リールのアップ写真

21カルディアを実際に使ってみた!インプレチェック&おすすめ機種特集

FISHING JAPAN 編集部

18カルディアを発売当初から愛用していて、ついに今年21カルディアがリリースされたので、乗り換えてみました。

新採用のボディ素材・ザイオンVが気になりますし、より軽量化されてバランスがどう変わったのかもチェックしてみたいです。

ここでは、新しい21カルディアについて、実釣インプレをしてみましょう。

手に取ってフィールドで使った機種は、FC LT2000S・LT2500S・LT4000-CXHの3種類です。

21カルディアってどんなスピニングリールなの?

21カルディアとは、2021年にダイワから新発売された、汎用型のスピニングリールです。

最大でも4000番までの機種設定なので、淡水や海水のライトゲーム用と見ていいでしょう。

18カルディアは現在でも軽快に動いていますが、やはり21カルディアに採用されたモノコックボディが気になります。

またボディとローターの素材に新しく使われることになった、ザイオンVの使用感もチェックしてみましょう。

まず取り上げるのは、21カルディアのFC LT2000S。

こちらは2000番サイズなので、アシングゲームやメッキゲームに投入してみました。

手に持った感じは、とてもコンパクトで軽い印象です。

何よりモノコックボディの剛性感が効いています。

カチッとした硬さを感じるほどの安定感で、それが巻き心地の滑らかさにつながっています。

ザイオンVのおかげなのか?とも思いましたが、これは明らかにモノコックボディを採用しているからでしょう。

18カルディアとの違いは明白で、この価格帯にモノコックボディの技術を降ろしてきたことは、間違いなく正解だったのではないかと。

扱いやすくて、購入費用も安く、アジングゲームに使うようなエステルのライトラインとの相性もバッチリです。

ローターも21カルディアからザイオンV素材に切り換わっていて、初動の速やかな立ち上がりが気に入っています。

引っ掛かり感は無く、そのまま安定したリトリーブを続けられるでしょう。

キャストの際のライン放出もスムーズで、糸ヨレが発生しやすい印象は持ちませんでした。

アジをフッキングして寄せるときには、定番のATDがよく効いて、アジの走りにラインを適度に出してくれます。

リールフットも18カルディアと比べて肉厚になっているのでしょうか、たわみも感じずにそのままランディングを迎えることができました。

半年ほどの使用期間ですが、各部にトラブルは発生していませんし、巻き心地も良好なままです。

ただし、大きな魚を掛けていないので、シーバスやチヌをフッキングしてしまった状態では試せていません。

バス釣りのパワーフィネスゲームで21カルディアを使ってみた!

21カルディアのLT2500Sは、淡水のバス釣りで使っています。

PEラインの2号を60mほど巻いて、パワーフィネススタイルでカバーの奥を攻めるアプローチをしています。

1kgを超えるバスを掛けて、カバーごと引き出すような荒っぽい釣り方ですが、ローターなどにたわみ・歪みなどは感じていません。

さすがにゴリ巻きでは寄せることができないものの、カバーからの引き出しにはじゅうぶんに耐え、その後の釣行でもスムーズに動いています。

安定した巻き心地の維持は、やはりモノコックボディの採用が大きいのではないでしょうか。

この技術が、実売価格2万円台で手に入るというのは、やはり大きなメリットといえるでしょう。

ライトショアジギングゲームでも有効な21カルディア!

21カルディアのLT4000-CXHは、ライトショアジギングゲームで使っています。

こちらも半年間の使用ですが、巻き心地にやや重い印象を持っています。

ダイワ独自のマグシールド採用リールにありがちな、グーッと重い状態から巻き始めるあの感じが、この機種にも感じてしまうのです。

防水機能があるからこそ、サーフエリアなどで海水をかぶりながらの使用に耐えられるのでしょうが、できれば巻き心地のもっと軽やかな、マグシールド第二世代の登場を心待ちしてしまいます。

PEラインの1.5号を200m巻けるので、キャスティング時の飛距離にはじゅうぶん満足しています。

釣行後の水洗いメンテナンスも、カンタンに済ませられますし、乾燥すれば元通りの機能を発揮してれるのが嬉しいポイントです。

上記の3台は、21カルディアの中でおすすめの機種といえるでしょう。

21カルディアとマッチングのいいおすすめロッドをピックアップ!

それでは21カルディアと相性のいい、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

まずは、アジングゲームに用いるものから。

機種は前述のFC LT2000Sで対応できます。

好みのライトラインを巻いて、専用のスピニングロッドにセットしてください。

ダイワ(DAIWA) 月下美人 MX AJING・N 55XUL-S・N ブラック

ダイワ(DAIWA) 月下美人 MX AJING・N 55XUL-S・N ブラック

最安値価格
¥17,715(楽天市場)

Amazonへ ¥19,558

楽天市場へ ¥17,715

Yahoo!へ 取扱なし

月下美人MXシリーズからリリースされている、アジングゲーム専用のスピニングロッドです。

ショートレングスモデルなので、手元感度の良さと高い操作性に優れています。

全長は1.65mと短めなので、常夜灯の下などにアフローチしてフォールで誘ってみましょう。

2ピース仕様で、仕舞寸法が86cmですから、釣り場への持ち込みやクルマへの積み込みは、とても楽におこなえます。

ウエイトは46gとバツグンの軽さを誇っていて、適合するルアーウエイトは、最大で3gまでです。

適合するPEラインは、最大で0.3号までですから、ライトラインを21カルディアに巻いて、アジングゲームを楽しみましょう。

実際に手に取ってみると、その軽さに驚いてしまいます。

曲がり込みはスムーズで、強い張りはなく、アジの口切れを起こさない程度の寄せを、実践しやすいでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

グリップ周りもスリムでぜい肉のないデザインになっていて、長く使い続けるのに抵抗のないロッドに仕上がっています。

ブラックカラー基調ですから、21カルディアを装着したときのマッチングも良好です。

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド ジグキャスターMX 96MH 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド ジグキャスターMX 96MH 釣り竿

最安値価格
¥25,930(amazon)

Amazonへ ¥25,930

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

ショアジギングを楽しみたいなら、ジグキャスターMXシリーズのロッドを選ぶといいでしょう。

こちらのモデルは、全長2.90mで2ピース仕様、仕舞寸法は150cmになります。

標準自重は260gで、先径2.2mm・元径:14.4mmとやや太目の設計です。

適合するメタルジグウエイトは、25gぐらいから最大90gまで背負えるようになっています。

適合するPEラインは、1.0号から3.0号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、96%です。

実際に手に取ってみると、剛性感が伝わってくる作り込みで、グリップも安定して握りやすい印象です。

軽めのメタルジグからキャストできますから、21カルディアのLT4000-CXHとのマッチングは良好でしょう。

やや張りのあるブランクスなので、最初は軽く振るところから始めてください。

実売価格は2万円台前半と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ライトショアジギングの領域も兼ねていますから、ショアからのキャスティングゲーム全般に使ってみることをおすすめします。

サーフからヒラメやマゴチを狙うのも、楽しいかもしれません。

21カルディアを使いこなしてさまざまな釣りを楽しもう!

21カルディアの特徴や実釣インプレ、おすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

モノコックボディをこの低価格で楽しめるのは、画期的といえるでしょう。

自分なりの使い方を編み出して、さまざまな釣りスタイルに活かしてください。

スピニングリールの関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング