魚とロッドのアップ写真

スーパーヘビーショアジグロッド【オキナワマンビカ】GTやイソマグロとのビッグファイトを満喫しよう!

FISHING JAPAN 編集部

沖縄などの南方群島エリアに生息している青物は、10kgを軽く超える巨体で荒波の中を泳いでいます。

テイルウォークからリリースされているスーパーヘビーショアジグロッド・オキナワマンビカなら、豪快にフッキングしてその動きを止められるかもしれません。

ここでは、オキナワマンビカの特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

オキナワマンビカとは

オキナワマンビカとは、テイルウォークから発売中の、スーパーヘビーショアジグロッドのことです。

大型のヒラマサ・ブリ・カンパチやGT・イソマグロなどをターゲットにして、ショアからのキャスティングゲームを楽しめるように作られています。

全部で8機種用意されていて、10ftを超える長さを与えられたブランクスに仕上がっています。

魚を掛けたら限界まで粘ってくれるような、破断強度に優れたブランクスを採用していて、その外側をカーボンテープによってXラッピングして締め上げています。

これにより、さらに高い破断強度を得るようになりました。

ハードプラグはもちろんメタルジグをフルキャストして、沖合いに立ち上がるナブラを直接撃っていくアプローチを楽しめます。

ガイドには、強度重視の富士工業製MNSGを搭載しています。

それでは、オキナワマンビカのスピニングロッド3機種から、詳しくチェックしてみましょう。

●オキナワマンビカ100SXH

全長は10.0ftで2ピース仕様、仕舞寸法は156cmにまで収まるように作られています。

これならクルマに積み込むのも楽ですし、さまざまな釣り場まで持ち運びやすいでしょう。

ウエイトは480gで、適合するプラグウエイトは最大150g。

適合するPEラインは、最大8号まで対応可能です。

ドラグのMAX設定は15kgで、メーカー希望販売価格は34,000円となっています。

飛距離を伸ばせて、各種ロッドワークを自在にこなしたいアングラーに、ベストマッチな仕上がりといえるでしょう。

レギュラーアクションのブランクスは、ヒラマサなどの大型青物の走りを止めてくれるはずです。

●オキナワマンビカ110SXH

先のモデルより長い、全長11.0ftのブランクスを採用しています。

2ピース仕様なので、仕舞寸法は一気に171cmにまで長くなります。

シリーズ最長の仕舞寸法ですから、持ち歩くときにはロッドティップを接触させないように気を付けてください。

ウエイトは520gで、適合するプラグウエイトは、最大で150gまで。

適合するPEラインは8号までで、ドラグは15kgまでに調整しましょう。

メーカー希望販売価格は、35,000円です。

最長ブランクスを活かしたロングキャストを実践し、足元のシモリなどをカンタンに乗り越えて、掛けた青物をランディングしたいアングラーにおすすめします。

こちらもレギュラーアクションで、ブリなどの大型魚をターゲットにゲームを組み立てることが可能です。

●オキナワマンビカ100SSXH

ブランクスのバワーを最大限にアップした、スーパーヘビーショアジグロッドです。

全長は10.0ftで2ピース仕様、仕舞寸法は156cmで、ウエイトは495g。

適合するプラグウエイトは、最大なんと200gまで背負えるようになっています。

適合するPEラインは8号まで、ドラグは最大17kgに調整して使います。

メーカー希望販売価格は、36,000円です。

レギュラーアクションでガチハードなブランクスですから、堤防などのファイトスベースを確保した状態で、GTなどの大型魚と格闘するのに適した機種といえるでしょう。

ポッパーやダイビングペンシルの200gクラスを、大胆に積極的に動かしたいアングラーなら、手にしてみたい1本ではないでしょうか。

ベイトロッドも用意されているオキナワマンビカ!

前述の3本はスピニングロッドでしたが、こちらの2本はベイトリールを搭載可能なベイトロッドに仕上げられています。

●オキナワマンビカC100SXH

全長は10.0ftで2ピース仕様、仕舞寸法は156cmです。

ウエイトは495gで、適合するプラグウエイトは150gまで。

適合するPEラインは8号までで、ドラグは15kgをMAXに調整してください。

メーカー希望販売価格は、34,000円です。

キャストしたプラグのコントロール性を高めたり、フッキング後のゴリ巻き寄せを実践したいアングラーにおすすめです。

レギュラーアクションで、カンパチなどの大型青物とじゅうぶん対峙できるでしょう。

●オキナワマンビカC100SSXH

シリーズ最強のベイトロッドは、全長10.0ftで2ピース仕様、仕舞寸法は157cmに設計されています。

ウエイトはやや重い510gで、適合するプラグウエイトは200gまでOK。

PEラインは8号まで使えて、ドラグは17kgまでに調整します。

メーカー希望販売価格は、36,000円です。

レギュラーアクションにスーパーパワーが付加されたブランクスですから、イソマグロやGTとやり取りすることが可能なレベルに仕上がっています。

携行性の高い3ピース仕様のオキナワマンビカ!

●オキナワマンビカ100SXH-P3

3ピースに分かれるモデルが、3機種ラインナップされています。

遠征釣行に持ち歩きたくなる、ヘビーユース向きなスピニングロッドといえるでしょう。

全長は10.0ftで3ピースですから、仕舞寸法は107cmにまで縮まります。

これなら航空機に積み込むことも許されますから、さまざまな釣り場で活躍できそうです。

ウエイトは485gで、適合するプラグウエイトは150gまで。

PEラインは8号まで使えて、ドラグは最大13kgまで調整可能です。

メーカー希望販売価格は、35,000円となります。

●オキナワマンビカ100SSXH-P3

超々ストロングモデルを3ピース化したもので、全長は10.0ftで仕舞寸法は106cm。

ウエイトは495gで、200gまでのプラグを背負うことができます。

PEラインは8号まで、ドラグは最大15kgまでに調整してフィールドに立ちましょう。

メーカー希望販売価格は、38,000円です。

足場がフラットな安定しているところで、思いっきり巨大魚との勝負ができるシチュエーションで使ってみたい1本です。

●オキナワマンビカC100SSXH-P3

最強のベイトロッドを3ピース化したモデルで、全長は10.0ft。

仕舞寸法は106cmですから、遠征時のメインはもちろんサブロッドとしても有効に使えます。

ウエイトは515gで、最大200gまでのポッパーやダイビングペンシルを操ることができます。

8号のPEラインまで使えて、ドラグは最大15kgに調整しましょう。

メーカー希望販売価格は、39,000円です。

GTやイソマグロなどの巨大魚に対して、ゴリ巻きで対応したいアングラーにおすすめです。

オキナワマンビカに装着したいおすすめのリールを選んでみた!

それではオキナワマンビカのスピニングロッドに装着してみたい、おすすめのリールをご紹介しましょう。

テイルウォーク(tailwalk) KUROSHIO 53HGX 19073

テイルウォーク(tailwalk) KUROSHIO 53HGX 19073

最安値価格
¥20,240(amazon)

Amazonへ ¥20,240

楽天市場へ ¥20,240

テイルウォークから発売中の大型スピニングリール・クロシオシリーズです。

53HGXのギア比は、5.4対1になっていますから、ハンドル1巻きにつき116cmものラインを巻き取ることができるようになっています。

ウエイトは760gで、最大ドラグ力は18kgです。

ラインキャパは、PEラインなら5号を350m巻けます。

ボールベアリングは7個搭載していて、実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

オキナワマンビカを駆使して未だ見ぬレコードフィッシュを釣り上げよう!

オキナワマンビカの特徴や使い方、おすすめのリールをご紹介しましたが、いかがでしたか?

沖縄周辺の群島エリアへ積極的に遠征して、自身のレコードフィッシュを釣り上げましょう。

テイルウォークの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

テイルウォーク」カテゴリの人気記事

DAILYランキング