チヌ 写真

チニングにおすすめのルアー選び!チヌ(=クロダイ)に効くルアーの使い方解説

FISHING JAPAN 編集部

チニングとは、チヌ=クロダイのルアーゲームのこと。

元々エサ釣りの対象魚として人気の高かったチヌですが、ルアーへの反応もすこぶる良く、チニングゲームとして人気を博すようになってきました。

チニングに使うルアーは、さまざまなタイプがありますから、個々に使い方を解説してみることにしましょう。

チニングに向いている時期とは?

チニングに向いている時期は、夏場です。

水温が高いとチヌの活性が上がりますし、浅瀬で活発にベイトフィッシュを追いかける姿を見かけるからです。

ただ、トシナシと呼ばれている大型チヌは、寒い季節に浅瀬へ上がってきて、産卵を始めるケースもあります。

そういう動きをするチヌを迎え撃つのも、チニングの楽しみ方のひとつでしょう。

おすすめのポイントは汽水域!

チニングをするのにおすすめのポイントは、河口近くに広がる汽水域です。

海水と淡水が混ざり合うこのエリアは、チヌが好んで捕食する甲殻類や貝類などが豊富に存在していますよね。

かなり水深の浅いところの牡蠣ガラを、歯で粉砕して食べているチヌを何度も見ましたよ。

どんなルアーがチニングに適しているの?

チニングには、どんなルアーやリグが適しているのでしょうか。

注目すべきルアーがたくさんありますから、ピックアップしてみましょう。

よく知られているのは、ポッパー・ラバージグ+ワーム・ミノー・ペンシルベイト辺りですね。

実はクランクベイトも、チニングで効果のあるルアーなのです。

チニングにおすすめのルアー①トップウォータールアーの使い方

まず最初にチニングでおすすめしたいのが、水面に浮かぶトップウォータールアーです。

日中はもちろん、夜釣りでも効果を発揮してくれますよ。

使い方は、アクションを継続させること。

食わせのタイミングを持たせようと、アクションを止める人がいますが、その瞬間にチヌがルアーから離れてしまうケースが多いのです。

ポッパーやペンシルベイトなどで首振りアクションを止めずに続けるようにしてください。

友達のプレゼント用でしたがとても喜んでもらえました。すごく美しいものでした。

出典:amazon

チニングにおすすめのルアー②ラバージグ+ワームの使い方

次におすすめなのが、ラバージグ+ワームの組み合わせです。

使い方は、底まで落としてズル引きすること。

そうすればチヌが思わず食い付いてくれますよ。

最近では根掛かりしにくいモデルも発売されていますから、大胆に底の変化を攻めることができるでしょう。

重いほうが遠投できて広範囲を探れます。

浮力があるので根掛かりもしにくくアピールも強いです。ボディが弾力のある素材でボロボロになりにくいのも良いです。

出典:amazon

チニングにおすすめのルアー③クランクベイトの使い方

チニングにぜひ使ってもらいたいルアーが、クランクベイトです。

コンパクトであれば、バス釣り用のクランクベイトでじゅうぶん。

リップで底の変化や障害物を感じながら、しっかりとトレースしてくることが重要です。

浮力の高いタイプを用いれば、根掛かりを高い確率で回避できるでしょう。

よく釣れる。非常にコスパよい。値段気にせず、思い切って攻めれます。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング