魚のアップ写真

ブルーギルを釣って食べる方法!おすすめタックルも選んでみた

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りをしているとやたら釣れるのが、ブルーギルです。

小振りでフラットな体型をしていますから、一瞬フナかな?と勘違いしてしまいがちですが、独特な体色と引きですぐにブルーギルだと分かります。

こんなにたくさん釣れるのなら、食べる方向で持ち帰るのもアリでしょう。

ここでは、ブルーギルの特徴や釣り方・食べ方についてご紹介します。

ブルーギルってどんな魚なの?

ブルーギルとは、スズキ目サンフィッシュ科の淡水魚のことです。

原産はアメリカの北部エリアで、日本には1960年代に持ち込まれています。

河川や水路・池・湖などの、比較的流れの弱いエリアに生息していて、虫やミミズ・稚魚などを捕食しています。

他の魚が産んだ卵も好物で、産卵床を荒らしてしまう習性も持っています。

釣り上げたバスの口からブルーギルが飛び出してくることがありますから、卵狙いで近づいたときにバスに食べられてしまったのでしょう。

ブルーギルの釣り方は、その口のサイズにエサやルアーを合わせることがキモになります。

体長20cmを超えるようなブルーギルでも、口はずいぶんと小さく、大きなものは入りません。

フックの先に1cm前後のエサやワームの切れ端を付けて、アプローチするのがいいでしょう。

タックルは、小さくて軽いものをキャスト可能な、スピニングタックル。

あまり長いロッドでないほうが、水路などの狭い釣り場で扱いやすいでしょう。

Lパワー前後の柔らかいブランクスにして、2000番前後のスピニングリールを装着してください。

スピニングリールのスプールに巻くラインは、モノフィラメントラインの4lb前後でじゅうぶん。

ブルーギルが潜んでいる場所は、水没している草木のあるところです。

葉が日陰を作り出していたら、その下に隠れていることが多いでしょう。

用意したエサやルアーを、静かにカバーの近くにキャストして、ゆっくりと沈めてください。

ブルーギルが居れば、着底するまでに飛び出してきて、一瞬で飲み込んでくれるはずです。

アタリは明確に伝わってくるので、ロッドティップがブルブルと震えますし、グリップを握っている手のひらでも感じることができます。

強めにフッキングすると、フックがすっぽ抜けてしまいますから、ロッドを軽く立ててブルーギルに曲げてもらう感じで、そのままランディングに持ち込んでください。

背ビレが、意外と鋭く尖っています。

手のひらで覆うようにつかもうとすると、刺さってケガをするかもしれません。

ランディング用のラバーネットを用意して、すくい取るのが最も安全でしょう。

ブルーギルを食べるなら釣り場で締めよう!

釣り上げたブルーギルを、調理して食べるのも楽しいです。

淡水魚なので寄生虫が付いている可能性が高いですから、刺身などの生食は避けてください。

持ち帰るブルーギルは、釣り場で活け締めをして血抜き処理を済ませましょう。

持参したナイフを、エラの隙間から中骨目掛けて刺し込みます。

丁度その辺りに動脈があるので、それをカットすれば血を抜きやすくなります。

水に浸けておくと、体内の血が放出されやすいので試してください。

フライや塩焼きにすると美味なブルーギル!

持ち帰ったブルーギルをキッチンでさばきます。

ウロコを軽く剥がしてから頭を落とし、内臓を取り出してください。

内側に付着している血合いも、キレイに取り除きます。

そこからは三枚におろして、フライや唐揚げに調理してみましょう。

塩焼きにして食べると、ややパサパサした食感になりますが、なかなか美味しいです。

フライは、フィッシュバーガーに発展させることもできますし、色々と工夫を凝らして食べてみてください。

小骨が身に残るのが気になる場合は、揚げ物に調理すれば安心して食べることができます。

ブルーギルの調理方法を収めている動画はこちら

ブルーギルを釣るのにおすすめのタックルを選んでみた!

ブルーギルを河川や水路・池などで釣るのに向いている、おすすめのタックルを具体的にご紹介しましょう。

基本的にバス釣り用のもので対応できますが、あまりに硬いロッドだと弾いてしまうかもしれません。

柔らかくて軽いものをキャスト可能なタックルなら、さまざまなシチュエーションで使えるでしょう。

6ft前後のスピニングロッドに軽量スピニングリールを装着すれば、操作性は高まります。

TM ツリモン TURINGMONKEY 鱒レンジャー Next SP40 シャインイエロー

TM ツリモン TURINGMONKEY 鱒レンジャー Next SP40 シャインイエロー

最安値価格
¥1,699(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,817

楽天市場へ ¥1,770

Yahoo!へ ¥1,699

グラス素材のソリッドブランクスを採用している、ショートレングスなスピニングロッドです。

全長は1.2mなので、持ち運びにとても便利でしょう。

1ピース仕様なので継目はありませんが、短い全長ですから扱いやすいです。

適合するルアーウエイトは、1gから7gまで。

これなら軽めの仕掛けでも、カンタンにキャストすることが可能です。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2lbから4lbまで。

実際にフィールドで使ってみると、軽くてよく曲がり込んでくれる印象です。

グリップはコルクで握りやすく、魚の引きにもじゅうぶん耐えて保持しやすくなっています。

グラス素材なので、曲がりやすくて復元が緩やかな感じですから、その反発力に応じたキャストを実践しましょう。

素早く振り抜くというより、仕掛けの重みを手元で感じながら、前方へ丁寧に押し出すのがベターです。

海のアジングゲームやメバリングゲームなどで使われるフロートリグを、上手く活用してみましょう。

フロートに軽量ジグヘッドリグやノーシンカーリグを結べば、ロングキャストで広範囲を探ることが可能になります。

実売価格は2千円前後と、とても低価格な設定に収まっています。

家族全員のロッドを揃えるつもりなら、ぜひ検討してみたくなるおすすめの1本といえるでしょう。

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア FC LT2000S

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア FC LT2000S

最安値価格
¥15,980(Yahoo!)

Amazonへ ¥16,100

楽天市場へ ¥16,344

Yahoo!へ ¥15,980

ダイワのカルディアLTシリーズの中から、軽量コンパクトな2000番を選んでみました。

ギア比は5.1対1なので、ハンドル1巻きで67cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は5.0kgで、自重は175gと軽めです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら3lbを150m、PEラインなら0.4号を200m巻くことができます。

ハンドルの長さは50mmで、ボールベアリングは6個搭載されています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて扱いやすい印象です。

ハンドルは軽快に回せますし、ローターの回転も滑らかそのもの。

ドラグの滑り出しもレスポンス良好なので、ライトラインを巻いていても、安心して魚のとのやり取りを楽しめるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ブルーギル釣りはもちろん、ライトソルトウォーターゲームにも転用することが可能ですし、サビキ仕掛けも操れます。

さまざまな釣りシーンに持ち込んで、このスピニングリールの使い方を拡大していきましょう。

不意に大物が掛かることがありますから、ランディング用ネットは必ず持参するようにしたいものです。

ブルーギルを釣り上げて美味しく食べてみよう!

ブルーギルの特徴や釣り方・食べ方、おすすめの釣りタックルを取り上げましたが、いかがでしたか?

海外ではバスもブルーギルも、食べる習慣が定着しています。

駆除という言葉で生き物に接するのではなく、大切な命を食べることでムダにしない!という感覚を、しっかりと身に着けたいものです。

また河川や池などの水辺には、危険な場所がとても多くなっています。

長靴やライフジャケットを必ず装着するように心がけて、安全最優先で釣りを楽しむようにしてください。

ブルーギルの関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

釣り料理・レシピ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング