バス ルアー 写真

フックにフェザーを付けてバスを誘ってみよう!アクションが相殺されても使いたい理由とは?

FISHING JAPAN 編集部

クランクベイトのお腹フックに、フェザー=羽根が付いていますよ。

あんまりやっている人に出会ったことはありませんが、よく釣れるので試してみてください。

シャロークランクでもかまわないのですが、できれば深い層へ潜ろうとするディープクランクにおすすめです。

その理由を、カンタンにご説明しましょう。

ディープに潜るクランクベイトのお腹にフェザーフックを付けてみた

ディープクランクベイトには、長くて幅広なリップが付いています。

ここに水が当たって、ボディが滑り込んでいくように水中深く潜る仕組みになっています。

その際、ボディをアクションさせるのですが、狙った層へすんなり素早く届いてほしいので、できれば動かないでほしいと感じるようになりました。

クランクベイトの基本アクションをあえて阻害してみた

そうこうしているうちに、ディープクランクベイトは狙った深い層へ到達します。

そこでもあまり動いてほしくない!と感じていたので、クランクベイトが発するアクションを抑えにかかろうとしたのが、お腹フックへのフェザー装着です。

泳ぎを見ていると、確かに付いてなかったときよりモタモタしていますよ。

クランクベイトらしい機敏さは、消えてしまいました。

情報をストレートに拾い上げるための手法

いったいこのアプローチの利点はどこにあるのでしょう?

ほとんど滑り込むように深い層に到達したクランクベイトは、ボディを激しく揺らすことなく一定の層を舐めるようにトレースすることになります。

リップの先が何かに当たったら、その感触や情報はスポイルされません。

何故なら、クランクベイト本来のアクションをしていないから、当たった!触れた!という情報が、真っ先に釣り人に伝わることになります。

これがとても大切なポイントです。

狙った水深に到達しているという事実のみを際立たせる

我々釣り人は、ルアーに任せ過ぎている節があります。

バスが釣れるのは、ルアーが発するアクションのおかげだと思い込んでいませんか?

実は、そこにこだわる必要はありません。

例えば、今回使っているディープクランク。

アクションよりも何よりも、狙っている水深に確実にルアーが到達していること、その事実こそが最大の釣れる理由になっていると気づいてもらいたいのです。

市販のフェザーフックには、色が着いているものと白いものがありますが、白ければマーカーなどで着色すればいいでしょう。

ピンクやチャートにフェザーを塗っておけば、バイトマーカーとしても有効に作用してくれます。

他のルアーのお腹フックにも、いろいろぶら下げてみてください。

体験したことのないバスの反応を、見ることができるかもしれませんよ。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング