ロッド 写真

クラブブルーキャビンは2019年新発売の海上釣堀用グラスソリッド穂先ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから2019年新発売のクラブブルーキャビンは、海上釣堀専用の振り出しロッドです。

穂先がグラスソリッドになっているので、ミャク釣りによる繊細なアタリも取りやすくなっていますよ。

その特徴をチェックしてみましょう。

クラブブルーキャビンの基本情報!どんなロッドなの?

クラブブルーキャビンは、海上釣堀を楽しむために作られた専用ロッドです。

機種は、全部で6種類用意されていますよ。

MとHの硬さ・張りに分けられていて、それぞれに3.00メートル・3.50メートル・4.00メートルの長さが設定されています。

クラブブルーキャビンのMタイプとは?

Mタイプは、錘負荷が0.5~12号になっています。

適合ハリスが、2~8号に設定されていますよ。

繊細なアタリを確実に取って口切れせず、フッキングに持ち込みたい人に向いているでしょう。

粘りのあるブランクスが魚の引きに耐えてくれるはずです。

Hタイプの内容チェック!

クラブブルーキャビンのHタイプは、錘負荷が0.5~18号になっていますよ。

適合ハリスが、3~10号に設定されています。

大型青物が掛かっても、その疾走を止めてくれるでしょう。

それに必要なバットパワーを持っているので、安心してやり取りを楽しめますよ。

専用タックルで海上釣堀を楽しもう!

年々海上釣堀を楽しむ人が増えています。

現場で釣具をレンタルできるところが多いですから、専用ロッドを持っていない人もいるかもしれません。

でも、大物をバラしてしまった経験のある人なら、次こそ確実に仕留めたいですよね。

やはり専用ロッドを用意して準備万端で挑むと、存分に海上釣堀を楽しめるでしょう。

クラブブルーキャビンのブランクスは、HVFナノプラスをX45で補強してありますから、大型青物が掛かっても安心です。

また、ロックアップタイプのオリジナルスクリューシートでリールを支えていますよ。

2019年の海上釣堀を、このロッドで思い切り満喫してくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング