コイ 釣り 川 写真

多摩川のコイ釣りは甘くみるとひどい目に!?トラブル回避は必須!いざと言う時に慌てないための装備をご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、川釣りを楽しんでいますか?

たとえば東京近郊に住んでいる方にとって、多摩川は電車で気軽に行ける釣り場ですよね。

しかし、多摩川で比較的ラフに釣りをするにしても、相手が大物コイとなると、それなりの装備が必要です。

甘く見ると自分はもちろん、他の釣り人に迷惑をかけることもありますよ!

釣り人として、釣行時のトラブル回避は必須です!

そこで今回は、大物釣りに必要な装備をご紹介しましょう。

目次

  • ロッドは大型ニジマス用を使おう!
  • ラインとリールはロッドの番手に合わせればOK
  • 大きめネットとウェーダーを着用しよう!

ロッドは大型ニジマス用を使おう!

渓流用フライフィッシングの3番から5番のロッドで、大型コイがかかったとします。

その場合、ロッドがのされ、コイはまず寄ってきません。

ラインが出され、他の釣り人の前にまで引っ張られ、嫌な顔をされることもあります。

したがって、ロッドは6番から9番が必要です!

ちょうど北海道で大型ニジマスを狙うタックルと同じですね。

また、多摩川は渓流のように木立がないので、ロッドは長い方が遠投が効きます。

そのため、8フィート5インチから9フィート以上のものがオススメです。

電車等で移動する場合は、4本継ぎ以上のパックロッドが便利でしょう。

ラインとリールはロッドの番手に合わせればOK

ラインは、フローティングで、番手はロッドに合わせます!

フライライン前にランニングラインを60ヤード巻けば、コイに引き出されても大丈夫でしょう。

下巻きのバッキングは、50ヤードもあれば十分です。

リールはこれらのラインが巻けるキャパがあれば、こだわらなくてもかまいません。

ドッグのあるなしは好みで選んでください。

フライラインの先のリーダーは2Xか3Xのフローティングタイプ、その先のティペットは3Xか4Xを3フィートほど結んでおきます。

これで準備はOK!と思いきや、完全装備と言い切るにはまだ早いです。

後はどんな準備が必要なのでしょうか?

大きめネットとウェーダーを着用しよう!

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY