ロッドのアップ写真

定番のバーサタイルロッド・ワールドシャウラに2022年追加モデルが登場!

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りオンリーではなく、世界中のさまざまな魚をターゲットにすることが可能なロッド・ワールドシャウラに、2022年新しいモデルが追加ラインナップされます。

その番手は、ショートレングスで軽快なロッドワークを繰り出せる、待望の1581F-3。

どのようなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

ワールドシャウラってどんなロッドなの?

ワールドシャウラとは、シマノからリリースされている、さまざまな魚種に対応可能なバーサタイルロッドのことです。

全部で28種類という豊富なラインナップに、2022年新しく1機種追加されることになりました。

番手は、1581F-3。

シマノのデモンストレイターである村田基さんが、推し続けているショートレングスなキャスティングロッドです。

全長は1.73mと、6ftを下回る長さに設定されていて、ファーストテーパーな味付けになっています。

継ぎ数は3本で仕舞寸法は130cmですから、ワン&ハーフな構造に作られています。

ウエイトは110gと軽めなので振り回しやすく、トゥイッチやジャークなどのロッドワークも仕掛けやすいでしょう。

先径は1.7mmで、適合するルアーウエイトは、5gから20gまで。

オフショアジキングでメタルジグをバーチカルに操るなら、最大120gまで背負うことができます。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで。

PEラインなら、最大1.5号まで操れます。

グリップの長さは201mmと短めで、Type Aのエクステンションバットに付け替えることが可能です。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.3%です。

素材は、シマノオリジナルのスパイラルXコアをベースにして、ハイパワーXでX状に縛り上げて、ネジレに対する補強を施しています。

Type Aのエクステンションバットを装着すると、6.5ftクラスの長さになりますから、グリップエンド部分を脇に挟んで、バーチカルジギングを楽しめるようになっています。

通常のままならコルクグリップが装着されていて、オーバーヘッドキャストやフリップキャスト・バックハンドキャストなどを、自在におこなえるメリットを持っています。

淡水エリアなら、バスやナマズ・ライギョ・トラウトなどを狙えますし、海水エリアなら、マダイや青物・シーバス・ロックフィッシュなどをターゲットにできるでしょう。

ワールドシャウラ1581F-3の使い方をチェック!

1581という番手は、とても短いので、ルアーの移動を最短に抑えたアクションをつけやすいです。

ピンポイントへルアーを投入して粘りたいときなどに、とても重宝するでしょう。

例えば、ラバージグやテキサスリグ・高比重ワームのノーシンカーリグなどを、カバーへ直接撃ち込んで誘いをかけたいとき。

1581のように短いブランクスなら、丁寧に一点で誘えますし、魚からのバイトがあっても、即座に反応できるかもしれません。

またジャークベイトを水面直下で機敏に操りたいとき、ロッドティップで水面を叩かずに、連続ジャークを繰り出せるでしょう。

太目のナイロンラインを用いればカバー攻略もカンタンに!

ワールドシャウラ1581F-3でカバーを直接狙うなら、ラインは太目のナイロンが適しています。

フロロカーボンラインでは重過ぎて飛距離の伸びを期待できませんし、PEラインなら擦れに弱く、大胆なロッドワークを繰り出せないでしょう。

具体的には、16lbから20lbクラスのナイロンラインを用いると、気兼ねなくラインを擦りながらのアプローチを実践可能です。

またスピナーベイトやクランクベイトをキャストするのにも向いていて、カバーに擦れることを恐れずに、アプローチを繰り返してみてください。

ワールドシャウラ1581F-3を含む2022年シマノ新製品を紹介している動画はこちら

ワールドシャウラに装着して使ってみたくなるおすすめのベイトリールを選んでみた!

ワールドシャウラの追加モデル・1581F-3に装着して軽快に操るのに、おすすめのベイトリールを取り上げてみましょう。

ロープロファイル系も丸型系も、どちらも似合うはずです。

スプールのラインキャパをきっちり調べて、太いラインをたくさん巻けるものを選びたいものです。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 アンタレス DC MD XG 右ハンドル バス ビッグベイト ドラード

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 アンタレス DC MD XG 右ハンドル バス ビッグベイト ドラード

最安値価格
¥61,338(amazon)

Amazonへ ¥61,338

楽天市場へ ¥61,446

アンタレスシリーズのDCブレーキ仕様で、モンスタードライブ=MDと冠されたモデルです。

エクストラハイギアが組み込まれているので、ロングキャストしても素早くルアーを回収できるでしょう。

ギア比は7.8対1になっていて、ハンドル1巻きにつき93cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は6.0kgで、自重は235gです。

スプール寸法は、直径が38mmとやや大き目、幅は22mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら20lbを100m巻けます。

PEラインなら、4号を100m巻けます。

ハンドルの長さは45mmで、ボールベアリングは10個搭載しています。

実際に手に取ってみると、やや腰高な感じはするものの、しっかりと手のひらに収まって安定感があります。

DCブレーキが絶妙に効いてくれるので、バックラッシュトラブルの心配がほとんど要りません。

ハンドルノブはつまみやすく、ハンドル回転も滑らかでスムーズ。

50cmを少し超えるチヌや、80cmクラスのシーバスを掛けたことがありますが、激しく魚たちが暴れても、ガッチリとした剛性感のあるボディフレームが、巻き心地の滑らかさを維持してくれます。

実売価格は5万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

これ1台あれば、淡水でも海水で釣りを楽しめる上に、キャストの際のトラブルも未然に防いでくれるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンMD 2021年モデル 301LHXG バス釣り

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンMD 2021年モデル 301LHXG バス釣り

最安値価格
¥24,937(楽天市場)

Amazonへ ¥27,295

楽天市場へ ¥24,937

丸型なら2022年新発売の、カルカッタコンクエスト200XGがマッチするでしょう。

もう1台ロープロファイル系ベイトリールから選ぶとすれば、こちらのスコーピオンMDがジャストフィットかもしれません。

ギア比は7.9対1ですから、ハンドル1巻きで107cmものラインを巻き取れるように作られています。

最大ドラグ力は、余裕の8.0kgなので、大型魚が掛かってもじゅうぶん対処できるでしょう。

自重は315gと重めで、スプール寸法は直径が43mm、幅が22mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら25lbを135m巻けます。

PEラインなら、5号を140m巻けます。

ハンドルの長さは51mmですが、45mmタイプも用意されています。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、少しの負荷が掛かるだけでハンドルを回すのが重く感じますが、エクストラハイギアの特性の表れといえるでしょう。

ちょっとした地形変化やカバーに引っ掛かるだけで、手元で感じ取ることができるわけで、フッキング動作に移るかどうかの判断が、とてもしやすくなります。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に設定されています。

リール本体の重さは、使っていると慣れてくるので、手元感度の高さを上手く使いこなせるようになりたいものです。

ワールドシャウラ追加モデルの気になる発売日はいつ?

ワールドシャウラ追加モデルの気になる発売日は、2022年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、69,000円です。

このロッドでさまざまなキャスティングテクニックを身に着け、釣り場で発揮できるようになりましょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング