左ハンドルと右ハンドルのベイトリールの写真

バス釣りベイトリールの選び方講座!左ハンドルと右ハンドルはどう違う?

FISHING JAPAN 編集部

バス釣り用ベイトリールには、右巻きハンドルと、左巻きハンドル2種類が存在します。

今回は、始めてベイトリールを買う時に左右どちらのハンドルを選べばいいのか、その選び方について考えていきましょう!

左ハンドルか右ハンドルかを選ぶのって難しい!

始めてベイトリールを買う時、右巻きハンドルにするのか、左巻きハンドルにするのか悩みますよね。

これって、初心者定番の悩みなんです。

利き手と、ベイトリールの巻き方の関係性も初心者の皆さんにとって気になるのではないでしょうか?

右で投げて左で巻く人や、左右どちらのハンドルでも投げれるし巻ける方、いろんな方がいます。

昔は販売の少なかった左ハンドルのベイトリールですが、今では販売も増えて、手軽に買えるようになりました。

その分左ハンドルか右ハンドルを使うかで迷ってしまいますよね。

右巻きハンドルのベイトリール

もしあなたが右利きなら、右巻きハンドルのリールをまずは使ってみましょう!

右巻きハンドルというのは、リールハンドルのノブが右についているものです。

ハンドルをつまむのが右手の指で、それに力を加えて回転運動を手首にさせるのも右手になります。

利き腕が右手なら、多くの方はこの右ハンドルに特に違和感を覚えないはずです。

でも、今からバス釣りをスタートする皆さんには、チェックしてほしいポイントがあるんです!

重量級も軽量級も用意されている各種ベイトリールを紹介した動画はこちら

本当に右ハンドルのベイトリールでいいの?

右巻きのベイトリールをロッドに付けて観察してください。

ロッドを振りかぶってキャストしようとすると、ベイトリールに付いている主要な重い部品が全て、あなたのバックスイング側に付いているのが分かるでしょう。

例えば、ハンドル・ハンドルノブ・ドラグノブ・メインギア・メカニカルブレーキなどが、バックスイングする側に偏っています。

ということは、ルアーをキャストするときにバックスイングは楽々。

その位置から軽く正面にロッドを持った手を押し出すだけで、ルアーを遠くへ正確にキャストすることができますよ。

特に重量のあるベイトリールなら、右巻きハンドルタイプのほうがその重量が負担にならずに、軽々操れるメリットがあるのです。

同じように左巻きのベイトリールも観察してみると・・

それとは逆に、あなたが左利きでロッドを左手で握ってキャストするのなら、バックスイング側に主要な重い部品が付いている左巻きのベイトリールのほうが、軽やかに操れるでしょう。

さぁ、問題はここからです。

あなたが右利きで左巻きのベイトリールを使う場合、もしくは左利きで右巻きのベイトリールを使う場合をイメージしてください。

主要な重い部品が全てフォロースイング側、すなわちあなたより前方に位置するので、手首や腕に大きな負担(=それらを支えて持つ)が発生してしまうのです。

近距離キャストを短時間だけおこなう釣りをするなら、さほど疲れは溜まりませんが、遠投を繰り返しながら長時間の釣りをしようとすると、徐々に疲労が増してきて、狙ったポイントへ正確にキャストすることが難しくなってきますよ。

霞ヶ浦で釣りガイドをしているバスプロの解説動画はこちら

正確にキャストし続けることが、良い釣果に結び付くのはご存知の通り。

となれば、初心者の方には、利き腕でロッドを振ってキャストすることをおすすめしたいですね。

キャストの後、ロッドを持ち変えて、ハンドルノブを利き腕の指で握って巻き取りをスタート。

このやり方が、最も釣りをしやすくするのではないでしょうか。

ロッドもリールも軽量のものを選び、キャストを近距離に絞るのであれば、手首や腕の負担が減りますから、自由に右巻きと左巻きを選んでかまわないかもしれません。

まずはあなたの利き腕を活かし、バス釣りに慣れる・ベイトリールに慣れることを優先してくださいね。

右利きだからといって、右ハンドルを使わないといけないなんてことはありませんが、やはり利き手を活かすほうがノンストレス釣りが楽しめるかもしれませんね!

右ハンドルも左ハンドルも用意されているベイトリールはこちら

ベイトリールの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング