タックルのアップ写真

シエナコンボで気軽に快適に釣りを楽しみたい!2022年新登場のオールインワンタックル

FISHING JAPAN 編集部

釣りを自分の趣味として採り入れたい人は、どんなタックルを揃えるところから始めればいいでしょうか。

信頼あるシマノが、ロッドとリールをセットしたオールインワンタックルを、2022年に新しくリリースします。

その名は、シエナコンボ。

これなら迷わずに釣りの世界に、ハジメの一歩を踏み出せそうです。

その特徴や使い方、マッチしそうなおすすめの仕掛けをご紹介しましょう。

シエナコンボとは

シエナコンボとは、2022年シマノから新発売される、ロッドとリールをセットしたオールインワンタックルのことです。

最初から振出式ロッドとスピニングリールが組み合わされているので、どれを選ぶか悩む必要はありません。

ロッドの長さは、3種類用意されているので、好みのものを手にすればOK。

最も短いタイプで全長2.59mですから、サビキ釣りやチョイ投げ釣り、ライトソルトルアーゲームを展開しやすくなっています。

リールは、スピニングリール・シエナ2500番で、スプールにはナイロンラインの2.5号が150mも巻かれています。

さまざまなシチュエーションで、多くの釣り方を実践できるのは間違いないでしょう。

それではシエナコンボ3種類のスペックを、ひとつずつピックアップしてみましょう。

●シエナコンボ・S86ML

8.6ft=2.59mの長さといえば、エギングゲームに使えそうな取り回しのいい長さです。

継ぎ数は4本なので、仕舞寸法はなんと74.5cmにまで縮まります。

先径は1.5mmとやや細目の設計で、適合するルアーウエイトは6gから30gまでと幅広くカバーできるようになっています。

エギングゲームで活用したいときは、2号から3.5号までのエギを、自在にキャストできるでしょう。

錘負荷は、5号から15号までなので、チョイ投げ釣りの仕掛けをセットすれば、シロギスやハゼ・コチなどをカンタンに狙えるかもしれません。

適合するモノフィラメントラインは、4lbから16lbまで。

PEラインなら、0.6号から1.2号まで使いこなすことができます。

風の強い日や潮の流れのあるポイントを攻略するつもりなら、細めのPEラインに巻き換えて使うと扱いやすいでしょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.0%です。

最も短いロッドなので、ランガンスタイルで移動を繰り返しながら、魚からのアタリを取っていくのに向いているタックルです。

シエナコンボのS90Mをチェック!

●シエナコンボ・S90M

防波堤などで、サビキ仕掛けを用いた釣りを手軽におこないたいなら、この長さが扱いやすいでしょう。

全長2.74mで継ぎ数は4本、仕舞寸法は79.5cmにまで縮まりますから、釣り場までの持ち運びは便利です。

先径は1.6mmと細めで、適合するルアーウエイトは8gから40gまで。

軽めのメタルジグならキャストできますから、スーパーライトショアジギングを実践してみるといいでしょう。

ジギングサビキ仕掛けのウエイトにも、じゅうぶん耐えられそうです。

適合するエギのサイズは、2.5号から4号まで。

錘負荷は、7号から21号までと、重めなオモリまで使えるパワーを持っています。

適合するモノフィラメントラインは6lbから24lbまで、PEラインなら0.8号から1.5までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.0%です。

最も長いシエナコンボはMHパワーでさまざまな釣りスタイルに対応!

●シエナコンボ・S96MH

MHパワーのブランクスを持った、シリーズ最長で最強のモデルです。

全長が2.90mもあるので、海上釣堀やライトショアジギングゲームなどのパワフルな釣りに対応できるでしょう。

継ぎ数は5本で、仕舞寸法は70.0cmにまで短く収まります。

先径は1.8mmとやや太目で、適合するルアーウエイトは10gから50gまでです。

エギをキャストするなら3号から4.5号まで、錘負荷は10号から30号まで扱えます。

適合するモノフィラメントラインは、8lbから30lbまで。

PEラインなら、1号から2号まで操れるでしょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.0%です。

足場の高い防波堤なら、サビキ釣りにも活用できますから、さまざまな用途に持ち出すようにしましょう。

シエナコンボに装着して使ってみたいおすすめのルアー・仕掛けを選んでみた!

シエナコンボに装着して使ってみたくなる、おすすめのアイテムを取り上げてみましょう。

まずは、ルアーから。

広範囲を探りながら、反応してくる魚をしっかりフッキングに持ち込みたいなら、キャスティング用のタイラバ=ショアラバが面白いでしょう。

メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグラバー スルーオフセットタイプ 15g #205 レッド JRT-15

メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグラバー スルーオフセットタイプ 15g #205 レッド JRT-15

最安値価格
¥623(楽天市場)

Amazonへ ¥624

楽天市場へ ¥623

Yahoo!へ 取扱なし

メジャークラフトからリリースされている、ショアからのキャスティング用タイラバ・ジグラバースルーです。

こちらのウエイトは15gなので、とても操りやすく、ロングキャストして広範囲をサーチするのに向いています。

オフセットフックがヘッドに連なっているので、そこにワームを取り付けてアプローチすることになります。

ホグ系やグラブ系・カーリーテール系のワームを任意に選べますから、釣り場のシチュエーションによって誘いの要素を切り換えられるメリットを持っています。

タイラバゲームをショアからのキャスティングスタイルが楽しめるのは、釣りに大きな可能性を与えてくれるでしょう。

マダイはもちろん、ヒラメやマゴチ・シーバス・青物などの反応してきますし、ロックフィッシュ全般にも効果的といえそうです。

実際にラインに結んでキャストしてみると、空気抵抗の低さから飛距離はかなり伸びるので、狙いたい沖合いのポイントにも、しっかり届けられます。

実売価格は600円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されているのも魅力です。

カラーバリエーションも豊富なので、グロー系を活かしたタイプでボトム近辺を丁寧に探ってみてください。

ハヤブサ(Hayabusa) ジギングサビキ 堤防ジギングサビキセット 3本鈎 HA281 10g S 6-3-4

ハヤブサ(Hayabusa) ジギングサビキ 堤防ジギングサビキセット 3本鈎 HA281 10g S 6-3-4

最安値価格
¥488(楽天市場)

Amazonへ ¥574

楽天市場へ ¥488

Yahoo!へ 取扱なし

ハヤブサからリリースされている、ジギングサビキ仕掛けです。

コマセカゴの代わりに10gのメタルジグが付いていて、防波堤などから沖合いへ向けてキャストする仕組みになっています。

メタルジグが着底したら、そこにサビキ仕掛けが連なっている状態になっていて、さまざまなフィッシュイーターたちを誘うことができます。

ハリには、イサキ6号が使われていて、ハリスは3号と強め。

サビキ仕掛けの幹糸は4号で、これも太いもので破断トラブルの防止に役立っています。

メタルジグのカラーには、ソルトウォーターゲームで実績の高いブルピンカラーを採用。

サバ皮やフラッシャーに加えてもオーロラ加工が施されていますから、小魚のウロコのような艶めかしい光と魚皮のなめらかさを作り出しているのが特徴です。

実際にフィールドで使ってみると、仕掛けが絡んでしまうトラブルは無く、安定したキャストを続けることができました。

実売価格は500円前後と、とても低価格な設定になっています。

メタルジグのウエイトを、軽いものから重いものまで揃えておくと、釣り場状況の変化に合わせやすいでしょう。

シエナコンボの気になる発売日はいつ?

シエナコンボの気になる発売日は、2022年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、13,000円から14,000円です。

専用のタックルケースが標準で付いているので、ロッドにスピニングリールを装着したままで収納し、持ち運ぶことができます。

保管するのにも向いていますから、専用タックルケースに入れた状態でクルマに積んでおくと、どこでも取り出して釣りを始められるでしょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング