おうか迷ってしまいそうですが、明るい系や暗い系をローテーションしながら、バスの反応を見てみたいものです。

ドリフトフライ メロウのデモンストレーション動画はこちら

ドリフトフライ メロウを操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

ドリフトフライ メロウをキャストしてレンジキープさせながら操るのに、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

フリーフォールで狙ったレンジへ速やかに送り込みたいなら、スピニングロッドがマッチします。

リールは、2000番から2500番のスピニングリールに、0.6号前後のPEラインを巻きたいところです。

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ゾディアス (パックロッド) S68ML-5

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ゾディアス (パックロッド) S68ML-5

最安値価格
¥15,380(amazon)

Amazonへ ¥15,380

楽天市場へ ¥15,973

Yahoo!へ ¥15,972

シマノのゾディアスシリーズの中から、持ち運びに便利なモバイル系スピニングロッドを選んでみました。

MLパワーのブランクスに設計されているので、ディープレンジを探るミドストをおこなうのに向いています。

ウエイトは110gなので、とても軽くて手元感度は高めでしょう。

先径は1.6mmで、適合するルアーウェイトは4gから12gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから8lbまでで、PEラインなら0.6号前後でじゅうぶん対処できるでしょう。

グリップの長さは208mmと短めで、ブランクスのカーボン素材含有率は97.7%になります。

全長は2.03mなので、ロングキャストを楽々こなせるでしょう。

継数は5本ですから、仕舞寸法はなんと45.1cmにまで縮まります。

実際に継いでみると、張りのあるブランクスで感度も高めな印象でした。

ガイドシステムは、ラインの絡まりにくいものになっていて、連続キャストを繰り返すのに向いています。

グリップ周りが細身で短めなのも、扱いやすさを際立たせているのかもしれません。

仕舞寸法の短さにも注目で、旅行バッグに収納して持ち歩くこともできそうです。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

さまざまな釣り場で、 ドリフトフライ メロウを試すときに使ってみましょう。

バス釣り以外に、ソルトウォーターゲーム用としても活用できそうです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール バス専用 コンプレックスXR 2021 2500 F6 バス

シマノ(SHIMANO) スピニングリール バス専用 コンプレックスXR 2021 2500 F6 バス

最安値価格
¥29,729(amazon)

Amazonへ ¥29,729

楽天市場へ ¥33,264

シマノのコンプレックスXRの中から、2500番のF6モデルを選んでみました。

ギア比は5.3対1になっていて、ハンドル1巻きで78cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、2.5/4.0kgです。

ウエイトは175gと軽めで、スプール寸法は直径47mmでストロークが17mm。

ラインキャパは、PEラインなら0.8号を200m巻けますし、モノフィラメントラインなら5lbを130m巻けます。

ハンドルの長さは50mmで、ボールベアリング数は9個になります。

実際に手に取ってみると、とても軽くて巻き心地は滑らかそのものです。

ローター回転も軽やかなので、キャストして発生したラインスラックに対処するのも楽でしょう。

ドラグの利きや滑り出しも申し分なく、大胆に積極的に使うことができるのではないでしょうか。

実売価格は3万円前後と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

PEラインやフロロカーボンラインを駆使しながら、ドリフトフライ メロウを意図しレンジに送り込んでください。

ドリフトフライ メロウの気になる発売日はいつ?

ドリフトフライ メロウの気になる発売日は、2022年の10月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,155円です。

とてもソフトなマテリアルなので、バスが食い付いた瞬間、口の中に収まりやすいでしょう。

フッキングのタイミングを探りながら、しっかりと貫通させてランディングに持ち込みたいものです。

チャターベイトのトレーラーワームとしても、有効に活用できそうですから、幅広い用途を自分なりに考えてみましょう。

ジャッカルの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング