魚 写真

石鯛を釣りたい!初心者でも扱いやすい石鯛釣り用仕掛けやタックルをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

磯釣りを志す釣り人なら、一度は釣ってみたい魚が石鯛です。

大型なら60センチを軽く超え、その強烈な引きを体験すれば、この釣りにハマってしまう人が続出するという魅力的なターゲットです。

ただし、足場が高く滑りやすい磯が釣り場ですから、初心者が単独で始められる類いの釣りではありません。

釣り場のルールに従い、石鯛釣りの先輩方に教えを請いながら習熟していくのが、最もおすすめのアプローチでしょう。

石鯛釣りの時期

石鯛は、水温の高い時期に狙う魚です。

シーズンは4月から11月くらいまで、釣り場の情報をしっかりと入手してから乗り込むようにしましょう。

当然その釣り場に詳しい先輩を見つけておくのも必要です。

小型の石鯛は、テトラや岸壁・防波堤の近くに寄り付き、大型になると底付近の地形変化や岩礁帯などに居付くようになる傾向があります。

石鯛釣りのエサ

石鯛のエサは、甲殻類や貝類になります。

サザエやヤドカリを使うのが有名ですが、ウニ(ガンガゼ)を付けて誘うケースもありますよ。

釣り場でよく効くエサは、釣り場近くで販売しているケースがありますが、人気の高いエサは予約を入れておかないと購入できないことも。

やはり有効の情報を、先輩からしっかり仕入れるところから始めるべきでしょう。

石鯛釣りの仕掛け

石鯛は、釣り方に合わせてさまざまな仕掛けが用意されています。

全てを習得するには、実釣経験を積みながら時間をかけるしかないでしょう。

ベーシックなセット仕掛けが市販されていますから、慣れるまではセット仕掛けを持参してもかまわないのではないでしょうか。

石鯛釣りのタックル

本格的な磯に立つのではなく、防波堤などの足場の良いところから始めれば、石鯛タックルの扱いに慣れることができるでしょう。

5メートルを超えるロッドや専用の高回転型両軸リール、20号を超えるナイロン道糸に仕掛け・オモリをセットして、沖の地形変化や沈み根などを探る練習をしてみてください。

サンバソウからサイズアップした若い石鯛で、誘いや食わせ・アワセの練習ができるはずです。

そういう経験を経て、ステップアップしながら磯場を目指してくださいね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング