ルアーのアップ写真

マイクロダッジの実釣インプレ特集!レイドジャパンの新トップウォーターアイテム

FISHING JAPAN 編集部

水面でもがく虫に反応するバスなら、レイドジャパンからリリースされているマイクロダッジで攻略できるはず。

ここでは、人気のトップウォーターアイテム・マイクロダッジを実釣に投入して、その特徴や使い方をご紹介しましょう。

キッチンに置いてある食品用測りに乗せてみると、単体の重さはちょうど6gでした。

ということは、太いライン+スピニングタックルと組み合わせると、飛距離を稼ぎつつカバー攻略ができそうです。

マイクロダッジってどんなルアーなの?

マイクロダッジとは、レイドジャパンから新しく発売された、軟質ボディのトップウォータールアーのことです。

左右に羽根が付いているので、いわゆるハネモノ=クローラーベイトのカテゴリーに含まれるでしょう。

全長は55mmと、とてもコンパクトなフォルムになっています。

釣具店やネット通販サイトで購入してみると、なんと1パッケージに3個も入っていました。

ひとつ取り出して、細部をチェックしてみます。

まず注目したのが、ボディ本体そのもの。

指でつまむと、フニャフニャの柔らかさです。

でもワーム素材ではなく、エラストマーと呼ばれている軟質材で、高い浮力が備わっています。

水面に置くと、沈まずに浮いているので、トップウォータールアーを作るのにとても適していることに。

引っ張ってもなかなか千切れませんから、ワーム素材よりもコシがあり、耐久性は高いといえそうです。

これならキャストして岩やコンクリートにぶつけても、跳ね返ってくれるでしょう。

次に気になったのが、左右に突き出している羽根パーツ。

これはボディより少し硬めに作られていて、じゅうぶんな張りがあります。

試しに右側の羽根だけをつまんで、強めに引っ張ってみると、なんとボディ内部で左側の羽根とつながっていました。

そのまますっぽ抜けることはなく、丁度真ん中の部分に四角い突起物が付いているので、ボディ中央部にとどまるように設計されています。

もしキャストの衝撃でズレるようなことがあれば、元に位置に戻してから再度キャストするようにしましょう。

羽根パーツとボディの隙間に、瞬間接着剤を数滴垂らしておいたら、ズレにくくなりました。

マイクロダッジの腹部スリットに注目!

マイクロダッジの腹部には、大きなスリットが刻まれています。

大人の指先ぐらいなら、余裕で差し込めるほどのサイズです。

このスリットに沿って、オフセットフックの2/0番程度を装着してください。

ワームに装着するのと、全く同じ要領でかまいません。

ハリ先が突き出る背中側にも、スリットと同じ効果を持つ凹みが設けられています。

ここにハリ先を隠しておけば、カバーに引っ掛かるトラブルを抑えることができるでしょう。

ボディの最後尾には、フライマテリアルのティンセルが付いていて、微細な揺れを発生しながらバスを誘います。

実際にマイクロダッジをフィールドで使ってみた!

マイクロダッジを実際にフィールドでキャストしてみました。

既存の大きなクローラーベイトのように、豪快な引き波やバタバタしたアクションは得意ではありませんが、ステディリトリーブで見事なクロールを泳いでくれます。

圧巻だったのは、点の動き。

一旦泳がせるのを止めて、その場でシェイクしてはまた止める!を繰り返します。

繊細な波動は広がりつつも、移動距離は短いので、点で誘うことができます。

もし浮遊している木や藻などを見つけたら、その隣りで点シェイクを繰り返してみてください。

放置した瞬間に、バスが丸飲みしてくれるかもしれません。

実際に複数匹フッキングしましたが、羽根パーツやボディが破損してしまうことはなく、使い続けることができました。

マイクロダッジを操作するのにマッチしているおすすめタックルを選んでみた!

マイクロダッジをラインに結んでキャスト、バスを誘い出すのに適しているおすすめタックルを、取り上げてみましょう。

ルアーのウエイトから考えると、スピニングタックルがマッチします。

カバー周りを攻めるので、PEラインの1号を巻いてから、先端に2号前後のショックリーダーラインを結んでください。

ショックリーダーラインにはナイロンを用いると、水面に浮かんで扱いやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 19 スコーピオン スピニングモデル ワン&ハーフ2ピース 2651R-2 ライトバーサタイル

シマノ(SHIMANO) バスロッド 19 スコーピオン スピニングモデル ワン&ハーフ2ピース 2651R-2 ライトバーサタイル

最安値価格
¥26,312(楽天市場)

Amazonへ ¥28,336

楽天市場へ ¥26,312

スコーピオンシリーズのスピニングロッドで、2mに満たない長さが扱いやすいモデルです。

全長は1.98mに設計されていて、継数は2本。

仕舞寸法は130.0cmと、ワンアンドハーフになっています。

自重は117gと軽めで、先径は1.6mmです。

適合するルアーウェイトは、5gから15gまでなので、マイクロダッジをキャストするにはベストマッチでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら5lbから12lbまで。

PEラインなら、1号前後はじゅうぶん使いこなすことができました。

グリップの長さは231mmで、ブランクスはレギュラーテーパー。

ブランクス素材のカーボン含有率は、98.7%です。

実際にフィールドで使ってみると、とても張りがあってパワーに満ちている印象です。

魚に引っ張られても、しっかりと耐えて伸されてしまわない感じが頼もしいです。

キャスティングの際に、ライトラインがガイドに絡まってしまうことはなく、安定したキャストを続けられるようになっています。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

グリップのコルクが握りやすく、濡れた手でも滑れにくいのも、大きなメリットといえるでしょう。

130.0cmの仕舞寸法なら、宅配便で配送しやすいですし、航空機での移動にも重宝します。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 18 ステラ C2500SHG フィネスバス

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 18 ステラ C2500SHG フィネスバス

最安値価格
¥71,757(楽天市場)

Amazonへ ¥119,800

楽天市場へ ¥71,757

ステラシリーズにラインナップされている、2500番のコンパクトサイズです。

ラインキャパは2500番で、トータルウエイトやボリュームが小さくなっていますから、使い勝手は向上しています。

ギア比は6.0対1で、ハンドル1回転につき81cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、2.0/3.0kgです。

自重は180gと軽めで、スプール寸法は直径が43mmでストロークが13.5mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら5lbを110m巻けます。

PEラインなら、0.6号を200m巻けます。

実際に使ってみると、とても小さくまとまっていて、応用範囲の広いリールに仕上がっている印象です。

やや最大ドラグ力が低いものの、剛性・耐久性の高さでカバー周りの釣り方に使えるでしょう。

小刻みなシェイクなどのロッドワークを繰り出しやすく、安定した巻き心地も一度使うとクセになります。

実売価格は6万円台と、ハイエンドスペックに見合った価格帯に設定されています。

細めのPEライン+ショックリーダーラインでアプローチを仕掛ける際に、頼りになる1台です。

マイクロダッジを駆使してトップウォーターゲームを楽しもう!

マイクロダッジの特徴や実釣インプレ、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、1,350円です。

カラーバリエーションは10種類用意されているので、釣り場のシチュエーションに合ったものを選ぶようにしてください。

高比重ワームのノーシンカーリグは、当然水に沈んできますが、ウエイト的にはこのマイクロダッジと似ています。

水面に浮かぶノーシンカーリグのイメージで、積極的にキャストを繰り出してみると、ビッグバスに遭遇できるかもしれません。

トップウォーターの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

レイドジャパン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング