ラインのアップ写真

バス-Xフロロ240は2022年新発売のしなやかなフロロカーボンライン!

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りでよく用いられるモノフラメントラインといえば、比重が高くて水に馴染みやすいフロロカーボンです。

2022年にダイワから新発売されるバス-Xフロロ240なら、ボビン巻き240mと大量なので、リールのスプールに目一杯巻き付けやすいでしょう。

その特徴や使い方、巻き付けるのにおすすめのリールをご紹介します。

バス-Xフロロ240ってどんなラインなの?

バス-Xフロロ240とは、2022年ダイワからリリースされる、フロロカーボンラインのことです。

ストック量の多いボビン巻き仕様なので、240mもの量を確保しています。

設定されている強度は、最も細い3lbから最も太い25lbまで、合計11種類から選べるようになっています。

3lbからの細い番手には、適度な張りを持たせています。

結節強力・感度ともに高めで、ネコリグやダウンショットリグなどの軽量リグを操るのに、アドバンテージになる作り込みが施されています。

例えば、スピニングタックルで5m以上のディープゾーンを探るとき。

ボトムまで落とし込んだことを、しっかりと感知しなければなりません。

目でラインの様子をチェックして、少しでもフォール中と異なる動きをすれば、リグが何かに触れたな!と判断すべきでしょう。

それがボトムなら、ラインの動きはそのままで止まるはず。

そこからロッドティップを立ててラインスラックを取り除き、張って緩めてリグの位置が踊らなければ、ボトムでとどまっていることに。

そこからロッドワークを加えてワームをアクションさせ、伝わってくる振動を手元で覚えていきます。

バスが食い付いてくれば、振動のリズムが狂いますし、ラインの張りにも変化が表れるでしょう。

それら全てを見極めるのに、比重の高いフロロカーボンラインならとても分かりやすいのです。

しっかりと張りのある細い番手を活用しながら、フロロカーボンラインの特性を理解しましょう。

ソフトフィニッシュで糸グセが付きにくい太番手のバス-Xフロロ240!

バス-Xフロロ240は太い番手になるほど、ソフトフィニッシュに仕上げられています。

糸グセが付きにくくなるので、キャストの際にロッドガイドとの干渉が抑えられるメリットがあります。

当然飛距離が伸びやすくなり、広範囲をくまなくチェックできるでしょう。

既存のフロロカーボンラインは、どうしても太くなるとゴワゴワした使用感になりがちで、一度付いた糸グセが抵抗となり、飛距離を稼げなくなりがちでした。

バス-Xフロロ240ではその点を改善しているとのことですから、ぜひ早く使ってみたいものです。

高強力でしなやかなラインに仕上がっているので、さまざまなシチュエーションで活躍してくれるはずです。

クランクベイトやスピナーベイトなど、水中に潜らせて操るタイプのルアーをカバー周りへキャスト。

メリハリのあるアクションや振動を手元で感じながらリトリーブを繰り返して、ちょっとした変化を拾ったらフッキング動作へ移るようにしたいものです。

合計11種類の設定強力から選択可能!

バス-Xフロロ240には残りの量がすぐに分かるように、マーキングシールが160m部分と80m部分に貼られています。

また円筒状のクリアーケースにボビンが入っているので、ラインの表面ををキズから守るようになっています。

DPLS=平行巻でボビンに巻かれていますから、糸潰れがほとんど無く均質な状態で使うことができます。

バス-Xフロロ240の設定強力は、3lb・4lb・5lb・6lb・8lb・10lb・12lb・14lb・16lb・20lb・25lbの11種類から選べます。

バス釣りはもちろん、アジングやメバリング・チニング・ロックフィッシュゲームなどに幅広く使ってみましょう。

カラーは、ナチュラルカラーになっています。

バス-Xフロロ240を巻いてみたいおすすめのリールを選んでみた!

バス-Xフロロ240を巻いて実釣で使ってみたい、おすすめのリールをご紹介しましょう。

まずは、細い番手を巻けるスピニングリールから。

3lbクラスのフロロカーボンラインと相性がいいのは、2000番から2500番辺りでしょうか。

ライトリグを軽妙に操りながら、さまざまな魚を誘ってみたいものです。

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT2000S

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT2000S

最安値価格
¥11,085(amazon)

Amazonへ ¥11,085

楽天市場へ ¥12,013

人気のフリームスLTシリーズの中から、2000番モデルを選んでみました。

ギア比は5.2対1とノーマルギアなので、ハンドル1回転につき68cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、自重は185gとかなり軽めに設計されています。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら3lbを150m巻けますから、バス-Xフロロ240の巻糸量ならじゅうぶんカバーできます。

PEラインなら、0.6号を150m巻けます。

ハンドルの長さは40mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、ハンドル回転の滑らかさはとても安定している印象です。

軽快に巻き続けることができますし、指先に過度な負荷がかかってくるようなこともありませんでした。

ローター回転も滑らかで、ドラグの反応も敏感です。

ライトラインを巻いてアプローチしていても、安心して魚とのやり取りを楽しめるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

低価格であれば、ロッドやルアー・ラインの同時購入も検討しやすくなりますから、ぜひ釣具店で手に取って確認してみてください。

スプールに付いているパーフェクトラインストッパーは、細番手のフロロカーボンラインでも、しっかりとホールドしてくれます。

ショックリーダーラインのような太い番手でも、ホールド感が変わらないのが嬉しいです。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100SH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100SH (2019モデル)

最安値価格
¥14,500(amazon)

Amazonへ ¥14,500

楽天市場へ ¥14,801

汎用性の高いタトゥーラTWシリーズの中から、ハイギアモデルを選びました。

ギア比は7.1対1ですから、ハンドル1巻きにつき75cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

自重は195gと軽めで、最大ドラグ力は5kgです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら16lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは90mmで、ボールベアリングは7個搭載しています。

実際にフロロカーボンラインを巻いて使ってみると、軽やかにスプールは回ってくれます。

太い番手のラインでも、TWSは摩擦抵抗を抑えて飛距離を伸ばしてくれるのです。

バックラッシュトラブルは、ほとんど発生しませんから、快適な手返しで広範囲を探ることができるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ソルト対応のベイトリールなので、フロロカーボンラインを巻いたまま、チニングゲームやロックフィッシュゲームに投入してみましょう。

使用後は塩気を拭い去りたいので、真水による洗浄を必ず実施してください。

TWSユニットの周辺やスプール・リールフットなど、気になるところは入念に水洗いして拭き取るようにしましょう。

フロロカーボンラインの場合、表面が白っぽくなってきたら交換のサインです。

バス-Xフロロ240ならストック量が多いので、こまめに巻き換えがおこなえるのが嬉しいです。

バス-Xフロロ240の気になる発売日はいつ?

バス-Xフロロ240の気になる発売日は、2022年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、オープン価格に設定されています。

釣り場でライントラブルに遭遇するときがありますから、予備用としてバス-Xフロロ240を持参するようにしましょう。

リールから取り外したラインは、釣り場に放棄せずに必ず持ち帰るようにしてください。

美しい釣り場を残す努力をすることが、アングラーひとりひとりに求められています。

ラインの関連記事はこちら

ライン(釣り糸)」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング